キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)(ボードゲームプレイ感想編)

ボードゲーム愛好

『キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)』を遊んでみた

【関連記事】
キングドミノ 原題『Kingdomino』 開封編 感想編
クイーンドミノ 原題『Queendomino』開封編 感想編
【登場人物】

与力藩の買掛担当。足跡と言えば?「mixiにそんな機能ありましたよね」

奉行藩の決裁担当。足跡と言えば?「クトゥルフのボードゲームによく出てくる気がする……そして集まらない足りない……」

王国づくりを手伝ってはくれない。

奉行日本全国に伝承の残るダイダラボッチは、色々と手伝ってくれたと聞き及ぶがのう。こやつらは勝手にやって来て遊んでおるだけか。

与力王国のエンゲル係数が上がるだけなんで、まあ困りものですね。

この『巨人の時代』は、『キングドミノ』『クイーンドミノ』どちらにも追加して遊ぶことができますが、今回は『キングドミノ』と一緒に遊んでいきます。

奉行拡張を入れることで、一体どうなる?

与力増える要素は二つございます。確認してまいりましょう。

ゲーム開始時、拡張のドミノを基本のドミノに混ぜて準備を行います。拡張のドミノは、巨人が描かれたドミノ6枚と、巨人の足跡が描かれたドミノ6枚の計12枚です。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
巨人ドミノ。

与力巨人の描かれたドミノを自分の王国につなげることになった場合、巨人ミープルを1個、王国内にある王冠アイコンの上に置いて、潰さなければなりません。

奉行むむ。つまり、得点計算時に王冠が1個減るのか。厄介な。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
こんな感じで居座ります。

与力ちなみに、巨人がやって来た時に王冠アイコンが王国内に1個も無ければ、この効果は無視します。

奉行なるほど。潤っている王国にしか興味は無いということか。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
足跡ドミノ。

与力足跡が描かれたドミノを自分の王国につなげた場合、王国内にいる巨人ミープル1個を、対戦相手の誰かの王国に移動させることができます。

奉行ははぁ。巨人の移住が発生する訳じゃな。

与力移住してきた巨人は、同じように王冠アイコンを1個潰してしまいます。

奉行要するに厄介モノを押しつけるためのドミノ、という訳じゃな。

世界の真実もドミノで決める。

ゲーム開始時の処理はもう1つ有ります。クエストタイルをよく混ぜ、ランダムに2枚引きます。ゲーム中、そのタイルに描かれているクエストの条件を満たすように王国をつくれると、最後にボーナス得点を得ることができます。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
各種クエストタイル。

与力基本ルールだと、「城が王国のど真ん中にあると10点」とか、「ドミノを1枚も捨てなければ5点」というボーナス得点が得られる選択ルールが有りましたよね。

奉行あったな、そういえば。

与力あれを拡張して、より色々な手段でボーナスが入るようにしたのが、このクエストタイルです。

奉行ほう。つまり、毎回ボーナス得点のルールが変わるから、ゲームごとに異なる味わいでプレイを楽しめる、とそういうことか?

与力恐らくは、そんなところでしょうな。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
ドミノの並びはちょっと変わる……

なお、この『巨人の時代』には5人目のプレイヤーが参加できるコマのセットが入っています。これに伴い、ゲーム進行中に行うドミノの並べ方が少し変わりました。

ドミノの列は必ず5枚を並べ、プレイ人数に応じてそこから決められた枚数のドミノを捨て札として、列を決定します。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
ドミノはドミノ入れ下部のスリットから取り出せます。

与力2人、もしくは4人で遊んでいる場合は、3番目のドミノを捨て、3人なら2番目と4番目のドミノを捨てます。

奉行ふむう、そこで出てこなくなるドミノもある訳か……。

与力ちなみに、巨人ドミノは列の上の方、足跡ドミノは下の方に並びやすいようになっているので、拡張の要素が捨て札のせいで出てこなくなる可能性は、やや低くはありますね。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
初戦。奉行は上手く巨人の居住場所を制限して勝利。

奉行ふむふむ……意外とボーナス得点が大きいな。これを注意せねば……。

与力どうもこの巨人の表情にイラっときますなあ。駆逐してやりたい。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
「そう言わずに、一緒に遊びましょうよ」

与力ボーナス得点が勝負の行方を分けそうですなあ。やはり。

奉行一見役に立たなさそうなドミノも、条件によっては高い得点を生み出すのは面白い。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
二戦目。奉行が上手くボーナス得点を稼いで競り勝った。

与力くそう、巨人め!

