ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

果実の収穫 原題:『THE FRUIT HARVEST』(ボードゲームプレイ記録編)

【関連記事】
果実の収穫 原題:『THE FRUIT HARVEST』(ボードゲーム開封編)

【登場人物】

与力藩の買掛担当。鉄腕DA〇Hが大好きだとかなんとか。

奉行藩の決裁担当。子どもの頃はりんごが苦手だったそうです。

へえ、こうやって樹を育ててはるんですねえ

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』
まずはカードのシャッフルから。

ゲームの準備は簡単です。12枚のボーナスカードを除いた、146枚のカードをシャッフルして山札を作ります。そこから決められた枚数のカードを取り除けばOK。その後、山札から各プレイヤーに5枚ずつのカードを配り、手札とします。たったこれだけ。

奉行とりのぞくカードは、毎ゲームごとの“ゆらぎ”というやつか。

与力山札は常に同じ構成ではないので、記憶による完全なカウンティングはできないよ、ってことですかね。

奉行で、スタートプレイヤーの決め方はどうなっておる?

与力基本、じゃんけんとかで決めてくださいってことになってます。

奉行“最近リンゴ狩りに行った人”とかで決めるのではないのか?

与力それでもいいと思いますよ。該当者がいるかどうかが問題ですが……。

手番ごとにプレイヤーは手札から2枚のカードをプレイします。基本的には自分の前にカードで数列を作り、リンゴが収穫できるようにしていきます。
列は二種類。左肩に数字が振られた「樹木カード」を重ねる“幹”の列と、左肩に勝利点が振られた「リンゴカード」を重ねる“実り”の列です。

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』

こんな感じで数字が見えるように出したカードを重ねていき、二列作っていきます。

“幹”の列を作っているカードの合計値が100ぴったりか100以上になると、リンゴが収穫できるだけ育った、ということになり、“実り”の列のリンゴを獲得することができます。この時、“幹”列が100以上であった場合には、一番上になっているリンゴカード1枚だけを獲得、100ぴったりであった時には大豊作となり、列のカード全てを獲得できます。収穫後、幹のカードは全て捨て、また樹を育てていくことになります。これを繰り返します。

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』
収穫したリンゴは、自分の前に横列を作るように重ねていきます。

なお、同時に複数のリンゴカードを収穫できた場合には、どの順で重ねるかは自由です。これが得点計算の際にボーナスポイントにつながるという、重要な要素になっています。

与力基本はこれだけです。

奉行樹木カードが100ぴったりになるように調整しながら並べつつ、その時にリンゴを沢山もらえるよう、実りの列も並べていく…。両方をにらみながら、という感じか。

与力ま、手札と相談しながら列を伸ばしていく競争、って感じですよね。これだと。

奉行のんびりとした農家稼業だな。

あれっ、この枝はなんで伸ばしっぱなしなんやろ

“幹”と“実り”いずれの列でも、同じ数字のカードは、横に並べて重ねることができます。これを、幹の列では“枝”、実りの列では“房”と呼びます。

奉行ふむ。この横への伸びは何か意味があるのかな?

与力えっとですね…

枝を作っておくと、樹の列の合計値を数える際、幹を構成しているカードの数字だけをみるか、枝になっているカードも含めて計算するかを選ぶことができます。

与力たとえば、さっきの写真の列だと、一番上に重ねられている2枚の10のカードは、「10」か「20」か、好きな方で計算に入れることができます。

奉行ほほう。つまり手札を上手いことやりくりして、100ぴったりを狙いやすいというようなことになるのかな。

与力あと、収穫後、縦に重ねられた幹の列は全て捨て札となりますが、枝を構成していたカードは捨てずに、次の樹を作る列として再利用できます。

奉行つまり素早く次の収穫を狙える、ということか。

与力リンゴの木を増やす『接ぎ木』の技術ってとこでしょうか。

リンゴカードを横に並べた房は、1つのリンゴとして扱われ、まとめて獲得することができるようにます。ただし、100ぴったりで大豊作となったときは、房があると、リンゴの獲得に制限がかかります。

奉行むむ? 房を作る狙いは…

与力大豊作でなくとも、安定してリンゴを複数手に入れられるってとこですかね。

奉行ふむう。リンゴカードの巡りが良い時に狙えばよいのかなあ。

あっ、じゃあお手伝いさせてもらいますね

両者思案顔にてプレイ中…。

奉行ここにこうしてリンゴを並べて…次であの数の樹がくれば…

与力あっ、お奉行のリンゴ、大分実ってるじゃないですか。収穫手伝いますよ、ほら!

奉行な、なんじゃと!?

手札を出すとき、樹のカードもリンゴのカードも、自分の列ではなく、他のプレイヤーの列に重ねて“お手伝い”することができます。これにより、リンゴの収穫計画を狂わせたり、収穫を始めさせてしまうことができます。

お手伝いによってリンゴが収穫された場合、大豊作であったならば樹の持ち主と収穫を手伝った人でカードを折半することになります。通常の収穫であった場合には、持ち主と手伝った人で、そのリンゴを“競り”にかけて取り合うことになります。

奉行“競り”とは?

