ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

私の世界の見方(ボードゲーム開封編)

私の世界の見方を開けてみた

意外な「世界の見方」の連続に、納得して、驚いて、大笑い!
(パッケージより)

プレイ対象:10歳以上 2‐9人 30分

スポンサーリンク

名作ワード系パーティーゲームの日本語版

『私の世界の見方』は、2004年に発売されたゲームですから、2015年現在で、もう10年以上前のゲームとなります。海外版が国内でも流通していましたが、ゲームマーケット2015秋でテンデイズゲームズさんから日本語版が発売され、非常に遊びやすい形で入手できるようになりました。ワード系のゲームだと、やはり日本語で遊べるのはとても有り難いです。海外版でドイツ語のトレーニング……う、頭が。

それでは開封してまいりましょう。

私の世界の見方 箱 表
パッケージ表面。日本語版オリジナルイラストで彩られます。
私の世界の見方 箱 側面
対象年齢、人数、時間。非常に可愛らしい絵柄です。
私の世界の見方 箱 裏面
パッケージ裏面です。

絵柄が細部までこだわっていて可愛らしいですし、どこか独特の世界観を醸し出していますね。
箱のサイズは15×19×5㎝程度と、比較的コンパクトです。小型辞書と同じくらいでしょうか。そして辞書のようにずっしり。

私の世界の見方 中身
箱の中身はシンプルにカードだけ。

大きな「私の世界(お題)カード」が90枚、小さな「それ(回答)カード」が392枚封入されています。そのカードの量にも圧倒されますが、重たいと思うわけです。

プレイ前雑感

大人数(個人的には5人以上)で遊ぶ場面がある場合、それ向けのゲームをいくつか準備しておきたいと思っています。そうした場合に重宝しているのが、『6ニムト』などの大人数が参加できるカードゲーム類と、『テレストレーション』のような連想ゲーム類です。

一応共通して重視しているのは、誰でも遊べる「簡単なルール」みんなが楽しめる「盛り上がり所の分かりやすさ」、そしてプレイがだれない「テンポのよさ」の3つです。

『私の世界の見方』も、そのような要素を持つゲームであることを期待して購入してみました。果たして実際にプレイしてみるとどんなものでしょうか。プレイ感想編はこちらから
2015/12/24追記:4人プレイ感想編もできました!

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

「私の世界の見方(ボードゲーム開封編)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です