コンピューターゲーム方ポケモンGO

【ポケモンGO】行き当たりばったりにプレイする(18)

年末という意識が希薄ですが

とうとう年の瀬を迎えてしまいましたね。関東地方は不気味な温かさに見舞われたこともあり、そろそろ2016年が終わりを告げる……とはとても思えません。なおかつ本日はクリスマス・イブ。折角なのでGoogleの「サンタトラッカー」を眺めつつ、「Present Bounce」で楽しみました。幾つのプレゼントを運べずにダメにしてしまったのかは気にしない。

それはさておき、午後にPokemonGoのアプリが「キャンペーン始めたよ!」と通知を送ってくれました。ご丁寧にありがとうございます。しかし、外に出ようという決意がくじかれてしまい、近くのジムの様子を眺めるだけで終わってしまいました。

Pokémon GO で年末年始をもっと楽しく!(Niantic)

キャンペーンは年末年始で二段階あるとのことですので、楽しみです。特に後半。私のリザードンが近づくことを願います。切に。

これも一つのクリスマス特需?

ここしばらく、とんと新しいポケモンに恵まれなかったのですが、なぜか先週は立て続けに新しいポケモンをゲットしました。

・カブト
・メタモン
・サンタピカチュウ

という豪華三本立て。まあ、ピカチュウはキャンペーンですので、あまり不思議でもないのですが……。

まず、場所柄も特別人が多いとも思えず、ポケストップが豊富というわけでもない市中で、休憩がてらベンチに座って遊んでいたらカブトを確認。慌てて捕獲。

続いて、側でぴちぴちしていたコイキングを捕まえたところ、なんと捕獲後にメタモンに変化。「やたら捕まえづらいポッポだと思ったらメタモンだった」という話を見かけていたのですが、そのような難度を感じることはありませんでした(個人の感想です)。が、完全に「コイキングゲットだぜ」と油断していたので、変化を遂げた時は思わず変な声が出ました。不審者です。

なお、ピカチュウさんだけは「銀行の上」にポップしていたので、ポケモンの看板を背負って立つ彼(?)は、凄い資産家なのだろうな……などとアホなことを考えました。

しかし、このサンタピカチュウ。「近くにいるポケモン」として見かけた時も、んまあ可愛いと思いましたが、捕獲してみるとやっぱり可愛い。ズルいと言わざるを得ません。しかし、「どうせ、進化させたら普通のライチュウになってしまうんだろう」などと思っていたら、「ライチュウになってもサンタ帽子をかぶっている」公式発表があった(Pokémon GO Japan twitterアカウントより)ので一安心。進化させるだけの飴があるのか?って、そりゃあ全然足りませんが。

卵については、三つほど5kmを孵化させましたが全部不発。新しいポケモンとの出会いは遠いものです。勿論、孵化装置を購入すれば早いわけですが、ゆったりプレイしていきたい派なので、今のところ無料分だけで頑張ります。

捕まえたポケモンとか

自分で枠を設けて記録していた割に、(不精がたたって)そろそろ「あのポケモン記載したっけ?」という気がしています。

捕獲:サンタピカチュウ・メタモン・カブト
進化:ニョロボン・ゴローン・ヤドラン

レベル:21
リザードンに進化するまで:残り飴70個

スポンサーリンク

投稿者: きんこ

「筋トレが嫌い」な人間が「体のことを考えて筋トレを継続して取り組むコーナー」の担当者です。読書、テレビやゲームが好きなインドア派30代。書籍や漫画は、軽く楽しく読めるものが好きです。 ポケモンと共に成長したといっても過言ではない世代でして、色々と思い出しながらポケモンGOをプレイ中。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です