ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

猫と缶詰とお皿(ボードゲーム開封編)

『猫と缶詰とお皿』を開けてみた

要するに、このゲームは積みゲーです。(説明書より)

6歳以上 2-5人 10-30分

スポンサーリンク

猫のために猫缶を積み上げる

猫を主題としたゲームを制作している「堀場工房」さんによるゲームです。

ゲームマーケット2015春初出でしたが、当方は2015秋に会場で見かけて購入しました。なぜ購入したのかというと、「そういえば無類の猫好きであるところの奉行が猫のゲームを見たがっていた」⇒「チェックしておいたサークルの猫ゲームを見に行こう」⇒「(移動中)あ、あそこにも猫ゲームがあるぞ」⇒「可愛いのでこれ下さい」という展開によります。平たく言うと衝動買い、あるいはジャケ買いだった、ということになりますね。

それでは、早速中身を見てみましょう。

猫と缶詰とお皿 外見
特徴的な青くて丸い缶が外箱です。猫缶が主題のゲームだからですかね。
猫と缶詰とお皿 内容
猫のイラスト付き、あるいは猫型をしたコンポーネント
猫と缶詰とお皿 カード
カードは名刺カードをラミネート加工したもののようです。
猫と缶詰とお皿 猫缶
ゲームのポイントとなる猫缶は、使用済みボタン電池でしょうか?

その他、猫型の小さなお皿、猫型のペンダントトップなど、細部に至るまで猫満載な内容物です。

ゲーム前雑感

お腹を空かせた猫のために、(なぜか)猫缶を積み上げてあげるという設定のゲームで、説明書の冒頭に書かれているように、積みゲー、バランスゲームという類のものです。なお、実際の猫に不必要に猫缶を見せつけていると、「食べたいのに食べさせてくれない。こいつは嫌なことをする、憎たらしい奴だ!」という具合にマイナスの存在として認識するそうですのでお気をつけて。

ゲームとしては特に難解なルールはなく、猫缶を積み上げる作業がどのくらい楽しめるか、という部分が注目点でしょうか。

ゲームは2-5人まで対応していますが、2人専用ルールと、2-3人用ルール、3-5人用ルールに分かれています。この後、実プレイ編では2人専用ルールと2-3人用ルールを遊んでみたいと思います。

頑張って積み上げますにゃー。

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

「猫と缶詰とお皿(ボードゲーム開封編)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です