ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

交易王 原題:『Handelsfuersten: Herren der Meere』(ボードゲーム開封編)

交易王(原題:『Handelsfuersten: Herren der Meere』)

12歳以上 2-4人 30分

ちょっと前?のゲームですが

今回紹介する『交易王』は、多作でおなじみライナー・クニツィア氏がデザインし、2007年に発売されたゲームです。約10年前のゲームで、一時期は品薄であったようですが、2014年にNEW GAMES ORDERさんから日本語版が発売されましたので、今でも簡単に手に入れられるようになっています。お手軽で面白い、と非常に評価が高いようですね。とはいえたぶんお手軽だけれども例の特有なジレンマでお腹が痛くなる系ゲームになっているとは思うのですが。

では、早速ゲームの中身を見てまいりましょうか。

交易王 アメリカ CATALYST game labs版 箱表
箱表面。イカした2人のおじさんと帆船。
交易王 アメリカ CATALYST game labs版 箱裏
箱裏面。雰囲気のある絵柄。
交易王 アメリカ CATALYST game labs版 箱
箱はこんな感じで開きますが…
交易王 アメリカ CATALYST game labs版 箱 中身
ゲーム本体はこの内箱内です。
交易王 アメリカ CATALYST game labs版 箱 中身
はい、分離しました。
交易王 アメリカ CATALYST game labs版 箱 中身
ゲームの内容物はこんな感じです。

と、まあいつもより?写真多めで解説したくなる、こだわった意匠のパッケージでした。

スポンサーリンク

プレイ前雑感

この『交易王』、現行の日本語版パッケージはこんな感じ
ドイツのペガサスシュピール版パッケージはこんな感じのが出回っていました(これも2009年版なので、初版はまた違う絵柄)が、ご紹介しているのはアメリカのCATALYST game labs版ということになります。

丁寧にしまわないといけないので、外箱への収納が面倒くさいような…内箱だけ持ち歩けばいいからコンパクトにまとまっているような…気がしないでもないような。

それはさておき、箱の中身を見てみると、カードの束とくすんだ塗装のキューブ(CATALYST版の最大の問題は、たぶんこのキューブの視認性の悪さ…)とコイントークン。特に見た目でおおっ?と思うようなところはないのですが、わずかこれだけのものでロングセラーゲームを成立させているというのですから、さすがはクニツィア氏というべきなのでしょう。期待感が高まります。

そして、いつものプレイ仲間である当ほ~らく奉行所のお奉行は、世にいう「クニツィアジレンマ」というのが超苦手なのですが、果たしてそんなお奉行でも楽しむことができるのでありましょうか。さっそくプレイしていきましょう。

追記:ボードゲームプレイ感想編はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。
相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

「交易王 原題:『Handelsfuersten: Herren der Meere』(ボードゲーム開封編)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です