FIFA18 テキストリプレイ 転生した内藤昌豊は、武田の旗を天下に知らしめることができるのか? Part.14

第14節 ベンチ外で花を愛でる日々

―試合ダイジェスト―

DATE
8月30日 ヨーロッパリーグ 予選
VS
ロス・カウンティ(A)
SCORE
2-0

※2戦合計5-0でアーセナルがグループステージ進出

プレミアリーグ開幕戦でトテナム、第2節で難敵マンチェスターシティを破ったアーセナルは、ヨーロッパの舞台でもスコットランドのロス・カウンティを寄せ付けず、ホームで3‐0、この日のアウェイゲームも2‐0で勝利。格の違いを見せつけました。

FIFA18
まずは順当に。
(FIFA18)

9月1日 ロンドン -アーセナル練習場-

黒田官兵衛「おや? 月日が経つのは早いですな?」

おや、じゃないよ。見てたでしょ、月日が無為に過ぎていくのを。ひたすら個人練習と、ピッチ脇によく分らない草の花が咲いて「あー、きれいだなー」みたいなことをやっていたのを。

官兵衛「そうですね。リーグ開幕は8月頭、ここまで2節を終えていますがあなた様の出番はゼロ」
山本勘助「それでカップ戦要員かと思いきや、かなり格下のロス・カウンティ相手でもメンバー入りすらできず。なんと8月は試合出場そのものがゼロです。夏休みですかな」

いや、正直なところですね。シーズン開始前にジルーが移籍していったじゃないですか。FWの層はかなり薄くなったわけだよね。

FIFA18
現実ではロンドンのライバル、チェルシーへ移籍していきましたが。
(FIFA18)

官兵衛「昨シーズンの(ゲーム内)チャンピオンズリーグはバイエルンが獲っておりましたから、彼にとっては栄転かもしれませぬな」
勘助「まあまあ、確かにチーム編成的にストライカーは、ラカゼットか貴方様しかおらぬと申せましょうな」

で、プレシーズンでは4試合全部出て、ストライカーも左のウイングも試されて、8月の数値的な目標も監督から貰って、さあそれじゃあ頑張るぞ、と思ったら、この扱いだ。もはやたまらぬ。

FIFA18
よって、移籍志願した。
(FIFA18)

官兵衛「……なんですと?」
勘助「早まられますな。シーズンは始まったばかり、今、ここで移籍は……」
官兵衛「確かにまだ移籍市場は開いておりますが、そう簡単に移籍先は見つかりませぬぞ。なにせステップダウンの移籍が中々起きませぬゆえに」

そこはそれ、秋山氏に連絡を取って、欧州各国のビッグクラブの意向を探ってもらっておいたんだよ。

FIFA18
意外と引く手あまた。
(FIFA18)

秋山信友『えーっと、スペインのレアル・マドリードとバルセロナ、それにフランスの金満クラブ、パリ・サンジェルマンが興味アリみたいなこと言ってますね。出世したもんだね、君も』

……と、電話口で若干無礼なことを言われはしたが、少なくとも移籍先が無い訳ではなさそうだ。チームも移籍志願を認めた。

官兵衛「確かに、この一月の扱いは、選手としては納得の行くものではありますまいな」
勘助「実働半年でクラブを見限る、というのも、やや寝覚めが悪い気はしますが……」

いかにもそのような考えも有ろうが、「七度主君を変えねば武士とはいえぬ」という藤堂高虎の言葉にも一理あろうと思う。私も、真の武士、まことのフットボーラーを目指すために、ここで主替えをしようと思うのだ……ん? 携帯鳴ってる。私のかな?

勘助「なるほど、それほどのご覚悟で挑まれるのであれば、この勘助、力の限りサポートを……」

あ、なんか次の試合でメンバーに入れるって、監督から今メールが来たわ。明日は取りあえず試合だー。

勘助「おやっ」
官兵衛「あらら、ヘソを曲げられて監督が折れた、ということでしょうかな?」

DATE
9月2日 プレミアリーグ第3節
VS
フラム(A)
SCORE
4-0
GOAL
27’ ラカゼット(ARS)
43’ 90’ 内藤(ARS)
82’ ラムジー(ARS)
FIFA18
アーセナル スターティングイレブン
(FIFA18)
FIFA18
フラム スターティングイレブン
(FIFA18)

開幕から難敵に2連勝と、久しぶりに期待の高まるスタートを切ったアーセナルは、クレイヴン・コテージへ乗り込んで、プレミア復帰を果たしたフラムとの一戦です。
アウェイチームでは、3トップの左で内藤がシーズン初の先発。高額の移籍金で加入した先シーズンは目立てなかったストライカー、輝きを放てるか。フラムは4-3-3の形で、1トップには元アーセナルのルイ・フォンテ。

