ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

シノビエンパイア SHINOBI EMPIRE(ボードゲーム開封編)

シノビエンパイア SHINOBI EMPIREを開けてみた

「木を隠すなら森の中、人を隠すなら人の中」

(パッケージ裏面より)

6歳以上 2‐5人 20分

アートワークが美しいニンジャ陣取りゲーム

『シノビエンパイア』は、フリーキーデザイン株式会社(以下フリーキーデザイン)さんから、ゲームマーケット2017春に発表されたカードゲームです。

こちらの会社はそもそも生粋のゲームメーカーという訳ではなく、もともとパッケージデザインやロゴデザインなど、様々なデザインを手掛けられているということだそうですが、その強みが前面に押し出されている箱絵イラストが、とても印象的で目を奪われます。

当奉行所は、東京ボードゲームコレクション2017の会場で購入させてもらいました。いつも通り、まずは中身の確認から参りましょう。

シノビエンパイア
パッケージ表面。

堂々と大書された「忍」の文字。

シノビエンパイア
パッケージ裏面。

箱裏です。ゲームの概略が説明されています。箱サイズは約13.5×9.5×2.2㎝といったところ。

シノビエンパイア
開けてみました。

カード束とチップ、それに説明書が日英1部ずつ。

シノビエンパイア
忍者チップ。

5人まで遊べるので、5色です。

シノビエンパイア
カード。

特筆すべきは、カードは全て、違うイラストであるということ。

ゲーム前雑感

忍者をテーマにしたゲームは、無数にあるように思われます。が、それをざっくり分けると、海外発ニンジャゲーム国産忍者ゲームの二つに分けられるでしょう。

海外ニンジャゲームは謎の流派やら謎の必殺技やら謎の雄叫びやらがゲーム中に登場し、何だかよく分からないスーパーゲームになってしまいがちで、それはそれで楽しいんですが、「あんまり忍ばないよな、こいつら」という印象を受けがちです。

一方、国産忍者ゲームは、あまり大作は作られないものの、忍者の能力を上手くイメージさせるようなゲームデザインになっているものが多い、という気がします(あくまで個人的な印象なので、そうでもないというゲームがあったら、是非教えてください)。

さて、『シノビエンパイア』は、名前的には海外風味がするものの、純然たる日本製ゲーム。という訳でヘビ流とかサソリ流とかのニンジャは出現しない、おそらくは後者の特徴を持ったゲームなんだろう、という予測ですが……実際に遊んで確かめてみましょう。いつも通り、2人プレイということになります。

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です