与力手札から樹のカードを出しあって、より大きな数字のカードを出した方が、リンゴを貰えます。つまりまあ、お手伝いするならそこまで考えて手伝った方がいいようですね。

奉行せっかくなら、確実に貰いのある大豊作を手伝いたいものじゃな。

与力ただし、例外として最高値である「50」のカードは、最低値である「5」のカードに負けますのでご注意を。

奉行むむ。単純にいかない要素もあるのだな。

このリンゴ、虫が入っとるなあ。食べられへん

山札には、その他に3種類の特殊カードが入っています。上手く使えば大きな効果をもたらす…かもしれません。

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』
虫食いリンゴ

与力このカードはマイナス点のリンゴです。収穫してもうれしくありません。

奉行そりゃな。さっきからおぬしが、わしの実り列にせっせと置いてくるくらいだからな。

与力やたらと引いてしまうんですよ……。

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』
ハト

与力平和の象徴・ハトです。好きな実り列の一番上に重ねられているリンゴを、強制的に収穫できます。誰からでもリンゴを奪い取れる訳ですね。自分のを採っても構いませんが。

奉行平和とはいったい。

与力あと、虫食いリンゴを他所の実り列に動かせます。

奉行ますます、平和について考えさせられるな。

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』
キツツキ

与力任意の幹を取り除けます。もし、そこから枝が伸びていた場合には、それごと取り除けます。

奉行また面倒な妨害カードじゃのう。

与力ただ、こいつは虫食いリンゴを排除することもできるんですよ。虫食いを打消す唯一の手段です。

奉行ほう! では攻め手として使うか、お守りとしてとっておくか、その判断が必要なカードじゃな。

美味いなぁ~。糖度14くらいですか?

山札が尽きたらゲームは「最後の収穫祭」となり、場に残った収穫されていないリンゴの競りを行います。競りの結果、全員の手札がなくなったら、得点計算です。収穫したリンゴカードの勝利点を合計していきます。

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』
奉行「どうじゃ、大したものであろう」

この時、収穫したリンゴの中に、同じ数字のカードが並んでいる部分があった場合、ボーナスである「黄金のリンゴ」カードを貰うことができます。

奉行ここで収穫の順番が大切になってくるわけだな。

与力結構でかいんですよね、ボーナス点が。

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』
せっかくなので狙っていきたい黄金のリンゴ。

奉行わしの数列の場合、1が3枚並んでいたのと、2が4枚並んでいたので、3点と6点のボーナスを貰ったが、12点は貰えなかったな。

与力わたしはノーボーナスでフィニッシュです。不揃いリンゴばかりだった…。

『果実の収穫』【ここがイカス!】

奉行手塩にかけてリンゴを育てている感じがよく出ていたと思う。リンゴの樹を育てて、然るのち実らせたリンゴを収穫する。このサイクルが非常に見事だった。

与力枝を生やして樹を育てて大豊作を狙いつつ、実りを増やしていくという、計画性も必要なゲームです。

奉行うむ。。枝が次の幹になる、というのは非常に面白いルールだった。一粒で二度おいしい、といった塩梅だ。

与力他人にちょっかいかけられるのもいいですね。自分の手元だけ見ていないで、周りもちゃんと見ておかないといけない。

奉行そうだな。それも考えると、枝や房の意味が大分出てくるんだよな。枝を含んだ計算は、お手伝いの時にはできないから、幹の部分は数字を低めに抑えつつ、枝を伸ばして自分だけで収穫しようか、とかな。

与力そういった意味では、2人よりは3人以上の方が面白いかもしれませんね。

奉行2人だからこそ牧歌的な雰囲気で、安心してリンゴを育てられたのかもしれんな。

与力あと、アートワークは必見です。

奉行確かに。素晴らしいの一言だ。

『果実の収穫』【ここはちょっと…】

奉行暗算の訓練をしておく必要がある。

与力暗算と言ったって、足し算だけじゃないですか。しかも区切りのいい数字の。

奉行この年齢になると、複数の計算結果が頭に入らなくなってきてのう。

与力まだそんな歳じゃないでしょ。

奉行「場に出したカードの合計値」「他プレイヤーのカードの合計値」に加えて、「自分の手札にあるカードを何処に出すとどうなるか?」……などなど、割と頭を使うと思うぞ。「幹のみor枝も含める」で複数の計算が必要になるしな。「算数(暗算)だいっきらい!!」と思っているタイプの人には、ちょっとおすすめしづらいな。

与力確かに、場合によっては「計算がイヤ>ゲームが楽しい」となってしまう恐れはありますね。

奉行あと、自分の場を見つつ、相手の場の伸ばし方を確認していく、という形で進行するので、慣れてくると逆にいろいろ考えてしまって、時間がかかりそうだな。一見するとさほど難しいルールはないようなのに、標準プレイ時間45分から、というのは「ん?」と思ったが、遊んでみて納得した。

与力見た目やテーマとは裏腹に、思いのほか時間がかかることは承知の上で遊びましょ、ですね。

奉行そうさな。45分というと、実は『パンデミック』と同じ勘定だ。結構なボリューム感だな。

与力比較されると、なるほど確かにずっしりと。

奉行ま、どんなゲームでも楽しければ実時間は気にならないもんだがな。『果実の収穫』も、気付いたら寝る時間が迫っていた、という塩梅であったよ。

果実の収穫 『THE FRUIT HARVEST』
カード158枚はなかなかの分厚さ。

奉行そういえばお主、今年は随分とアップルパイ造りに精を出しておったらしいな?

与力……酸っぱいアップルパイばっかり出来上がりましたけどね!

奉行その反動で買ったのか……?

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です