キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)(ボードゲーム開封編)

ボードゲーム愛好

『キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)』を開けてみた

「気をつけて! 巨人たちが山々から駆け下りてきています! 彼らは騒々しく、乱暴です!!」

(パッケージ裏面より)

8歳以上 2-5人 20分

その日、人類は思い出したかもしれない

『キングドミノ 巨人の時代』は、『キングドミノ』『クイーンドミノ』用の拡張セットです。デザイナーはゲーム本体と同じく、ブルーノ・カタラ氏。日本語版も同じくテンデイズゲームズさんから発売されています。

『キングドミノ』は2017年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作。分かりやすいルールとお手軽なプレイ感覚、“シンプル&エレガンス”な所が評価されていたゲームですが、そこに要素を追加するこの拡張セット。果たしてどのような試みがなされているのでしょうか。さっそく開封していきたいと思います。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
パッケージ表面

羊と戯れる巨人の図。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
裏面。

箱は自己主張の強いサイズをしており、約26.5×13×6cmという縦長サイズ。手触りは非常によい感触です。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
箱を開けてみます。

中身はみっしり詰まっているもよう。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
素敵なドミノ入れ

緩衝材に囲まれたこの箱は、ドミノ入れです。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
ドミノ入れを開けてみると…

このような感じ。マグネットが仕込まれているので、ピッタリ気分よく閉まります。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
追加されたドミノ。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)

ゲームのカギとなる巨人ミープル。大きめ。

ゲーム前雑感

わずか15分でサクサクと王国づくりが楽しめた名作『キングドミノ』の拡張セットですが、手にするまで、かなり難しい拡張になるのではないか……と思っていました。『キングドミノ』の良さは、何といってもプレイ時間の短さにも表れているお手軽さ。拡張ルールというのは要素を足す分、ルールが増えてしまうので、多くの場合プレイ時間は長引きます。ところが比較してみると、どうやら拡張を入れたとしても公称プラス5分で済むらしい。これなら許容範囲と言えるでしょうか。

一方で、『キングドミノ』の要素を増やす、という点では、『クイーンドミノ』という大型作品が既に存在しています。下手に拡張を入れて『キングドミノ』をこねくり回したゲームになるのであれば、『クイーンドミノ』を遊んでいた方が幸せ……ということが有り得る、と思われますので、この部分では若干不安を感じなくも有りません。

という訳で、はたして巨人は人類になにをもたらしてくれるのでしょうか。さっそく、いつもの2人で遊んでみたいと思います。

Scroll Up