【園芸初心者による試行錯誤の日々 -27- 】突然の降雪の記録

正直、油断していました

2016年1月18日の大雪。驚きの積雪と共に朝から晩までの過剰な報道に、都心の脆弱性はなんなのか、なまら弱いよ弱すぎるよ、と叱責を受けるんだろうなと思うサジマ(横浜生まれ・横浜育ち)です。

社会人と定期試験の大学生は阿鼻叫喚でしょうが、センター試験が避けられたのは不幸中の幸いかもしれませんね。

積雪が比較的珍しい地域における、雪の中で搬入した機密物品の結露対策時間の長さを思い出します。なんでそんなことすんの?って顔した人の顔は……そろそろ忘れました(前職の話です)。

閑話休題。twitterで先んじて呟いていましたが、降雪と落雪などに見舞われた我が家のハーブたちの記録です。

朝一場、目を疑う羽目に

関東南部の平野部に在住の方の多くは、正直降らないだろうと思っていませんでしたか。前日、夜半の雨音に「やっぱり雨だな」と思って就寝しました。

翌朝、窓の外の白さとテレビの報道に茫然として、ばたばたとしてからようやくベランダの異変に気が付いた次第です。

積雪 ハーブ ベランダ
うわー

天気は雨。屋根から落雪していることに気が付いたので、鉢にあたらないように位置を変え、雪をかきました。

積雪 ハーブ ベランダ
雪をかくと葉っぱが出てきました

東北地方などの畑の映像などは目にしていますので、野菜の逞しさは元より、そういった降雪などを利用するような技術があることは存じていますが、僕としては初めての経験で戸惑います。特にスイスチャードはともかくフェンネルが心配です。新しく葉が伸びていただけに可哀想というか。

予報通りに雨もやみ、翌朝

翌朝になってみると日の当たる部分を中心に、かなりの雪が姿を消していました。ありがたい。

積雪後 ハーブ ベランダ
ちょっと斜めですが

このような具合で、フェンネルがやや傾き、スイスチャードがややへたれてしまいましたが、致命的なダメージにはならなかったようです。よくここまで自分で戻ろうとするものだ。今日は晴れているので回復を期待して、しばらく様子見ですね。

しかしゴジラエルニーニョによる大暖冬とは聞いていましたが、ここまで唐突に雪が降るとは。狂い咲きの花が見られるように、草木も混乱させられるでしょうね。

スポンサーリンク

投稿者:サジマ

WEB担当+IT系の備忘録を担当。家庭菜園は、こっそり栽培と失敗を繰り返しており、2018年春の再起を計画中。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です