信長の野望 創造・戦国立志伝 テキストリプレイ 上級:大友義鎮が地上に楽園を築くまで Part.30【完】

第三十回 KYOTOミレニアム

応仁の乱より 数十年……

荒野を耕し 野武士の群れと戦い 無数の生と死を繰り返しながら 人は生き延びていた……

だが頼るもの縋るものなく生きていけるほど人は強くない 人は明日への希望を探した……

大友宗麟は救世主の降臨を説き 信じた人が集い 都ができた
かつて……二条御所と呼ばれた所に……

15XX年

かくして京は KYOTOミレニアムとなった

越後・新発田城―1584年からの戦略―

信長の野望・創造 戦国立志伝
さてさて、いつの間にやら戦線が北上していたよ。
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

ふむ、越後制覇は完了か。ではM&Aに成功した米沢城へチームを送り込んで、東北にシェアを伸ばしていこうか。ところで、他のエリアは大丈夫かい?

甲斐親直「はあ、安房の方では元徳川家の武将たちが頑張っておりますな。榊原康政、酒井忠次、大久保忠世辺りが次々と北条の残党を攻め立てております」
角隈石宗「立花軍団本隊は相模を攻略し、武蔵へ入っております。上州を攻略した織田信長は、さらに東進して下野を攻略中ですな。これら三勢力は、このまま北上させ、常陸、磐城を目指せばよろしいかと」
龍造寺隆信「まあ何気に東北に最初に手をかけてるのは俺たちなんだよな。関東で暴れている連中が北上しやすくするために、伊達と最上をここらで一発ガツンとやっておきたいところだぜ」

……よし、では最上の山形城をターゲットにして仕掛けてみようか。私が出る!

―出羽・山形城―

宍戸隆家「将軍家御自らの御出馬とは恐れ入ります。この城攻め、正面大手口の先鋒は是非ともこの宍戸隆家にお命じ下され」
小早川隆景「それがいいですね(東北の果てまでわざわざ自分で足を延ばしてくるとは……意外と小心なのか、それともまだ我ら毛利家の者は信用されていないのか……)」

あー、その門は好きにやってみてください。私は……あっちにキャンプ張るから。じゃあ頑張って。

龍造寺「あいつら、あんたの城攻め見たことが無いんだったっけか? じゃあいい勉強になるんじゃないかな」
甲斐「……なりますかな?」
龍造寺「……ならねえかもな」

信長の野望・創造 戦国立志伝
手早く片付けよう。砲兵隊、攻撃始め!
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

このゲームの城攻め、実はパターンが決まってくる。城のレイアウトがそんなに多くないからだね。今攻めてる城は山形城だけど、これはよく見る構造。外堀が内側に屈曲している場所の奥に二の丸の門があるので、上手いことそこに合わせて城外に築いた「大筒陣地」からの砲撃が、二の丸の門を破壊できるんだね。これでノーリスクで本丸への突破口ができる。

信長の野望・創造 戦国立志伝
スッ、とね。
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

そしたら「土竜攻め」で城内へ入り込んでしまおう。二の丸の門は破壊済みなので、敵の抵抗を受けずに本丸の門へ迫れる。ここで龍造寺君の戦法「肥前の熊」を発動して門を叩く。さすが暴力的な彼の名を冠しているだけあって、構造物を破壊する速度が一気に向上するので、あっという間に門は壊れる。天守閣は目の前、もうカチカクよ。「肥前の熊」の効果時間が切れたら、親直の「詭計百出」を使ってもいい。体感だが、構造物の防御力にも効果がある……気がしている。イージーですね。まあ私の城攻めを止めたければ、ヴォーバン式要塞でももってこい、ってことですよ。

信長の野望・創造 戦国立志伝
はい、おしまい。
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

宍戸「な、なんという……」
小早川「……(なんだ、このむちゃくちゃは)」

いいかね、諸君。私が自ら前線にやってくるのは、それがオンスケで進めていくにあたって、あらゆる面で一番効率的だからなの。そこんとこ分かって、しっかり結果にコミットして下さい。

角隈「(……御屋形様はいったい誰に説明をなさっておられたのでしょうか」
甲斐「(……我々には見えない誰か、なのでしょうな)」

―???・1586年―

立花道雪「…………」
由布惟信「殿、思えば我らも長く戦ってまいりましたなあ。鍋島、長宗我部、高橋、それに島津辺りがよく張り切り、次々と城を攻め落としておるとか。あと、御屋形様も相変わらず最前線だそうで」

信長の野望・創造 戦国立志伝
由布「昨年は北条がついに降り……」
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

由布「先日は最上も滅びました」

信長の野望・創造 戦国立志伝
由布「まあ、顔馴染みたる平岡殿の、黄泉路への旅立ちなどもありましたが……」
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

立花宗茂「父上、また捷報にございますぞ。もはや大友家は敵なしにござります」
道雪「……宗茂よ。この父は命数を使い果たした。大友家による天下一統を見届けることなく果てるは無念である。だが、もはやその道の揺るぎないことを確信しておるゆえ、悔いはない」
宗茂「申し訳ございません、我らの進軍がもそっと早ければ……」
道雪「……よい。それより宗茂、聞きたいことがある。わしは今、武蔵の江戸城にて臥せっておったはずだな」
宗茂「いかにも」

信長の野望・創造 戦国立志伝
道雪「……なぜわしは、敵などおらぬ九州の柳川で、何者かと対陣しておることになっているのか」
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

宗茂「……惟信、これはどうしたことなのだ」
由布「おそれながら若殿、歴史イベントゆえに、メッセージが固定なのでございましょうな。殿、作り込みの問題でござるよ」
道雪「……なれば、已む無し」

信長の野望・創造 戦国立志伝
宗茂「……立花家は、この宗茂が必ずや盛り立ててみせる!」
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

立花誾千代「決意を新たにしたところで、ごめんなさいね。なぜか立花家の新軍団長は私らしいのよ」
宗茂「えっ」

―津軽海峡・1588年―

なんか、素っ頓狂な小話が発生した気がするけれど……。さて、気を取り直して、東北攻略についてはなーんの障害も無く進んだので、一気に時間が飛びました。我が主力軍団は現在、伊達政宗が逃げ込んだ蝦夷地を目指してます。

信長の野望・創造 戦国立志伝
絵図にするとこんな感じ。
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

津軽側から私、下北側からは信長の軍が進軍中。総勢は……20万はいるっけ?