開始早々からアーセナルの鋭い攻撃がフラム守備陣を襲います。ラカゼット、内藤、チェンバレンの連係から何度もゴールに迫り、それが最初に実ったのは27分。内藤のクロスをラカゼットがワンタッチで押し込んで、アーセナルが先制します。更に前半終了間際には、内藤にもシーズン初ゴール。

FIFA18
DFに当たってコースが変わり、GKは反応しきれませんでした。
(FIFA18)

後半も主導権を握ったのはアーセナル。フラムはアーセナルFWの突破を防げず、危険な場面を何度も作られますが、GKベッティネッリが好セーブを連発。かつてはU-21イングランド代表にも召集された実力派、簡単にはゴールを許しません。

FWがダメならその後ろで。司令塔を務めていたアーセナルのキャプテン、ラムジーが自分でゴールを狙いに行きます。82分のことです。

FIFA18
キャプテン、ラムジーの見事な抜け出し。
(FIFA18)

この一撃で試合は決着。試合終了直前には内藤がこの日2点目のゴールでダメ押し。久しぶりの登場となった日本人FWのマン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍で、アーセナルは3連勝。依然好調です。

FIFA18
もつれあいながらもボールはゴールへ吸い込まれた。
(FIFA18)

―試合ダイジェスト―

DATE
9月16日 プレミアリーグ第4節
VS
ウェストハム(A)
SCORE
2-1
GOAL
30’ 89’ 内藤(ARS)
65’ イヘアナチョ(WHU)
FIFA18
ジャカのパスに抜け出した内藤が先制点を奪う。
(FIFA18)
DATE
9月20日 ヨーロッパリーグ グループステージ第1節
VS
クラブ・ブリュージュ
SCORE
1-0
GOAL
80’ エジル(ARS)
FIFA18
この日はCFで先発した内藤が、決勝ゴールを呼ぶクロスを上げる。
(FIFA18)

ロンドン -アーセナル練習場-

リーグで2戦連続出場、連続2ゴール、連続週間ベストイレブンを獲得。やはり私は出ればできるプレイヤーなのだ。監督もこれで分かってくれただろうか?

官兵衛「フラム戦は左のウイング、ウェストハムとブリュージュ戦は3トップの真ん中でのプレーとなりました。どちらでも活躍できるところを見せつけたのは、良いことでしょう」
勘助「アーセナルはやはり周りに上手い選手が多いので、ボールを欲しがってポジションを離れたり、ずるずると後ろに下りる癖をなくせば、より評価も上がってまいりましょう

欧州の舞台で活躍できなかったのは悔しいな。アシストできたから何もない、という訳ではなかったが、やはりゴールを奪わなければ評価は低い。

官兵衛「ノーゴールのブリュージュ戦は6.3。プレミア2試合では9.5、9.6でしたから、確かに落差が大きいと申せましょうな」
勘助「全体の平均値を安定させてまいらねば、レギュラーとして定着することは難しくなりましょう。結果の出ている今、結果を出し続けて、確たる立場を築かねばなりません」

うん、好調な時ほど次への準備が肝要であるな……ん? 携帯鳴ってる? 私のかな?

官兵衛「(そういえば移籍の話はどうなりましたかな)」
勘助「(秋山殿によれば、新たにアトレティコ・マドリードも調査を始めておる様子とか)」
官兵衛「(ふむ……移籍先候補はどこもハイレベルなストライカーを揃えている。どこへ行っても、今と大して変わらぬ扱いを受けるやもしれませんな……)」

あのね、今ね、監督からメールが来てね。……次のリーグ戦、メンバー外ですってー。ぼく、33億でここに来たのになー。

勘助「は? 次戦までに、体力は十分に回復するはずですぞ。ターンオーバーは必要ござらぬが……」
官兵衛「3戦4ゴールの選手を外しますか……」

やはり、本気で移籍先を探そう。こうなったらいくらでもクラブなど替えてやるぞー!

「七度主君を変えねば武士とはいえぬ」
この言葉を残した藤堂高虎は非常に世渡りに長けた人物で、君主を何度も変え、最終的には徳川家康の信頼を厚く得て、伊勢三十二万石の大大名となりました。ちなみに江戸時代末期の藤堂家は、徳川幕府から新政府にあっさりと乗り換えて、周囲から「その行い、藩祖に似たり」と罵られたそうなので、転職癖は家風っぽいです。さておき、内藤さんの世渡りが上手いかどうかは……。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です