【園芸初心者の園芸記録 -32- 】太陽の偉大さを身をもって知る

だいぶ温かい、を通り越して初夏の陽気となりました。寒さよりも暑さが苦手な人間としては複雑な心境です。

結構な日々をさぼってしまった園芸記録ですが、特に目覚ましい変化もありませんでしたので、まとめての記録を付けておきます。

スポンサーリンク

2016年4月 中旬

前回の記事と比べると、大幅に成長していると言えるでしょう。やはり適切な気温と日照ほど、大切なものは無いと分かります。

なお、天候不順に伴い自発的な水やりは週に一度あるかどうかです。

また、前回の最後で記しておいた「土が減ってしまった問題に対する検討」は未対策です。さっくり調べた限りでは「時間の経過と共に土が(水などで)おされた=土が減ったように見える=土の中の空気が減っているので良くない」の可能性があるので、植え替えなどの対策が必要だと考えています。さてどうしましょうね。

フェンネル
2016.4 中旬
スイスチャード
2016.4 中旬

2016年5月初旬

そして上の写真からおよそ半月経ってから、このような具合に。
後、日差しのきつさが写真からも見て取れますね。

P-en-151

P-en-152

フェンネルはぐんぐんと伸びているので、一度収穫しています。しかし、それでも半月前よりも高さが増しているのが分かります。

スイスチャードは手前の株がやや成長不振です。奥のものは良い調子ですが、葉の枚数が少なく高さが出てしまうのがやや悩みです。一度、収穫してみようかと考えている段階です。

さて、前々から宣言している通り、今月の引っ越しが決まりましたので、その準備も始めねばなりません。

大荷物で家具家電とプランターを持っての引っ越しは、実のところ初めての体験です。営業に確認して貰ったところ「保証対象外ですが問題ありません」と快諾して貰ったのですが、さてどうしましょう。失敗して傷つけないよう気を使ってやりたいと思います。

スポンサーリンク

投稿者:サジマ

WEB担当+IT系の備忘録を担当。家庭菜園は、こっそり栽培と失敗を繰り返しており、2018年春の再起を計画中。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です