官兵衛「そうですな。東北攻めには60万を三段構えにして攻め込みましたから、今残っているのが、最後の三段目の備えにござる」
角隈「いやはや、まことに時間も距離も長い道のりにございましたなあ」

信長の野望・創造 戦国立志伝
伊達政宗「まて、お前たちの主と和議の話をさせろ。俺は伊達政宗本人だぞ!」
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

藤堂高虎「島津様、いかがなされまするか」
島津義弘「俺たちの主は神か大友宗麟だ。どっちもお前を助けちゃくれない!」
政宗「ぐっ、ならば籠城して最後の一戦を……」

だがしまったな、二連続でラスボスが伊達政宗になってしまった。マンネリ感も漂うが、地理的にはしょうがないか……。

甲斐「東北では必ず伊達が巨大化しますので。某氏のように時期がもそっと早ければ、南部晴政あたりが敵対したやもしれませぬが……」

まあそうね、仕方がない。では皆さん、最後の戦と言うことになります。頑張っていきましょう!

信長の野望・創造 戦国立志伝
もちろん、頑張るまでもなかったけど。
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

政宗「俺の出番、これだけかよ……」

信長の野望・創造 戦国立志伝
こうして、ついに成し遂げました。
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

いやあ、足掛け37年くらい? ついに大友家が天下を支配するときが来ました。皆さん、目標達成、おめでとうございます!

義弘「素晴らしい、おめでとう!」
島津歳久「ちょっとちょっと、何で将軍に上からモノ言ってんだよアンタは」
島津家久「まあまあ、兄上らしいじゃない」

鍋島直茂「終盤は全然出番もらえなかったですけどねー。いいですけどー」
長宗我部元親「仕事はしていたのだ。そう拗ねるな」
高橋紹運「まこと、皆の力を併せて見事に完全撃滅を達成し、感無量にござる」

栗山利安「おめでとう!ございます!!よかった!!!」
藤堂「青史に名を垂れる大業を成し遂げられました」
蒲生氏郷「何事も主のお導き……」

本願寺顕如「ちっ、伊達もだらしない。もう一波乱くらい……(将軍家のご威光、まことに恐れ入りました)」
織田信長「祝着至極、である」
明石全登「各地の軍団長も祝賀のため、京に馳せ参じましょう」

おう、軍団長たち……一萬田、木脇、納富、吉岡、蒲池、川崎、それ以外の軍団長らも、よくコミットしてくれた……礼を言わなければ。

信長の野望・創造 戦国立志伝
小早川「よかったですね(なぜ、私が〆を務めるのかよく分らん)」
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

その疑問については、同意せざるを得ない。さておき、もう今まで尽力してくれた皆さんには感謝カンゲキ雨嵐、帰京したら祝賀&慰労パーティーを開いていきたい、なんて考えてますがね。こうして実際に天下の主となって、最後に一つ思ったのはですね。

角隈「なんでございますか」
甲斐「どのような思い出を語られるのか……」
龍造寺「おう、バシッと最後の挨拶をしてくれや」
官兵衛「どうぞ、御屋形様」

達成感はそんなに前のプレイと変わらなかったなあ、と。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

“信長の野望 創造・戦国立志伝 テキストリプレイ 上級:大友義鎮が地上に楽園を築くまで Part.30【完】” への4件の返信

  1. お疲れさまでした‼毎回更新がとても楽しみなゲームプレイ記事でした。
    私もこのシリーズを読んで初めて「信長の野望 戦国立志伝」を購入して今楽しんでいます。個人的にはあえて軍団長を断り続けて城主のまま、主家の天下統一を達成する遊びにハマっているところです。
    毎回キャラの掛け合いがとても笑えつつプレイ内容も参考になるもので感謝感謝です。

    1. コメントありがとうございます。与力です。なんとか面白い読み物をお届けできれば、と拙い文章を書いて参りましたが、これがきっかけで『戦国立志伝』お楽しみいただけている、という嬉しいお言葉を頂き、本当に嬉しいです。有難うございます。そうですね、家臣で遊ぶ場合には城主辺りの制限くらいがちょうど面白そうですね。私も機会を見つけて遊んでみようかと思います。今後とも当奉行所をよろしくお願いいたします。

  2. 大友宗麟編お疲れ様でした!
    今回もキャラ付けがとてもおもしろかったです笑(ビジネス用語と平岡君が秀逸でした)
    冒頭の宣教師の手紙も楽しみにしてました!

    勘兵衛さんのラストの言葉で続編があるみたいなので、また期待して待っていますヾ(o´∀`o)ノ

    1. コメントありがとうございます。与力です。多数の武将たちを登場させた結果、区別の為にかなり強いキャラ付けをしてしまった所も有りましたが、お気に入り頂けたようで幸いです。平岡さんには何となくずっと使い続けてしまう謎の魅力が有りました。なお、官兵衛氏は何やら新企画という名の悪だくみをしているようなので、今後の当奉行所コンピューターゲーム方にもご期待下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です