奉行その、なんだ。ナントカ機動で巨人と戦いたければ、まさにそのものというゲームがあるからな。そっちでやるがよい。

『キングドミノ 巨人の時代』【ここがイカス!】

奉行超面白い。

与力いきなりそんなに褒めて大丈夫ですか。

奉行『キングドミノ』は手軽さがウリだが、ちとシンプル過ぎるきらいはあった。とはいえ、ゴチャッとした要素追加をしてしまえば、ウリが消えて、別に『キングドミノ』で遊ばんでもいいわ、となりかねぬわな。

与力仰る通りです。その点『クイーンドミノ』は、そのバランスを上手く取っていたと思います。

奉行だが、この拡張はそれよりも小さな変化で『キングドミノ』の良さを広げたと思う。

与力なるほど?

奉行巨人はまあ分かりやすいな。ドミノの奪い合いにプラスして、相手の王国に介入する要素を増やした、という。いわば直接攻撃手段の追加と言えようか。

与力得点が分かりやすく減りますね。

奉行それ以上に良かったのがクエストタイルじゃな。まあ得点の条件が変わる、というのは色々なゲームで見るのじゃが、『キングドミノ』の場合、これが追加されることによって、2つ新たな地平が開けたように思う。

与力ほほう。それはどのようなものでしょうか。

奉行一つは、「無駄なドミノが減る」ケースが増えたということ。完全に要らぬドミノのように見えて、クエストタイルによっては5点にも10点にもなったりする。従って、そのドミノを取ってもいいや、という判断になる。

与力ははあ。

奉行もう一つは「綺麗に並べなくてもいいか」という感覚じゃな。ルール上、どうしても同じ地形を綺麗にまとめて大きくしたかった訳じゃが、ある程度強引に多少見た目が悪くとも、クエストタイルの条件を満たせるならば置いてしまった方がよい、という判断もできるようになった。変な所に王冠を孤立させてしまっても、巨人封じに使える手段になったりするしな。

与力ふむふむ。そうしますと、どうなりましょう。

奉行簡単に言って、プレイ感がだいぶお気楽になった気がするのよ。実際問題、今回のプレイ時間は15分で終わっておるぞ。2ゲーム遊んで30分弱、じゃ。拡張入ったにも関わらず、のう。

与力確かに、時間は短かったですね。

奉行もちろん今回遊んだクエストタイルの巡りが良かったとか、もっと考えて巨人を押しつけあったりしないと、ということも言えようが、我々の遊び方だと、ルールが増えたらプレイのお気楽度も増した、という面白い感触を得たな。

与力“我々の”ってところは肝心ですね。お互い、あんまり長考しないですもんね。

奉行巧遅は拙速に如かず、などと格好をつけておくか?

『キングドミノ 巨人の時代』【ここはちょっと……】

与力巨人の顔をじっと見ていると、イラつきますね。

奉行心底、無邪気に遊びに来たように見える。計画的に進んできた時に、この顔で来られるといらっとするな。

与力まあ、それはともかくとして。何かありますか?

奉行褒めはしたが、クエストタイルの得点が強すぎるような気がせんでもない。

与力確かに、そういう感じはありましたね。

奉行2戦ともにクエストタイルで勝敗が決まったからな。これを大味と見るかどうかは、分かれるところか。

与力ダイナミックさが増した、と前向きに捉えたいところでしょうか。

奉行クエストタイルの巡りによって感想は変わってくるだろう。あとは4人とか5人とかで遊ぶ環境だとどうなるかじゃが、こればっかりは皆目見当もつかん。うちはいつもの2人プレイだしな。

与力当奉行所の深刻な問題ですね。

奉行ちなみにわしは、向後『キングドミノ』を遊ぶのであれば、この拡張は是非入れたいと思う。『キングドミノ』よりもエキサイティング、かつ『クイーンドミノ』よりも頭を使わずに遊べるぞ。手軽に遊べるゲームとしては、非常に素晴らしいバランスだ。

与力ちょっと、べた褒めですか。ここは「ちょっとね……」って話をする箇所ですのに。

奉行そのくらい気に入った、ということでここは一つ。

キングドミノ 巨人の時代(キングドミノ拡張)
基本と拡張、ゲーム棚に並べるのが難しいのは困りもの、か?

奉行お主、『巨人の時代』と聞いて、どうせV9時代とか思ったのであろう?

与力んー、どうでしょう。ややもすると、そういう連想ができるかもしれませんねえ。ええ。

Scroll Up