1920 Wall Street/1920ウォールストリート(ボードゲーム開封編)

『1920 Wall Street/1920ウォールストリート』を開けてみた

「1920年9月16日、ダイナマイトを乗せた馬車が、世界で有名な金融区画を爆破しました。」

(説明書より)

12歳以上 2-5人 45分

ド直球なタイトル

ウォールストリート、ウォール街と言えば、アメリカはニューヨークの一画、世界の金融センターとして高名な街、ひいてはアメリカの金融業界や証券市場を指す地名として知られておりますが、それにウォールストリートにとっては特別な年号である「1920」を冠したのが、今回紹介する『1920ウォールストリート』です。デザイナーはスペインのP・リリストセラ氏、販売は同じくスペインのルーピングゲームズとなっております。

これまで金融、株式絡みのゲームはあまり選択肢に入れておりませんでしたが、Twitterなどで時おり流れてくる「なかなか面白い」という評価が気になっていました。そこでチョンマゲや忍者やクトゥルフといった得意の地盤から踏み出し、入手&開封という次第です。

1920 Wall Street/1920ウォールストリート
大変剣呑なパッケージアート。

トレーダーの中にダイナマイトを握った手が。証券取引所に持ち込めたとは。

1920 Wall Street/1920ウォールストリート
パッケージ裏面。

「2つの拡張が入ってます!」というアピールも。箱のサイズは約18.5×11.5×3.5㎝。横長になっています。

1920 Wall Street/1920ウォールストリート
開けてみました。

西&英語説明書とゲームボード、トークン類、カードです。

1920 Wall Street/1920ウォールストリート

2枚のゲームボード。両面印刷になっています。

1920 Wall Street/1920ウォールストリート

シルクハットをかぶった紳士なプレイヤートークンなど。

1920 Wall Street/1920ウォールストリート

ゲームの中心となるカード。110枚です。すべすべした手触り。

ゲーム前雑感

1920年9月16日は、ウォール街のJPモルガン社前で爆破事件が発生した日だそうです。死傷者400名以上を出したこの攻撃は、馬車に巨大な爆弾を積んで突っ込ませたという、現代ではテロによく用いられている、いわゆる「車爆弾」を、世界でも初めて使用したテロであったと言われています。

と、いう歴史的事件を操作するゲームとかではなく、基本的には株の価値を上手く操って、もうかる株を買い集めていく、という株取引ゲームになるようです。ただし、「爆弾」は大きな味付け、要素になっているようですので、そこは非常に楽しみなところです。それではいつも通り2人プレイで遊んでみましょう。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です