クエストREクエスト(ボードゲーム開封編)

クエストREクエストを開けてみた

「舞台はダンジョン! 挑むは冒険者! あなたは村人! 冒険者の生き残りに賭ける理不尽系デスゲーム」

(サークル名刺より)

10歳以上 2-4人 30分

ダンジョンに潜るの……?

代表作『ゲスラブ』2作でお馴染みのしらたまゲームズさんが、ゲームマーケット2017秋で頒布した新作『クエストREクエスト』のご紹介です。事前の情報では何やら某超有名3Dダンジョンゲームを彷彿とさせるような、ステキなグラフィックが公開されており、これは本格的なダンジョン踏破ゲームかな?と説明を読んでみたところ、なんとこれが一筋縄ではいかない、ちょっと立ち位置をズラした立場でダンジョン踏破を競うゲームになっておりました。これは中々面白い雰囲気で遊べるゲームではないかな、ということで、ゲームマーケットで予約&購入してまいりました。

クエストREクエスト
パッケージ表面。

サークル名にもなっている犬のしらたま君がモーニングスターを咥えてこちらを見ています。

クエストREクエスト
裏面。

冒険者向けの求人票的な内容ですね。箱のサイズは約10×7.5×3.2㎝。Made in Taiwanだそうです。

クエストREクエスト
内容物。

説明書、カード、チップです。

クエストREクエスト
カード。

ダンジョンカード、アイテムカード、冒険者カード、村人カードの4種類。冒険者は某大作RPGっぽさがあります。

クエストREクエスト
チップ。

しっかりとした厚みが有り、好感触です。

ゲーム前雑感

見た目から醸し出されるゲーム全体の雰囲気は、明らかに本格ダンジョンRPG。ですので、最初に見た時はダンジョン探索レース的なゲームかな、と思っていました。しかし実はゲーム中、プレイヤーは戦う冒険者の役をやるのではなく、冒険者の周囲にいる村人の役をつとめるという設定になっています。つまり、自分たちはダンジョンに潜らない。では何をするか?というと、冒険者をダンジョンに潜らせて、どの冒険者が数々のモンスターや罠を突破して帰ってこられるか、賭けレースをして遊んでるんですね。なんとまあ優雅な有閑村人なんでしょうか。ともあれ、そんな感じで冒険者たちの生死を予想してお楽しみ、な冷酷無比な村人たちによる娯楽ダンジョン踏破レース、出走のお時間となります。

クエストREクエスト
内箱側面にテレポーター(やばい)。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です