ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

キングドミノ 原題『Kingdomino』(ボードゲーム開封編)

キングドミノ(原題『Kingdomino』)を開けてみた

誰よりも素敵な王国を作りましょう!(パッケージ裏面より)

2-4人 15分 8歳以上

お手軽王国建設ゲーム

独特な絵柄で楽しげな雰囲気ただようパッケージの『キングドミノ』は、2016年にBlueOrange社から発表されたゲームです。デザイナーは『キャメロットを覆う影』『ダイスタウン』『ファイブ・トライブス―ナカラの魔人』『世界の七不思議:デュエル』など、有名作品が多いブルーノ・カタラ氏。2017年4月になってテンデイズゲームズさんが日本語版を発売しましたので、非常に手に入りやすくなりました。
ということで「かなりお手軽だけど楽しい要素満載!」という評判にひかれ、早速購入して開封です。

キングドミノ
パッケージ表面。

面長な王様&王国民&動物の数々。

キングドミノ
裏面。

箱はおおよそ20×20×5.8cmくらい。コンパクトです。

キングドミノ
内容物。

組み立て式のお城もあります。やや細い部分があるので、台紙から外す時にちょっとドキドキしました。

キングドミノ
ゲームの中核となるドミノ式タイル。

8×4.5cmくらいの大きさで厚みも3mmと確かな手ごたえ。

キングドミノ
裏には謎の数字。

両面合わせて、「ドミノ」はこんな感じです。

キングドミノ
プレイヤー用・国王コマ。

4色×2個ずつです。赤系のコマは珍しく、赤というよりも桃色です(女王陛下だったりして?)。

ゲーム前雑感

『キングドミノ』のプレイ時間はメーカー公称で1プレイ15分。短時間ゲームは決着が付いたらすぐに「もう1回」の繰り返しプレイをやりやすいので、勝者が何回も決まるという点で、重量級ゲームとは違った満腹感を得られると思います。もちろん、重量級ゲームを連続して遊んだあとに少し何かをはさんでクールダウンしたいとか、30分くらいちょいと遊んでみたいとかいう時間調節が必要な場合、短時間で決着がつくゲームはとても重宝します。ということなので、面白い短時間ゲームはいくつも常備しておきたいと常々思っております。

さて、『キングドミノ』はどんな感じに遊べるゲームでしょうか。

2017/5/1追記 プレイ感想編を更新しました!

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。
相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です