ゲームマーケット2018秋 カタログ見て雑談

ボードゲーム愛好

石油王が7億くらいくれないかな、と呟きつつ

【関連記事】
ゲームマーケット2018春 カタログ見て雑談
【登場人物】

奉行藩の決裁担当。カタログはとりあえず索引で飛んじゃう派。

与力藩の買掛担当。カタログは頭からじっくりと読み込む派。

11月に入りまして、全国規模で見れば年に3回、首都圏で考えれば年2回の「国内最大規模のアナログゲームイベント」ゲームマーケットの季節が近づいて参りました。冬に向かいますこの季節は何となく肌寒い、年末年始の行事を考えますとお財布も寒くなる、でもゲームマーケットのカタログを見ると気持ちは何やら温かくなってくる、なんてことを昔から申しまして……

奉行オチの無さそうな枕話は止めてもらってよろしいか。

与力はい、すいませんでした。そういうことで、春にもやった「カタログを見て当日までウキウキしておく企画」をやろうと思うんです。

奉行今回もまた分厚いカタログじゃな。約1.2cmじゃのう。

与力ちょっとした通販のカタログくらいにはなりましたね。見応えがあります。

奉行見落としの無いよう、注意しなければならぬがな。で、今回も1日だけか?

与力はい。日曜日は行けなくて悔しいのであえて見ません。従いまして、以下の条件で気になったゲームをピックアップします。

①24日(土)に手にすることができる。
②2人から遊べる。
③与力の直感に反応した。

奉行いつもながら③に大変な不安を感じる。チョンマゲとクトゥルフで溢れかねない。

与力でも前回もうまいこといいゲームに出会えたじゃないですか。大丈夫ですよ、任せてください。

①Welcome to...日本語版(Engames A23)

詳細情報:世界のボードゲーム情報サイト

大人気紙ペンゲームが日本語版で発売。1950年代のアメリカで理想の住宅街造成に挑む。

与力『ガンシュンクレバー』と並んで、紙とペンを使う「紙ペンゲーム」の人気作品だったのですが、日本語版になって価格もお求めやすく流通することになりました。

奉行おお、良いことずくめじゃな。……だがそこは『ガンツ・シェーン・クレバー』と表記せぬでよいのか?(小声)

与力気になされますな(小声)。ちなみに、前回購入した『ペーパーテイルズ』の拡張も準備されているそうですので、これも期待しましょう。

奉行富山方面への祈りを欠かさなかった成果やもしれぬ。

与力そうかもしれません。「僕がトイレに行くと必ず岡本がホームラン打つんだよ」的な勘違いだとは思いますが。

②交響曲第9番(Moaideas Game Design A32)

詳細情報:ゲームマーケット公式サイト

クラシック作曲家のパトロンとなって楽譜を完成させ、利益と名誉を得よう、的な。

与力先のエッセンシュピールでは評価を得ていたゲームのようです。クラシック楽曲を完成させよう!というテーマは見たことなかったですね、ということで。

奉行珍しいテーマではあるな。これは台湾のメーカーさんのゲームか。

与力はい、目の付け所がシャープですよね。

奉行それが言いたかっただけではないのか……。

与力(無視)台湾メーカーは今回もたくさん出展されるようなので、よく見て回りたいと思っています。

③メックメイカー(Proto Craft B21)

18個に及ぶ腕・胴・脚パーツを組み合わせてロボットをつくり、バトルするゲーム。カッコカワイイ立体コマに大注目。

奉行これは写真を見るだけで製作の労力がしのばれるというもの。

与力立体物は大変ですよね、実に。ゲーム的にはPC-98の『ロボクラッシュ』とか思い出す感じでしょうかね。

奉行PC-98? わしには分からんな……。

与力ちなみに現段階で取り置き予約は払底(2次受付はあるかも?)という人気ぶりです。

奉行この内容物では、そんなに大量の増産はできまいて。デザイナー殿の過労がなにより心配になるゲームかもしらん。

④ワードスナイパー“エクストリーム”(リゴレ B31)

詳細情報:ゲームマーケット公式情報

大人気『ワードスナイパー』のお題に冠言葉をくっつけるミニ拡張。より頓智を効かせた回答が求められるのか?

