ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

パンデミックカードゲーム:接触感染 原題『Pandemic‐Contagion』(ボードゲームプレイ記録編)

パンデミックカードゲーム:接触感染 原題『Pandemic‐Contagion』を遊んで見た

【関連記事】

【登場人物】

与力藩の買掛担当。本家をやると何故かメディック(衛生兵)になる確率が高い気がする。

奉行藩の決裁担当。実は、本家パンデミックが人生で初めての「協力型ボードゲーム」だった。

まずは準備

与力お奉行、今回の『パンデミック』で、我々は病原体と戦うヒーローではなく、病原体そのものとなり、人類滅亡を目指しますぞ。

奉行これまでの我らの立場とは真逆の立ち位置じゃな。「衛生兵に近づくな!」とかになる訳であろうか。

プレイヤーは、まず好きな色の病原体コマ(キューブ)15個と、同色の得点マーカー、プレイヤーボード、接触感染カード4枚を受け取ります。

パンデミック 接触感染 プレイヤーボード
パスっとペトリ皿が収まるプレイヤーボード

奉行どの色の駒がどういった病であったかな。

与力そこはあまりこだわらなくても…

その後、テーブル中央にプレイ人数に応じた都市カードを並べます。並べ終わったら、スタートプレイヤーの右隣にいるプレイヤーから反時計回りに、いずれかの都市カードを選んで、病原体コマを1つおいていきます。

パンデミック 接触感染
2人プレイなので7枚

与力2人プレイでは、何枚かの都市カードを抜いて使用します。

奉行誰が最初の手番を行うか、の決め方が説明書に書かれておらなんだな。

与力「いちばん最近、病気を誰かにうつした人」とかですかね。

奉行遊ぶ前から険悪な雰囲気になりかねんな。

最後に、イベントカード3枚、WHOカード1枚の順に合計12枚を重ねて山札を作ります。この山札はラウンドの最初に発生するイベントを示すと同時に、ゲームの制限時間を示しています。

パンデミック 接触感染
オレンジがイベント、青がWHOカード。このように並びます。

与力つまり最大12ラウンドってことですね。

奉行最大、ということは、それ以下もあり得るということか。

スポンサーリンク

さあ、世界を恐怖に陥れよう

パンデミック 接触感染

各ラウンドでは、まずイベントカードを公開し、それを全員で確認します。プレイヤーは、自分の手番になったら、イベントカードの効果を適用後、「手札を補充する」「都市への感染」「病原体の変異」から、2つのアクションを選択して実行します。同じアクションを2回やっても構いません。

アクションの効果は、自分の病原体の強さで決まります。病原体には3つの能力があり、そのレベルが高くなるほど、強力な効果を発揮できるようになります。

パンデミック 接触感染 能力値
プレイヤーボード上部、四角い穴の列が能力を示す。

与力病原体の能力は「潜伏」「感染力」「抵抗力」の3つです。これがアクションに関係してきます。

奉行なるほど、それでは詳しく聞こうかな。

◎アクション1:手札の補充

手札の補充は、病原体の「潜伏」と関係しています。このアクションを選択したら、プレイヤーは自分の病原体の「潜伏」レベルと同じ枚数の接触感染カードを手札に加えることができます。

パンデミック 接触感染 接触感染カード
接触感染カード

与力手札は最大9枚まで持てます。それ以上は捨ててください。

奉行9枚か。かなり持てるな。

◎アクション2:都市への感染

都市への感染は、病原体の「感染力」と関係しています。このアクションを選択したら、プレイヤーが選んだ都市1つに、病原体コマを配置することができます。このとき、はじめて自分の病原体を置く場合には、都市カードの色と同じ色のカードを手札から2枚捨てます。すでに感染している都市には、同じ色の手札1枚で追加配置できます。
なお、配置できるコマの数は、病原体の「感染力」レベルと同じとなります。

与力それから、どの色のカードでも手札から2枚一緒に使うことで、任意の色として使うことができますので、単純にいって「手札の量は強さ」かもしれません。

奉行基本的には手札が多い方がよいと。潜伏から感染で手札を使っていく形じゃな。

◎アクション3:病原体の変異

病原体の変異は、病原体の3つの能力を強化します。

パンデミック 接触感染 能力値
初期能力は全て1

与力コマを置く穴の上に書かれている白い数字が、レベルです。で、穴の下、穴と穴の間に書かれている黄色い小さい数字が、「次のレベルにするために捨てる手札の数」です。

奉行つまり、例えば「潜伏」であれば、一から二には二枚、二から三には三枚、というように、手札を捨てて能力を上げよ、ということじゃな。

与力そうなりますね。

奉行よう分かった。しかし、手札の枚数がまこと重要になりそうじゃのう。

◎抵抗力?

奉行ところで、「抵抗力」という能力があるが、これは何に用いるのか。

与力それは、イベントやWHOカードの効果から自分を守るために使います。

イベントなどの効果で、「手札を捨てる」「都市に感染している病原体コマを除去する」などの指示が出る場合があります。このような時、プレイヤーは抵抗力を使用して、その影響から病原体を守ることができます。抵抗力を使用すると、レベルと同じだけ、指示されている数字を減らすことができます。

与力例えば「3枚手札を捨てろ」という指示に対して2レベルの抵抗力を使えば、3から2を引いた1枚を捨てるだけで済みます。

奉行ほう。それはありがたいような。

与力ただし、抵抗力は使うたびに1レベル低下します。

奉行ぬ、ではそう何度も使えぬということか。ここぞの切り札として温存したいものじゃな。

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です