2016年第一回 ボードゲーム購入評定 ご下命その二 ”しっかりと遊べそう”系ゲームを探せ!

ボードゲーム愛好

候補肆.『タイムストーリーズ』 Peggy Chassenet , Manuel Rozoy

詳細はこちら(ボードゲームギーク 製品情報

与力これも『パンデミックレガシー』と同じような系統のゲームですね。2016ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門にノミネートされていた点も、全く同じ。

奉行となると、やり切り型のゲームか。

与力シナリオが準備されている、協力型アドベンチャーゲームというか、そんな感じですかね。プレイヤーは時間の歪みを修正する仕事の人で、現在・過去・未来を移動しながら、その時代に生きている人の体を借りて、修正作業に勤しむ、という。

奉行『T・Pぼん』のようであり、『ウルトラマン』のようであり…

与力例えが全部古いですね。で、プレイヤー全体で共有の行動値みたいなものがあって、それが尽きると一旦作業完了となり、自分たちの時代に戻ります。で、また最初からチャレンジ。

奉行タイムリープもの、というやつか? つまり、試行錯誤しながら、何度も同じ話にチャレンジしていく、という訳だな。

与力そのようですね。豪勢なアートワークなども見所ですが、シナリオが1つしか入っていないあたり、『1回じゃクリアできませんよー』という、製作者側の自信のようなものを感じますね。

奉行そのシステムで簡単にクリアできたら困るが…やはり、同じ顔触れで繰り返し遊ぶことを前提としておるかな。

与力そうですね。途中参加や、既にシナリオの内容を知っている人が新規プレイに参加する、というのは難しいのかな?

奉行なんと申すか、大人数で挑めるゲームブック、の趣かのう。シナリオは拡張で追加されていくであろうから、気に入れば飽きずに長く遊べるかもしれん。

候補伍.『スカイアイランド』 Andreas Pelikan , Alexander Pfister

詳細はこちら(ボードゲームギーク 製品情報

与力これで最後です。2016ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門受賞作品ですよ。このゲームのデザイナーさんは、『ブルームサービス』で2015年の同賞ノミネートを経験しておられますが、今回はみごと大賞を獲得した、ということです。

奉行そういやお主、『パンデミックレガシー』がエキスパート部門を制すると推しておったな?

与力(無視)これはですね、タイルを配置して、自分の箱庭を育てていく系統のゲームです。『カルカソンヌ』や『グレンモア』に似てますかね?

奉行なるほど。タイルを引いて配置して、というやつか。それはわしのお気に入りの系統じゃ。

与力特徴は多分2つ。まず、毎回勝利点が入る条件が変わること。

奉行ほう。ということは、毎プレイごとに狙いが変化していく、ということじゃな。

与力そうですね。常に強いタイル、というのが無い…ってことになるのかな? もうひとつは、タイルの入手方法ですね。

奉行引くのであろう?

与力えっと、まずタイルを3枚引いて自分の前に並べます。で、他のプレイヤーに見られないように、自分の前のタイルに入札価格を設定します。一斉にオープンして、誰も入札してこなければ(売れ残ったら)、その価格を払って自分のものにする。誰かが入札してきたら、代金を受け取ってタイルを渡す、ということのようですね。

奉行ふむ、つまりタイルを保持するためには、強めの価格を付けたいが、あまり吊り上げすぎると自分の首も絞まっていく、ということじゃろうな。

与力あと、3枚のうち、1枚は売買対象にせず、破棄できるので、他人の土地をみて、「あいつ欲しがりそうだな、でもオレはいらないよね」みたいなタイルは、破棄して入手できないようにしてしまう、ということもできそうです。

奉行そこまでの引き運があればな。

与力…ぐぬぬ。

奉行因みに、ゲームの舞台はどこなのであろう。雲の上の世界か?

与力いえ、箱絵を見る限りでは、どうやらスコットランドぽいです。

奉行ほう。そういえば昔、「歌謡曲の歌詞で最も出てくる地名はどこか?」ということを調べたら銀座だった、とかいうデータを見た気がするが、ボードゲームの舞台として最も取り上げられている国は、どこなのかのう。

与力どこでしょう? ローマ関係が入ると、やっぱりイタリアなのかな?

奉行集計しておられる方がいらっしゃったら、是非ともお教え頂ければ幸いじゃ。

「しっかりと遊べそう系」奉行の裁定

与力ではお奉行、裁定をお願いいたします。

奉行うむ、まず『ラ・グランハ』。これはいったん保留。

与力ほう。それは何故?

奉行農場経営は、『牧場物語GB』以来大好きな系統だが、ボードゲームとしては同テーマでの金字塔『アグリコラ』が、リバイズド版になって発売されるとかいうニュースを読んだぞ。

与力なんと。御自ら左様なニュースをお読みになられていたとは。

奉行なので、両者をよう吟味したいので、少なくとも『ラ・グランハ』日本語版が出回り、評価が固まるまで、ちと保留したい。

与力同テーマでの比較、守りの姿勢ですね。ブログ的にはもっと積極的に行った方がいいのでは?

奉行資金が足りん(慎重と言え)。

与力お奉行、本音と建て前が逆転しています。

奉行次に『マイス&ミスティクス』。クモがいるのでダメ。立体でリアルなクモ禁止。

与力仕方ないですね。製作者の方々、平にご容赦を。大の大人がちょっと本気で涙目なんです。

奉行で、『パンデミックレガシー』と『タイムストーリーズ』だが…。悔しいが、どちらも我らの環境にあっては、中々充分に遊べないように思うな。

与力プレイ人数を減らすとか、あるいは集中プレイをするか…

奉行いずれにせよ、優先されるのは遊ぶ環境の整備じゃろうな。そこが解決されたときに検討しよう。

与力致し方ありませんな。

奉行というわけで、購入は『スカイアイランド』に決したい。どうやらルールも手軽で、繰り返し何度も楽しめそうだ。『カルカソンヌ』以来、タイル配置も好みの要素である。

与力御意。しかし若干、消去法的な結論の出し方ではないですか?

奉行そんなことはないと思うが、…まあ、お主が勝手に予約してしまったゲームの影響があるかもな。

与力あっ、バレてる?!

奉行その件については、おって評定所にて厳しい詮議が行われるであろう。覚悟致せ。

与力ハ、ハハーッ。

Scroll Up