SPACE MISSION(ボードゲーム開封編)

ボードゲーム愛好

『SPACE MISSION』を開けてみた

「西暦2342年、科学はめざましい進歩を遂げていました。ジャンプゲートの開発により、はるか彼方の惑星や銀河へ、すぐに到達することが可能になっています」(説明書より)

10歳以上 2-5人 30分

早い者勝ちな宇宙開拓ゲーム

SFテーマのゲームというのは、「ゾンビ」「クトゥルー」と並んで海外製でよく見かけるテーマです。で、テーマの重厚さやファンの思い入れなども影響するのか、比較的中身がみっちりと濃厚に詰まったゲームが多いと思っていましたが、2011年にドイツのSchmidt社から発売された、この『SPACE MISSION(スペースミッション)』は、どうやら割とお手軽に遊べるファミリーゲーム的な側面を持っているようです。

私自身は、さほど詳しくはないものの、緻密な世界設定と重厚なルールで再現されるSFは好きなのですが、それほど思い入れのない、あるいは小難しくて面倒くさそうと思てしまう人には、果てしなく意味不明なゲームになってしまいます(クトゥルー系のゲームに通じるところがありますかね?)。ですので、一緒に遊ぶ機会が多いプレイヤーに、ちょいとSFに興味を持ってもらうためにも、まず入り口として軽めのゲームを体験してもらいたい。

で、テーマに対して価格が比較的安価(3000円そこそこ)なのと、手軽に遊べるという2点から、これなら誰とでも遊べるSFゲームになるんじゃないかなあ、という目論見から、本ゲームの中古品を確保しておりました。

それでは、外箱と中身を見ていきましょう。

SPACE MISSION 箱表
パッケージ表面。

ジャンプゲートからいざ飛び出さん!としている宇宙船(たぶん)。

SPACE MISSION 箱裏
パッケージ裏面。

独・仏・伊・英・蘭語の説明書きがあります。日本語はなし。

SPACE MISSION 3D コマ
「3D」と大きくアピールされている宇宙船コマ。

幼稚園の頃、こんな形の消しゴムのオモチャがあったような(そしてやがて溶けて悲惨なことに…)。デザインは…好き好きでしょうね。まさに海外製って感じ。

SPACE MISSION 3D コマ
内容物の一部です。

手前が3Dな宇宙船コマ。これをみてはしゃげるかどうかは人によるでしょう。他に円形のタイルが13枚、カードが60枚、資源タイルが64枚、トークン100コなどが含まれます。惑星が描かれた円形のタイルは直径13㎝ほどあり、なかなかの迫力。

プレイ前雑感

実はなかなか遊ぶ機会が無くて、戸棚にしまわれていたゲームです。

美麗な惑星の絵が描かれたタイルを並べて表現される宇宙の上を、メーカーが自信を持って推す立体宇宙船コマが移動して進行するゲームは、なかなか見た目に楽しそうです。あとはルールの難易度ということになってきますが、原語説明書をみたら結構分厚くてびっくりしたものの、これは五か国語のバージョンがすべて含まれているから。実際にはA4両面印刷で2枚以内に収まる文量のようなので、難しいということはなさそうです。

さて、どんな宇宙探検ができるでしょうか。爆発とかしないといいな。

【関連記事】
SPACE MISSION(ボードゲームプレイ感想編)

Scroll Up