園芸方園芸初心者による試行錯誤の日々

【園芸初心者の園芸記録 -38- 】コケリウム、植え付けました

相変わらず、過多

さて、前回、物を導入したところで、いよいよコケリウムを作ってみました。感想としては、非常に簡単でした。ただ、始めてみて気になるのは温度と湿度が適しているか、さっぱり判断ができていないところが大きな問題だと思います。

コツボゴケ
この綺麗な緑が保てるのか?

ステップ1 土を入れる

まずはビンに土を入れます。

コケリウム 土

コケリウム 土

ぎゅっと固めると排水性に難が生まれるかと思ったため、あえて軽めに。後々になって「これは少し土が足りないのでは…」と頭を抱えたわけですが、この時点では「完璧だ」などと思っていました。間抜けです。

なお、プリンのビンは二つあって、土を多め・少なめにあえて割振りました。ただ、縦長のビンに対してほふく性のコツボゴケなので、その違いに意味があるのかどうか。

ステップ2 苔を植える

手元が土だらけで写真がうまく撮れなかったのですが、購入したコケは土と仮根がやや絡まった状態なので、引きちぎらないようにしながら適した大きさに割ります。

コツボゴケ コケリウム

それをピンセットでつまんでビンの中に押し込みました。特別、ぎゅっと押し付けることはしていません。

ステップ3 水をやる

霧吹きで水を与えます。過失とカビや育成不良の原因になるとのことですので、心持ち、コケがしめっているかな?と思う程度にしました。回数としては二~三回かけています。

P-en-172

P-en-173

発色があまり良くなくて恐縮ですが、これを北の方角に向いている小窓に並べました。

案の定のおかわり

さて、ここまで進めたところで、

コケリウム
余りました

案の定というか、コケが余りました。昨年、プランター園芸に挑戦する時も土が余ったため、フェンネルを追加するという展開になりましたが、今回もまた然り。僕の成長度合いの低さが伺いしれるというものです。

しかし、手元にビンがないので試案しまして、一つの可能性を検討しました。

これを
これを
こうしまして
こうしまして
ペットボトル テラリウム
このようにしました

先ほど、切った部分はもう一度はめて、セロハンテープでぐるりと周囲を止めています。

ということで、ペットボトルで当座は過ごして頂く事にしました。
ペットボトルはガラス瓶と比べると、周囲の温度に非常に影響されやすいという問題があることは間違いありません。他にも影響があるとは思いますが、僕の理解では「気を付ければいけるのでは?」という非常に甘い考えに基づいています。

コツボゴケはほふく性で横に広がるコケのようですから、このようにして増殖するとすれば、これが種になって他にもコケリウムを増やせるかもしれません。という、取らぬ狸も真っ青な皮算用です。果たして、元気に居ついてくれるのかどうか…。

スポンサーリンク

投稿者: サジマ

WEB担当+IT系の備忘録を担当するはずが、家庭菜園にも挑戦中。 2016年はコケリウムと水耕栽培に手を出しています。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

「【園芸初心者の園芸記録 -38- 】コケリウム、植え付けました」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です