信長の野望 創造・戦国立志伝 テキストリプレイ 上級:大友義鎮が地上に楽園を築くまで Part.30【完】

―エピローグ―

……おっ、おっ。また、お主とサシで話す訳ですか。

官兵衛「はい。まずはとりあえず、ノルマ達成したので褒めてあげましょう」

あっ、ありがとうございました。いやあ、やってやりましたよ。最後の方はもうこっちが強すぎて消化試合になっちゃいましたけどもね。天下惣無事を出せるようになるまでくらいが、一番楽しかったかもしれないですな。

官兵衛「さて、大名で遊んでみてどうでしたか。今までで一番長い記録となりましたが」

えーっとですね、シンプルに言えばこのゲームやっぱり大名で遊ぶのが一番楽しいかな、と。大名だと、全部のコマンドを自由に使えるので、思い通りにゲームを進められますわね。制約の大きい家臣で始めるのも最初は面白いんですが、何度かやってると、結局同じ手順、展開で軍団長になる。軍団長になっちゃうと大名みたいなものなので、だったら最初から大名やった方がストレスフリーかな、と。

官兵衛「せっかくの『戦国立志伝』でありますのに?」

うーん、家臣プレイには多少『太閤立志伝』要素を期待してしまっていたので。ちょっとそこが違ってましたのでね。あと、前にも言いましたけど、城攻めは今回大砲と土竜攻めが使って落とすというやり方をしてみたら、結構ハマってしまったので、わざわざ追加するのであれば、もうちょっと城のパターンを増やすとか、一つずつ変えるとかしてもよかったのかな、と。メインマップの作り込みが凄かったので、城マップはちょっとねぇ。同じ作りの城を同じ攻め方でゴリゴリ落とせちゃうのは、なんだな、と。

官兵衛「真田家の時に言っておられたイベントにも、ずいぶん引っ掛かっておられましたが?」

イベントについては今回も幾つか見れましたが、正直どうかなー、と思うものがちらほら。道雪の死は、あまりにゲームの進行が反映されてなくて、頓珍漢になっちゃってたのが面白かったので出しましたが。この辺はしょうがないのかなー。ああ、でも一番違和感が有ったのは、やっぱりエンディングの個人年表かな。そんなに思い入れもないし、実際友好度もそんなに高くなかった武将が、心に残る友人みたいな形で紹介されて、「うーん」と思ってしまった。あれ、どういう基準で年表に出す項目を決めてるのかね。ただまあ。今回大名で遊んでみて、昔の『信長の野望』らしさがすごく味わえて楽しかった。何だかんだ熱中できたと思います。まだ触れていない要素も多いので、しばらくは遊んでみようかなと思ってますよ。

官兵衛「新作はお考えにならないのですか?」

あっ、それはPK待ちです。はい。ですので、しばらく先ですかね。あ、ところで私の記録、毎回の冒頭に不安を誘うような手紙の文章をずーっと引っ張ってて、挙句の果てに今回ついに、私が実はメ〇ア教(注1)関係者であった、今までの言動はそのせいであった、みたいな言われ方をしてるように読めるんですけど、何なんですか、あれは。もしかしてゲーム中に大聖堂を建てられるとか、私とラスボス(注2)がちょっと似てるとか、そういうところからの安易な発想でやってたんじゃないでしょうね?

注1:本当はTOKYOミレ〇アム。餃子。
注2:よく動く顔。

官兵衛「まさかそんな」

見え透いた否定をするなあ。……というかなんか、初級編中級編に比べて、あんまりボロカスに言われないのが怖いんですが?

官兵衛「そうですか?」

怖いって。

官兵衛「長い間の戦い、お疲れさまでした。改めて天下統一おめでとうございます」

え、うん。長らくお付き合いいただいて、ありがとうございます。お疲れ様でした。さて、次の武将はどうしようかなあ。






fin…






官兵衛「では、また別の世界でお会いいたしましょう」

…………ん、別の世界???

…?

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

“信長の野望 創造・戦国立志伝 テキストリプレイ 上級:大友義鎮が地上に楽園を築くまで Part.30【完】” への4件の返信

  1. お疲れさまでした‼毎回更新がとても楽しみなゲームプレイ記事でした。
    私もこのシリーズを読んで初めて「信長の野望 戦国立志伝」を購入して今楽しんでいます。個人的にはあえて軍団長を断り続けて城主のまま、主家の天下統一を達成する遊びにハマっているところです。
    毎回キャラの掛け合いがとても笑えつつプレイ内容も参考になるもので感謝感謝です。

    1. コメントありがとうございます。与力です。なんとか面白い読み物をお届けできれば、と拙い文章を書いて参りましたが、これがきっかけで『戦国立志伝』お楽しみいただけている、という嬉しいお言葉を頂き、本当に嬉しいです。有難うございます。そうですね、家臣で遊ぶ場合には城主辺りの制限くらいがちょうど面白そうですね。私も機会を見つけて遊んでみようかと思います。今後とも当奉行所をよろしくお願いいたします。

  2. 大友宗麟編お疲れ様でした!
    今回もキャラ付けがとてもおもしろかったです笑(ビジネス用語と平岡君が秀逸でした)
    冒頭の宣教師の手紙も楽しみにしてました!

    勘兵衛さんのラストの言葉で続編があるみたいなので、また期待して待っていますヾ(o´∀`o)ノ

    1. コメントありがとうございます。与力です。多数の武将たちを登場させた結果、区別の為にかなり強いキャラ付けをしてしまった所も有りましたが、お気に入り頂けたようで幸いです。平岡さんには何となくずっと使い続けてしまう謎の魅力が有りました。なお、官兵衛氏は何やら新企画という名の悪だくみをしているようなので、今後の当奉行所コンピューターゲーム方にもご期待下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です