パンデミック:ホットゾーン(ボードゲーム開封編)

ボードゲーム愛好

『パンデミック:ホットゾーン』を開けてみた

人類の生命を奪う危険性のある病原体が北米大陸を脅かしている。それを食い止めることができるは君たちだけだ!

(箱裏より:原文ママ)

プレイ人数:2-4人
プレイ時間:30分
対象年齢:8歳~

北米限定パンデミック

ここのところ毎年発売されている、大人気協力ゲーム『パンデミック』シリーズですが、2020年に新登場したのは、今回ご紹介する『パンデミック:ホットゾーン』(以下、『ホットゾーン』と略)でした。

ゲームデザインは元祖のマット・リーコック氏。Z-MANgamesから発売され、ホビージャパンから日本語版が発売されています。

『パンデミック』シリーズは、新版になって以降は、『パンデミックカードゲーム:接触感染』を除いては、同じサイズの箱で発売されていたと思いますが、今回の『ホットゾーン』は、かなり小型にサイズダウンしており、ゲームの舞台も全世界ではなく、北米大陸のみに絞られています。これは要するに「お手軽パンデミック」という位置づけのゲームなってくるのでしょうか。開封して確かめていきましょう。

パンデミック:ホットゾーン
箱絵です。

なにやら洋画のDVDパッケージっぽくもあります。

パンデミック:ホットゾーン
箱裏です。

大切な説明を「何をするだァーッ!」的に一部噛んでしまっていますが、北米の危機にそんなことも言っておられますまい。箱サイズは約25×15×5cm。『パンデミック』としては、かなり縦横が小さいです。

パンデミック:ホットゾーン
フタを取ります。

説明書、ゲームボード、そしてコンポーネント。

パンデミック:ホットゾーン
ゲームボード。

確かに北米(一部カリブ海の島含む)しかありません。

パンデミック:ホットゾーン
マーカー。

ベテランパンデミッカー(造語)なら一目で何か分かる、大切なマーカー類。全てプラスティック製。

パンデミック:ホットゾーン
病原体コマ。

3色各16個しかありません。少ない!

パンデミック:ホットゾーン
カード類その1

目を引くのはサイズの小ささです。『アーカムホラー』などのアイテムカードサイズ(約64×41mm)しかありません。

パンデミック:ホットゾーン
カード類その2

追加要素「危機カード」があります。

パンデミック:ホットゾーン

プレイヤーコマと役割カード。役割はこの4種類のみに絞られました。

プレイ前雑感

「元々のゲームの要素を凝縮してよりお手軽に」というコンセプトで、よく“ボードゲームからカードゲム”、“ボードゲームからダイスゲーム”という変化がありますが、最近は『チケット・トゥ・ライド』シリーズの『ニューヨーク』や『ロンドン』のような、“ボードゲームのまま要素を圧縮”という手法も多用されてきたように思います。

『ホットゾーン』も、ボードゲームのままで『パンデミック』に圧縮をかけたゲームですが、『パンデミック』自体も慣れてくると相当スピーディーに遊べるゲームです。どれだけの違いができているのでしょうか。2人プレイで遊んで体験してみたいと思います。

続き(プレイ感想編)はこちらからどうぞ!

Scroll Up