【筋トレ嫌いの筋トレ記録(23)】自重トレーニングその5 腹筋ローラーに代わって腹筋を鍛える(おかわり)

この悲しいお腹をどうにかしたい

こんにちは、きんこです。だいぶ前、この記録を付け始めた頃にしょうもない自らの腹回りを公開しましたが、じゃああれからどれだけ変わったかと言うと、正直見た目は全然です。もうね、全然。

そりゃあ君ね、筋トレ回数と負荷少なすぎだよ!と自分自身で即座に突っ込みます。

仕事で遅くなったり、ちょっと具合が悪かったりすると平気で週二以下になりますから…。どこかの週一以下ライダーのようだ。

後、個人的には(男性の方すみませんが)月のものですぐに間があきます。私はいわゆる重い方で、特に日数が遅れると頭痛腹痛に悩まされ、なかなか筋トレができません。

何度か無視してやったんですが「(通常の想定よりも遅れているという、ある意味では異常が起きているので)安静にすべき期間に体に負荷をかけるのはどうなの?」という結果になったので止めました。若い頃は「大人になったら落ち着くわよ」と言われたものです(医学的な話題ではございません)が、いっこうに安定しないよママン。こういうの経産婦になれば変わるんですかねえ…。

はい、そろそろ筋トレの話題にいこう。

スポンサーリンク

自重トレーニング⑥ 腹筋を鍛える(おかわり)

前回やった腹筋を鍛えるトレーニングの負荷変更バージョンです。

腹筋の自重トレーニング
腹筋の自重トレーニング(負荷の変更)

【基本の姿勢】
負荷を少しあげるならば、胸の前で腕を組みます。更に負荷をあげるなら頭の後ろで組みましょう。こうなると最早、普通の腹筋と変わらない感じだなあと思いますが、あくまでも倒して戻すの反復をします。

負荷が変わる理由は単純で、腕の分の重さが全て腹筋にかかるから、だそうです。胸の前と頭の後ろだと、支点からの距離が遠いだけに遠心力が働いて負荷がかかるという奴ですね。

なお私がこれをやり始めた経緯は、「負荷をあげるぞ!」と自発的に思ったのではなく、前回の最も低負荷の姿勢だとものたりないなあ(!)と思ったからです。しばらくやっていたところ、最初の頃に比べて後ろに倒す角度が大きくなっていき、「これ以上やると後ろに寝転がってしまいそう。もっと長い時間やった方がいいのかね?」と感想を述べた結果、腕の位置を変えるように指示を受けました。

実際にやってみたところ、低負荷バージョンと同じ秒数(60秒)をこなせましたが、疲れ具合が倍増したのでそれなりに効果的なのだろうと思います。よくないかもと思ったのは、疲れてきた時に体をひねって反動をつけて起き上がるというズルをしそうになることでしょうか。気を付けないと非効率的になっちゃうので注意ですね。

見た目には全然変わっていないのですが、こんなところでも多少なりとも成長のきざし(あくまできざし程度ですけれど)が見られるのは、なかなかに嬉しいものです。だから(嫌いな筋トレの中では)好きだぜ腹筋トレーニング。

スポンサーリンク

投稿者:きんこ

「筋トレが嫌い」な人間が「体のことを考えて筋トレを継続して取り組むコーナー」の担当者です。2017年は、諸事情から色々とお休みしていましたが、そろそろ復帰に向けて頑張ります。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です