ゴリ×夢中(ボードゲーム開封編)

『ゴリ×夢中』を開けてみた

「バナナ!」「バナナ!!」「バナナ!!!」

(説明書より)

10歳以上 2人 15分

バナナを巡る弱肉強食の争いとは

古典的名作ゲーム『ガイスター』風の2人専用ゲームだという『ゴリ×夢中』は、楠本舗(くすのきほんぽ)さんがゲームマーケット2017春に発表された作品です。

会場での販売価格は、ビジネスマン向けランチ1食分としてはアピール価格となるワンコインの500円。これだけでイベント会場で見かけたら思わず手に取り、買ってみたくなってしまうというものですが、決してお値段の話題だけで終わらない、遊んでみれば歯ごたえ十分というゲームに仕上がっています。それでは開封していきましょう。

ゴリ×夢中
表面。

ゲームはクリアファイルというかカードホルダーというか……にまとめて封入されています。

ゴリ×夢中
出してみました。

中身はゲームボード(シート?)、プラチップのゴリラ駒が22枚、説明書(A4)1枚となります。

ゴリ×夢中

愛嬌のあるゴリラ駒。△と□のマークが大切です。

ゴリ×夢中

上級ルールで使用するSP駒3種類。SPだけに気合の入ったゴリラです。

ゲーム前雑感

気軽に買える価格設定とお手軽さ優先のゲーム内容物といった趣ですが、こういった同人ゲームには、「ひとまずアイデアを形にして遊んでもらえるようにした」風体の、よくできた作品がある、ように思います。

今回紹介する『ゴリ×夢中』は、『ガイスター』の基本的な遊び方を踏襲しつつ、より考え所を増やしてやりごたえのあるゲームに翻案した、という点が特徴です。ルールを読んだ限りでは、追加されている要素がなかなかにユニークで、面白そうなゲームだと思われました。ということなので、さっそくいつもの2人プレイで楽しんでみます。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です