【ポケモンGO】初代世代が行き当たりばったりにプレイする(10)

時は来た!

チュートリアルでぼやぼやしていて、好きなポケモンとして不動の一位に君臨するヒトカゲを取り逃したわたくし。

とうとう。

ゲットすることができました!!!

ヒトカゲは尻尾こそ至高(個人の感想です)

ヒトカゲの魅力はつきません。

「子供心をくすぐる火を取り入れたドラゴン風のフォルム」
「あまり役に立たない気がする手(を使った『ひっかく』が初期のメイン攻撃)」
「立派な爪のある重めの足」
「くりっとした青色がかった目(あざとい)」
「八重歯のようにちっちゃい牙(あざとい)」

そして、尻尾です。しっぽ。

ゆらりと長い尻尾の先にある炎。それが元気のバロメーターであるという意味を持ち(図鑑より)、なおかつ。

ヒトカゲ イラスト
この尻尾

この「お腹のところからくる黄色いライン」が、尻尾の先までちゃんと繋がっている点。ここがすっごい可愛いと思っています。誰に賛同されなくても!!

ポケモンGOの何が嬉しいって、ぐるぐる回して斜め後ろ・真後ろからの姿を堪能できることです。ここのデザインがぐっと来るポケモンが特にポイント高いです(曖昧だ)。
何より、自分のポケモンがバトルしている時と同じ角度で眺めることができるんですよ。しかも、メッセージウィンドウとかで隠れちゃうところも余すところなく!タップすると動く!
あの若干ぼやっとしたドット絵から20年、こんなことになってしまうんだから驚きですし、嬉しい。

プレイ状況としては、ゆっくりしています

さて、ヒトカゲに対する思いはまたの機会に続けるとしまして(多分、進化させた時に爆発すると思います)、ポケモンGOのプレイ状況。

【近況まとめ】

  • 今はレベル14です。
  • コダックが沢山捕まえられたので、ゴルダックへと進化させました。CP800弱で、現時点の最強です。先は長い!
  • 観光地のポケストップで、比較的珍しいと思われるポケモンを数匹ゲットしました(オムナイト、ガーディ)。
  • 自宅から割と近く(ルアー使用中のポケストップに通りがかった)でブーバーと遭遇してびっくりしました。

友達の子供(妖怪ウォッチ好き)に「ポケモンGOやってる?」と聞かれ、「今から捕まえに行きたいとか言われたら困るなあ」とドキドキしつつ、馬鹿正直に「やってるよ」と答えたら「ピカチュウ見せて」とおねだりされました。他のポケモンは全く知らない様子なのに名指しされる辺り、さすが世界第二位のネズミさんは違う。その後、ひとしきり図鑑を見て「かわいい(プリン)」とか「なにこれ?(ビリリダマ)」と感想をのべたら満足して貰えたようです。

捕まえたポケモンとか

※新規のみ
捕獲→ヒトカゲ、オムナイト、ガーディ、ブーバー
進化→ゴルダック

たまごの孵化率がすっかり下がっちゃいました。残念。
早くヒトカゲ、リザード、リザードンを手持ちに並べるのが楽しみです。

スポンサーリンク

投稿者:きんこ

「筋トレが嫌い」な人間が「体のことを考えて筋トレを継続して取り組むコーナー」の担当者です。2017年は、諸事情から色々とお休みしていましたが、そろそろ復帰に向けて頑張ります。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です