信長の野望 創造・戦国立志伝 テキストリプレイ 上級:大友義鎮が地上に楽園を築くまで Part.30【完】

与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

スポンサーリンク

同一シリーズの前後の記事

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. tomitamo より:

    お疲れさまでした‼毎回更新がとても楽しみなゲームプレイ記事でした。
    私もこのシリーズを読んで初めて「信長の野望 戦国立志伝」を購入して今楽しんでいます。個人的にはあえて軍団長を断り続けて城主のまま、主家の天下統一を達成する遊びにハマっているところです。
    毎回キャラの掛け合いがとても笑えつつプレイ内容も参考になるもので感謝感謝です。

    • ほ~らく奉行所運営 より:

      コメントありがとうございます。与力です。なんとか面白い読み物をお届けできれば、と拙い文章を書いて参りましたが、これがきっかけで『戦国立志伝』お楽しみいただけている、という嬉しいお言葉を頂き、本当に嬉しいです。有難うございます。そうですね、家臣で遊ぶ場合には城主辺りの制限くらいがちょうど面白そうですね。私も機会を見つけて遊んでみようかと思います。今後とも当奉行所をよろしくお願いいたします。

  2. こん より:

    大友宗麟編お疲れ様でした!
    今回もキャラ付けがとてもおもしろかったです笑(ビジネス用語と平岡君が秀逸でした)
    冒頭の宣教師の手紙も楽しみにしてました!

    勘兵衛さんのラストの言葉で続編があるみたいなので、また期待して待っていますヾ(o´∀`o)ノ

    • ほ~らく奉行所運営 より:

      コメントありがとうございます。与力です。多数の武将たちを登場させた結果、区別の為にかなり強いキャラ付けをしてしまった所も有りましたが、お気に入り頂けたようで幸いです。平岡さんには何となくずっと使い続けてしまう謎の魅力が有りました。なお、官兵衛氏は何やら新企画という名の悪だくみをしているようなので、今後の当奉行所コンピューターゲーム方にもご期待下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up