パンデミック:イベリア(ボードゲームプレイ感想編)

『パンデミック:イベリア』を遊んで見た

【関連記事】

【登場人物】

与力買掛担当。スペインの地名は、リーガ・エスパニョーラでなんとか知っているような。

奉行決裁担当。イベリアと言われても、イベリコ豚くらいしか連想できません。

スポンサーリンク

正統派スピンオフ

奉行またもパンデミックか。このところパンデミックばかり遊んでおる気がするが。

与力いいじゃないですか、面白いゲームなんですから。今回は19世紀のスペイン・ポルトガルで、4種類の疫病と戦います。

奉行なんだかあまり良さそうではない時期のイスパニアとポルトガルじゃな。だがまあ、狂信者と戦うよりは心の平穏が保たれそうではある。

『パンデミック:イベリア』のセットアップは、『パンデミック:新たなる試練』と手順はほとんど同じです。パンデミックシリーズに慣れている人は、特に迷うことなく始められると思います。

与力違いは、スタートする都市が決まっていないことくらいですかね。

奉行ほう、一斉スタートではないのか。どうやって決める?

与力手札として配られているカードに描かれている都市の中から、好きな都市を決めて、そこからスタートです。

奉行ほお。多少融通が利くようになったのじゃな。

与力最初のスタートプレイヤーも手札で決めますよ。書かれている都市の“設立年”がもっとも古いカードを持っている人からスタートです。

奉行古代ローマとかそれ以前くらいからの都市が古いのであろうのう。

与力ちなみに、紀元前は数字が大きいほど古いですからね。

奉行知っておるわ!

求められることは、大体いつも通り

さて、『パンデミック:イベリア』の勝利条件と敗北条件も、『パンデミック:新たなる試練』と同じと考えて構いません。

勝利条件
・4種類の疫病すべてを研究する。

パンデミック イベリア
これを目指します。

敗北条件
・8回目のアウトブレイクが発生してしまった。
・疫病コマを配置する指示があったときに、ストックにコマが残っていなかった。
・プレイヤーカードを引くときに、山札が尽きていた。

パンデミック イベリア
アウトブレイクの連鎖、ダメ、絶対。

奉行お馴染みの勝ち方と負け方じゃな。

与力たーだですねえ、今回、勝ちに至る上でちと厄介なのが、「治療薬の開発」ではなく、「疫病の研究」を進めるのが勝利条件になっていることです。

奉行む? 何か違うのか?

与力治療薬が開発されるわけではないので、治療を行った際に1アクションで今いる都市の全ての疫病コマを取ることはできない、ということと、治療薬開発済みの疫病コマが全てボードから排除された時の、“根絶”が起きません

奉行うぬ、ということは、疫病が広がる速度はさして変化せぬ、ということか。

与力研究が進めばプレイヤー有利になることは確かなんですが、劇的な効果を期待できるかは、なんとも…。

ゲームが始まったら、手番プレイヤーは4アクションを消費して行動します。行動が終了したら手札を2枚引き、新たな疫病コマが置かれる都市カードを感染率に準じた枚数だけ引き、次のプレイヤーの手番となります。

パンデミック イベリア
感染率はエピデミックが起きた時に上昇します。

奉行で、手札を引くときにエピデミックカードが出現したら、大惨事。この辺は全く変わりなしだな。

与力はい。ただし、選択できる行動の中身がかなり変わっているので注意です。

パンデミック イベリア
なお、ボードにも手番の進め方が書いてあります。

ライト兄弟はまだいない

≪移動≫船と鉄道による移動

パンデミック イベリア
ついつい電車と言ってしまう…まだ蒸気機関車の時代。

19世紀スペインには飛行機が無いため、指定の都市に直行するチャーター便などの移動ができません。その代り、ボード上の都市の横に⚓マークが付いている“港湾都市”間で、移動先の都市と同じ色のカードを消費して移動できる「船による移動」と、鉄道トークンでつながっている都市間を一気に移動できる「鉄道による移動」が可能となっています。

奉行そうか、飛行機の初飛行は1903年であったか…。空の移動が使えないのはつらいのう…。

与力その分、鉄道が重要になってきます。危険な地域に素早くアクセスできるよう、鉄道を敷設しておけば、ダイレクトな移動にも手札を使う必要がなくなるので、結構便利ですよ。

奉行鉄道トークンを上手く置く…。何やら『チケット・トゥ・ライド』のような路線拡大ゲームの様相を呈しておるような。

与力あと、イベリア半島は三方が海ですから、港湾都市は結構ありますので、船移動もかなり便利かと。

≪鉄道の敷設≫

鉄道による移動を行うため、1アクションを消費して、自分のコマが現在いる都市から隣接する都市に伸びている茶色のライン1つに、鉄道トークンを置くことができます。

奉行これを地道に続けていけば、スペイン横断鉄道や縦断鉄道、果ては山手線的な環状鉄道も作れるかもしれない…と。

与力それだけトークンがあれば、の話ですけどね。トークンが尽きたら、新しい路線は作れなくなります。

奉行なんと。

≪病院の建設≫

自分のコマが現在いる都市で、その都市のカードを消費することで建設するという点は、以前と変わりありません。
しかし、『パンデミック:イベリア』では、疫病の研究を行う(カード5枚を出す)拠点となる病院は、色ごとに1つずつとなっており、病院と同じ色の疫病のみ研究することができます

奉行むっ、地味に痛いな。カードが集まり次第、研究拠点をその場で適当に建てて素早く研究、という訳にはいかぬか。

与力そうですね、ですので、病院の建設は鉄道の敷設と並行して、移動しやすい都市を狙って作りたいものです。

奉行とはいえ、狙う都市のカードが手元に来てくれぬとな。

≪水の浄化≫

自分がいる都市に隣接する地域に属する、いずれかの都市と同じ色のカードを捨てることにより、その地域内に浄化トークンを2個置くことができます。浄化トークンは、地域の都市に新たな疫病が発生するとき、代わりに取り除くことで疫病コマが置かれることを防ぎます。

パンデミック イベリア
キレイな水を飲んでいれば、アウトブレイクは起きません!

与力つまりまあ、予防ですね。

奉行地域、という概念がでてきたな。

与力ざっくりいえば、都市と都市を結ぶ線で囲まれたエリア、ってことですね。

奉行ふうん。

与力で、研究済みの疫病があった場合、それと同じ色の都市カードは、どこの地域でもこの“水の浄化”を行えるようになります。

奉行なるほど、特効薬で除去能力は上げることはできぬが、なぜ疫病が発生するか、原因を突き止め、罹患者を減らすことはできる、と、そういう訳じゃな。

与力さすがお奉行、ご明察と存じます。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です