ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

エルドリッチホラー(ボードゲームプレイ感想編)

『エルドリッチホラー完全日本語版』(原題:『ELDRITCH HORROR』)を遊んでみた

探索者となって世界を駆け巡り、協力して邪悪な旧支配者の復活を防ぐ協力型ボードゲーム『エルドリッチホラー』。プレイの手順をみていきましょう。

【関連記事】

【プレイヤー】

与力藩の買掛担当。クトゥルフは『青心社の暗黒神話体系シリーズ』と『ラヴクラフト全集』は読破。「最近はタイタス・クロウ・サーガの続きが気になります」

奉行藩の決裁担当。クトゥルフは『ラヴクラフト全集』の四巻で挫折。「くとぅるふは蛸が恐ろしいものと思うておるぞ」

スポンサーリンク

まず準備を頑張ろう

与力ではまず準備をいたしますゆえ、暫時お待ちを。

奉行これは骨が折れそうな量じゃな。

『エルドリッチホラー』はプレイ前の準備が大変です。ルールに従って内容物の準備進めていきます。慣れていないと30分近くかかるかもしれません。その中でも特に大切なのは二つ。

与力我々が操るキャラクターを決定します。

奉行ほほう、これはまた多士済々だのう。

各プレイヤーは、自分がゲーム中に操るキャラクター「探索者」を、全12人中から1人ずつ選び、探索者シートを受け取ります。探索者はそれぞれに特徴が異なり、得意な行動や分野、スペシャルな特技、さらに装備品を持っていますので、違う探索者を選ぶごとに、ゲーム中の行動は変化してくるでしょう。今回はランダムにシートを引いてみました。

奉行わしの探索者は、この年増か。

エルドリッチホラー キャラクター
“予見者”ジャクリーン・ファイン。豊富な知識と鋭い観察力を持つ、頭脳労働派。

与力それがしはこの武骨者ですな。

エルドリッチホラー キャラクター
“エルドリッチホラーのジャン=クロード・ヴァン・ダム”(かどうかは知らない)マーク・ハリガン。強靭な体力にものをいわせて敵をなぎ倒す肉体派。

続いて、今回のプレイで復活しようとしている“エンシェントワン”旧支配者を選びます。平たく言うと今回の敵となるボスキャラです。ゲームに同梱されているのは4柱。やはりそれぞれ特徴が異なり、ゲームの難易度や内容が変わってきます。

与力“グレート・オールド・ワン”とは説明書には記載されておりません。

奉行くとぅるふ学的な呼称は、正しくは大分細目にわたるようであるな。

エルドリッチホラー アザトース
で、今回選んだのは、“狂気に満ちた宇宙の真の造物主”アザトース

アザトースは処理が簡単なボスです。他の3柱と違って、復活してしまった場合には即ゲームオーバー。地球は滅んで探索者の敗北です

エルドリッチホラー アザトース 裏面
このように裏返ると、おしまい

奉行つまり泣きの一回はない訳だな。

与力勝ち負けが分かりやすいので、初回プレイにはオススメの相手です。

ボスが決まったら、そのシートに指示されている内容も合わせて、準備を続行します。「神話カード」の山の作り方と、「リサーチイベントカード」「クエストカード」が、ボスによってそれぞれ変わってくるので、注意しましょう。

与力やれやれ、なんとか整いました。

奉行いやはや、これを準備している間に別のゲームができそうなくらいじゃな。

与力準備の練習が必要ですね。

探索者は何を目指す?

エルドリッチホラー 初期設定
ジャクリーン・ファインの初期設定

奉行さて、わしの年増とその方の脳筋、二人それぞれに縁の場所から始めるわけだが…

与力いかにも。探索者はみなマップのどのマスから何を持ってスタートするか、探索者シートに記載してございます。

奉行何をすればよいのか?

与力あらら。

実際のゲームのステップに入る前に、探索者側、つまりプレイヤー側が勝利するための条件を確認しておきましょう。このゲームは協力型なので、勝つときも負けるときも全員が運命共同体です。

与力『アーカムホラー』では、ゲーム中最も活躍したプレイヤーが「アーカム第一市民」として最終的な勝者、というようなルールがあったために、勝ち負けに拘るプレイヤーは、己が勝てないとなると協力を拒否し始める場合もございましてな・・・。

奉行お主もつらい過去を背負っておるのだな。

勝利条件は、

  • エンシェントワンシートに指定された枚数のクエストカードを解決する。

敗北条件は、

  • 「破滅トークン」が0のマスに到達し、エンシェントワンが復活した後に明らかになる敗北条件が満たされてしまった。
  • すべての探索者がゲームから取り除かれた。
  • 神話カードを引く際に、山札がなくなっていて引けなかった。

となっています。

奉行敗北には力負けと時間切れがある、というような塩梅であろうか。

与力おおむね、その通りです。焦って未熟なまま事を急いてもいけませんし、時間がかかりすぎてもいけません。

奉行とりあえずクエストカードの内容をよく読み、解決していくのが基本的な目的である、というわけだな。

与力はい。多くの場合、そして解決するために必要になるのは、「クルートークン」という、エンシェントワンの復活を阻止するための手がかりを示すトークンですので、ゲームが進行するに従ってマップのあちこちに出現する、このトークンを集めていくのが大切です。

奉行あいわかったぞ。

エルドリッチホラー コマ
準備万端、出発を待つジャクリーン

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

「エルドリッチホラー(ボードゲームプレイ感想編)」への4件のフィードバック

  1. こんにちは、
    カナダのリアムと言うものです。実はエルドリッチホラーのルールブックとリファレンスガイドについて質問がありますが、今は基本のフランス語版、そして日本語版の失われた知識と神密の遺跡の拡張セットを持っています。それでこれから日本人の妻と一緒に遊ぼうと思ったんですけど、やはり基本版のルールとリファレンスガイドなしで説明するのがあまりにも難しくて、それでそちらのブログを見つけて、スキャンを持っているかどうか聞こうと思いました。どうかスキャンは持っているならこちらに送ることはできませんか。本当に変な頼みで迷惑をかけてすみません。お返事を待ちしております。よろしくお願いします。リアム

    1. リアムさま
      コメントありがとうございます。与力です。
      ルールとリファレンスについてのお問合せですが、私共はルールの権利者ではございませんので、スキャンなどを自由に頒布することはできません。ごめんなさい。
      どうすればよいか、私共もよく分からないのですが、日本語版を販売しているアークライトゲームズさまに、一度問い合わせ、ご相談なさってはいかがでしょうか。
      『エルドリッチホラー』を奥様と楽しめることを心から願っております。
      今後とも当ブログを宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です