ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

パンデミック:イベリア(ボードゲーム開封編)

『パンデミック:イベリア』を開けてみた

「7つの役割、15のイベント、そして2つの史実チャレンジ!」

(パッケージ裏面より)

8歳以上 2‐5人 45分

新たなパンデミックは19世紀イベリア半島が舞台

パッケージに「LIMITED COLLECTOR’S EDITION」とプリントしてある今回のパンデミックは、初回限定生産品というアナウンスがあった『パンデミック:イベリア』です。2016年パンデミック世界大会が開催されるのがスペイン・バルセロナということで、この限定イベリア版が出たとか出なかったとかいう話を小耳にはさみましたが、そうなんでしょうか。そしてこの作品は、『パンデミック:新たな試練』の拡張セットではなく、独立して遊べる別バージョンですので、これだけで遊べます。『パンデミック:クトゥルフの呼び声』と同じですね。

では、さっそく開封してみたいと思います。

パンデミック イベリア 箱表
パッケージ写真。

なんとなく乾燥した感じのイベリア半島と、こちらに微笑む看護婦さん(多分婦長クラス)。

パンデミック イベリア 箱裏
パッケージ裏面。

こちらでも「LIMITED COLLECTOR’S EDITION」の文字。

パンデミック イベリア 中身
中身。大体こんな感じです。

ファンならうれしい(多分)イラストブックが付属。中仕切りやカード裏面などのデザインも凝っています。モザイクタイル風。

パンデミック イベリア ボード
ボード全景。

いつも通りのサイズですが、地図は当然イベリア半島限定。地名にあまり馴染みが…

パンデミック イベリア トークン
トークン類。

いつも通りの危険な気を放つキューブたち。

パンデミック イベリア 顕微鏡コマ
木製の顕微鏡コマ!

ステキなのはこちらの顕微鏡コマ。通常版の薬瓶に相当します。

プレイ前雑感

ここのところパンデミックシリーズの大攻勢が続いています。ダイスゲームの『完全治療』、カードゲームの『接触感染』、話題になった『レガシー』、クトゥルー神話大系を採り入れた『クトゥルフの呼び声』と続いて、この『イベリア』です。発売前情報で「限定生産品ですよ」と紹介されていたので、まんまと飛びついて買ってしまいました。
さて、今回の『イベリア』が、本家本元と大きく異なるのは、なんといっても時代設定です。なんとなく現代、あるいは近未来的であった本家とは異なり、今回は19世紀半ば(1850年前後)のスペインで疫病と戦いを繰り広げることになります。
となると、当然気になってくるのは科学の発展レベル。19世紀であれば、まずもって飛行機が無いので移動に制約がかかるだろうということ、そして医療レベルも当然現代ほど高くない訳ですから、治療などが難しくなっていることが想定されます。

それ以外はまあ大体いつものパンデミックだろうと思います。多少のルール変更や追加などなにするものぞ、僕らはベテランパンデミッカ―、多少の制約なんかちょうどいいハンデさ!という感じで、鼻歌混じりにゲーム開始です。

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です