チケット・トゥ・ライド:オランダ拡張セット(ボードゲーム開封編)

チケット・トゥ・ライド:オランダ拡張セットを開けてみた

この拡張セットでは、無数の運河や川があり、それを渡るための橋が数多くある低地の国、オランダを舞台にしたプレイを楽しめます。

(説明書より)

13歳以上 2-5人 60分

オランダはやっぱり海抜が低い

ベストセラーゲーム『チケット・トゥ・ライド』、その拡張マップコレクション第4弾として発売されたのが、今回紹介する『オランダ拡張セット』になります。発売は2013年ですから、もうだいぶ前ですね。なお、スタンドアロンのゲームではなく、あくまで拡張セットの位置づけなので、遊ぶためには『チケット・トゥ・ライド』あるいは『チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ』が必要となります。

通常のゲームに、ヒトクセある追加ルールを噛ませてくる拡張セットシリーズですが、オランダにはどんな追加が準備されているでしょうか。さっそく箱を開けていきましょう。

チケット・トゥ・ライド:オランダ拡張セット
パッケージ絵。

チューリップ&風車といういかにもなオランダ描写。

チケット・トゥ・ライド:オランダ拡張セット
裏面。

和訳ルール付属版なので、箱裏説明に日本語はありません。箱サイズは約29.5×29.5×3.5㎝の正方形。

チケット・トゥ・ライド:オランダ拡張セット
箱を開けてみました。

説明書、ゲームボード、カード、トークンが入っています。

チケット・トゥ・ライド:オランダ拡張セット

だいたいお馴染みのカード類。

チケット・トゥ・ライド:オランダ拡張セット

このゲームのキモ、オランダらしさを演出するためのトークンです。

ゲーム前雑感

この拡張セットも当然『チケット・トゥ・ライド』なので、カードを引いて、線路をつなげて……という基礎の部分は全く違いはありません。ただ、その線路をつなぐところに、一つ頭をひねる要素が追加されている訳です。で、今回の舞台はオランダ。説明書にあるように、水路が無数に走る国土に線路を敷こうとすると、当然そこを横切るために橋を通らなければいけませんが、この橋いかに上手く通れるか、が駆け引きのポイントになってきます。さて、それでは早速遊んでみましょう。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です