ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

ケルトカード 原題『Keltis‐Das Kartenspiel』(ボードゲーム開封編)

ケルトカード(原題『Keltis‐Das Kartenspiel』)を開けてみた

8歳以上 2-4人 20分

今度はカードだけで『ケルト』を遊ぶ!

前回『ケルトタイル』をご紹介致しましたので、また続きまして“ケルトファミリー”のご紹介を致しましょう。

記念すべき二つ目は『ケルトカード』。本家『ケルト』もカードを使いますが、こちらはカードだけでゲームが完結する小箱ゲームになっています。そして『ケルトタイル』とほぼ同様のルールで、非常にシンプルに短時間で楽しめるゲームに仕上がっております。

スポンサーリンク

出てくるのは、カードの山のみ!

それでは早速、内容を見てみましょう。

ケルトカード 箱表
箱表

まさに「手のひらサイズ」の小さな箱。シリーズ揃って綺麗な緑色です。

ケルトカード 箱裏
箱裏
ケルトカード カード
カード

カードの山です。全110枚がぎっしり。

という訳で、他に特別目立ったものは入っていません。超シンプル。それゆえに、特筆して紹介しなければならないところも無いという…。

プレイ前雑感

さて、『ケルト』のシステムの根幹である“降順or昇順”の数字並べを、カードだけで遊ぶとどうなるか、というのが『ケルトカード』です。

めくって並べる『ケルトタイル』と同様、非常にシンプルで内容物もカードだけ。そんなに大差がないゲームになりそうに見えますが、カードの方は「手札を持てる」ということ、そして特有のルールが3つ用意されているので、若干遊び方が変化してきそうな気配です。

2016/3/15追記:ケルトカード遊んで見ました

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

「ケルトカード 原題『Keltis‐Das Kartenspiel』(ボードゲーム開封編)」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です