【園芸初心者の園芸記録 -31- 】まだ見ぬ春

雪が降ったとか冗談にしたい

2016年3月26日、ほんの少しですが降雪があったと思います。十語年だか前の3月末、確か成田でドカ雪が降った記憶がありますが、前触れもなく見るとは思いませんでした。

そんな日々が続く中、「今やるべきか?」と踏ん切りのつかなかった手入れに着手しました。

スポンサーリンク

2016年3月下旬 手入れを行う(前)

とにかく傷んだ部分などを選定しようと思い立って、鋏を片手に作業です。3/29以降は非常に強烈な暖気に晒されそうなので、ここで力を蓄えてくれるとありがたいものですが。

手入れ前のフェンネル
手入れ前のフェンネル
手入れ前のスイスチャード
手入れ前のスイスチャード

育ててると言えるのか、というほどの荒れ具合ですね。

2016年3月下旬 手入れを行う(後)

そして「黄色い葉っぱや茎、土についてしまう倒れた葉」などを思い切ってじょんじょん切りました。小さな雑草や、新しいフェンネルの芽も取り除きます。

手入れ後のフェンネル
手入れ後のフェンネル
手入れ後のスイスチャード
手入れ後のスイスチャード

フェンネルは結構見栄えがよくなったと思いますが、一方でスイスチャードはずいぶんと寂しい有様になってしまいました。

なお、フェンネルの葉の一つは十分に綺麗な緑だったので、煮込み料理に使ってみました。タマネギ・ニンニクと香味の強い食材に対抗できる量ではなかったので、やや存在感が薄れてしまったのは申し訳ない。次はオススメの通り、魚料理に使いたいと思います。

スイスチャードはかなりしおれた葉なので、残念ながら食べられませんでした。今後果たして、残った葉で成長してくれるのかが気になります。

そしてふと気が付いたこと

手入れをしていてようやく自覚できましたが、どうやらスイスチャードの土が大幅に減っている気がします。土が流されていって困った記憶はありませんが、最近は豪雨も多く徐々にかさが減っていったのではないかと推測します。

植えた当時 スイスチャード
在りし日のスイスチャード
プランター 土 減り
土がだいぶ減っている…

がっつりと減って不安定に見えます。

ついでに去年の写真を眺めていたら、つくづくアブラムシ対策をしっかりしてやればよかったのにと思うばかりです。この写真以降、虫に食われた無残なものばかりで、本当に申し訳ない限り。

さておき、考えねばならないことは対処です。①土を足すか?②根元の近辺に緑に苔むした様子があるか問題ないのか?などが気になるところ。一番はやはり土が足りてない部分です。

5月の引っ越し予定が固まりつつあるので、それに伴って運び、新しい住まいで移し替えをするか土を足すと、人間としては楽ですね。しかし時期的には対処が遅いと思われます。ちょっと資料などをひいて、今後のことは検討したいと思います。

スポンサーリンク

投稿者:サジマ

WEB担当+IT系の備忘録を担当。家庭菜園は、こっそり栽培と失敗を繰り返しており、2018年春の再起を計画中。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

“【園芸初心者の園芸記録 -31- 】まだ見ぬ春” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です