信長の野望 創造・戦国立志伝 テキストリプレイ 中級:真田信幸で家名を後世に遺す! Part.1

人間五十年 化天のうちを比ぶれば

1582年 本能寺は謀反の炎に包まれた! 信長は死に、信忠は切腹し、天下静謐は絶望的に見えた。だが、希望は死に絶えてはいなかった!

???「うーん…うーん…お館様…大河に出たければ越後から琉球を攻めろ…などと…あまりにご無体な…」
???「おい、今は寝ておる場合ではない。はよう目を覚ませ」
???「ん、んん? ……あれ? おや?」
???「信長が死んだぞ。武田を滅ぼした信長が死んだ」

信長の野望・創造 戦国立志伝
はっ、なーんだ、夢…か…?
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

おや、一徳斎(真田幸隆)…ではない。よう似ておるが。はて? んん?

真田昌幸「なぜお前の爺様がここで出てくるのだ。寝ぼけておる場合か」

うへえ、これはどうしたことだ。私は一体どこで何をしているのだ?

???「ニューゲームにござる」

ん? ん?

信長の野望・創造 戦国立志伝
新たな人生の幕開けでございますぞ
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

あ!…ああ、なるほど。つまり、新しい立場で戦国乱世を生き抜けってことか。まあ確かにもう一度やり直そうかとか何とか、ついこないだ言ったけどさ、急にこういう形で始まるわけなのね。先に言っといて欲しいなあ。

???「万事急で、申し訳ございません」

まあ、結構。んで、今はいつぐらいで、わしは誰なのだ?

???「只今は天正九年天下統一を目前とした織田信長が京の都で家臣の裏切りに遭い、あえない最後を遂げた直後でございます」

…うん、全然分からん。史実のわし(内藤昌豊)ってば、天正三年に討死しちゃったから、これは完全に初体験の時代だな。

信長の野望・創造 戦国立志伝
そして新たなお立場にござる。
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

???「シナリオは『天王山(1582年6月スタート)』。此度のあなた様は、真田安房守昌幸が嫡男、真田源三郎信幸として戦っていただきます。ゲーム難易度は中級、設定はデフォルト、仕える大名家はもちろん――真田家」

真田かあ。信濃と上州の一部しか持たぬ武田の家臣ではないか。この時代では大名なのか。押しも押されぬ天下の武田家が家臣という立場とは、全く異なる振る舞いが必要となりそうじゃ。

???「幸い、真田信幸は大河ドラマには絶賛出演中でございますので、無理に張り切って知名度を上げ、テレビ出演を果たそうなどというキャンペーンは必要ございません。無難に、堅実に乗り切ってください

う、うるさい! 元々左様なことはしておらんかったわい!

???「それでは、無事を祈ります。武運があれば、この時代でもお会いいたしましょう(ニヤリ)」

ふう。相変わらず空恐ろしいが……なるほど。大体把握した。しかし、よりによってまあ、美味しいところを全てかっさらっていった、真田昌幸の嫡男とはなあ……。とは言え、ぼやいても始まらぬな。なんだかあっという間に滅ぼされそうな予感もするし。

1582年6月 終わらない激動の最中より

昌幸「……ろう、源三郎。何とかもうせ」

おっと、これは父上。

昌幸「寝ぼけておる場合か。武田家にとっては仇敵とはもうせ、信長が天下を取ると見て、わしらは膝を屈したのだ。にも関わらず、斯様に早々と局面が変わってしまうとは。早急に手を打たねば、我ら真田が危ういぞ」

むう。寄らば大樹の陰、という選択は、おそらくは真田のような小勢力には正しいもの。しかし、その大樹が倒れた、となれば…

信長の野望・創造 戦国立志伝
つまり、新たな大樹を探さねば
(信長の野望・創造 戦国立志伝)

昌幸「そうじゃな。織田はもういかん。北条か、徳川か、上杉か…潮目を読んで、よい止まり木を探すことが肝要となろう。源三郎、早速北条に使いを出せ」

ははっ。…やれやれ、これはまた忙しく立ち回ることになりそうじゃのう。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です