信長の野望・創造 戦国立志伝 テキストリプレイ 初級:内藤昌豊で武田の旗を京に立てる!Part.19【完】



官兵衛「さて、宜しいでしょうか」

なにかな、官兵衛殿よ。次のプレイ武将どうしようかなって思ってたんだけど、やっぱり花があった方が面白いのかねえ。

官兵衛「その前に、ここまで成されて、ゲームはいかがでしたか」

そうなあ…率直なところでは、CPUがあんま内政をしない。一方で、結構好戦的なので内政に割く時間の余裕がない。お館様が適当。合戦やら攻城戦はわざわざやる必要が無く、大マップで全部すませればOK。そんなとこかな?

官兵衛「つまり?」

箱庭感を感じる見た目なのに、そこを存分に楽しませてもらえないのは残念。あと、戦関係は相当残念。特に攻城戦とか、あれを敢えてやるメリットってどこにあるんだ?って思っちゃった。

官兵衛「左様でしたか」

ただまあ、プレイ中にアップデートが結構あったからね。既に相当変わっているっぽいし。修正された乱世の環境だと、どのような生き様ができるのか……どのくらいわしのような苦労をせずにすむのか、それは確認したいですよ。

官兵衛「つまり、また乱世に生きる武将の物語を紡ぐ、と」

それは勿論。やっぱり信長の野望は一回で終わらせるには、勿体ない。

官兵衛「成程。しかし、今回の旅路においては、お館様の猛進さに振り回されつつ、最後は真田殿に良いところを持っていかれてしまう、ということでございましたね」

う、うん。まあそうだけど。総括されると辛い。

官兵衛「ということでしたら、次の武将は誰か。既に定まっているのではございませんか?」

……え?

To Be Continued … !

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です