与力はい、『ワードスナイパー』ですね。我々は幸いにしてかなり早くから色々拡張展開の話題をうかがっておりましたが、こういう形で出てきました、という。

奉行ほおほお。これは年齢層高め向けだが、また面白いゲームになりそうな。

与力なお、小さなお子様向けの『ワードスナイパー“ファミリー”』、自分でお題カードを作成できる『ワードスナイパー“ブランクカード”』も同時発売予定だそうです。

奉行だいぶ広げてきたのう。やるな、ノブ店長。

⑤宇宙(そら)逃げろ(ゲームNOWA E26)

詳細情報:ゲームマーケット公式

協力型のすごろく系ダイスゲーム。パッケージの脱力系な絵からは(たぶん)想像もつかないほど凶悪な宇宙人から、全プレイヤーが逃げ切ることを目的とする。

奉行凶悪なのか。このご面相で。

与力らしいです。すでに遊ばれた方の体験談などを拝見する限りにおいては、ルールも結構きつめだそうで。

奉行ほほう。協力ゲームは成功しすぎても失敗しすぎてもよろしくないからな。ちょっときついくらいの評価の方が、期待感は高まるのう。後、タイトルがひねっているな。

⑥タイムトランクマン(東京ゲームメイカーズ E53)

時空をかけるエージェントとなり、3つの時代の東京を時間旅行しながら、トレジャーハントを行う。

奉行『タイムトラベラーズ』?

与力トランクです。トランク。Twitterを拝見すると、だいぶビジュアルが分かるようになっておりますので、イメージも湧きやすいのではないでしょうか。

奉行なかなかすっきりしたデザインじゃな。トランクの意味合いが気になるところだ。

⑦マメィ(HOY GAMES E79)

詳細情報:ゲームマーケット公式

農家となって豆を手に入れ、うまく組み合わせて売却しよう。一番稼げた農家が勝者になる。

奉行マ、メィ!

与力どうしました、気が触れましたか。

奉行いや、なんだか良い響きのタイトルだなと思って。口に出したくなった。

与力今回はタイトルにこだわってますね? ホビージャパンから発売された『老師敬服』を制作されたサークルさんの新作ですね。

奉行絵の可愛さが際立っておるが、その説明だけ聞くとシンプルじゃな。

与力うーんと、遊んだことのないシステムのゲームなんですよ。「ウィンストンドラフト」って方法でカードを集めるらしいんですが、これがすごく気になっています。

奉行ドラフトという単語に引っかかっただけではないのか?

与力そのドラフトは無事終了しましたから。

⑧ジュエルディガー(するめデイズ F38)

詳細情報:ゲームマーケット公式

配置されたタイルが裏返るという新基軸が看板。宝石ハンターとなって、より多くの得点コインを集めろ。

奉行パネル配置ゲームか。『カルカソンヌ』『キングドミノ』とかと同じなのかな。

与力配置したパネルがひっくり返って地形の変化が発生すること、2-4人のプレイヤー人数によってゲーム性にも変化が生じることが特徴的ですね。

奉行なるほどのう。簡単なゲームでありながら、戦略性が高い……。

与力バチッとハマると、のめり込んじゃうタイプのゲームでしょうかね。

まだまだチェックして楽しませていただきます

与力と、メーカー・同人問わず8作品挙げさせていただきました。

奉行今までと比べて、やや少なきに失する感も無きにしも……

与力情報収集が甘いとか、情報公開がまだ、とかで、コメントできないゲームについては扱っておりませぬ。まだ、いくつか気になるものはございますね。ですので、加筆修正させていただくやもしれません。ここからですぞ、お奉行。

奉行まあよろしくやってくれい。ただし”頑張って沢山チェックしたね賞”が授与されて、財布の紐が緩くなるわけではないからな。勘違いするなよ。ちなみに、相変わらずネコは多そうか?

与力ネコ、お手軽心理戦、正体隠匿というようなゲームは、鉄板で多いと思いますよ。

奉行会場でどれだけ会えるか、楽しみじゃな。

追加で2つ、あげさせていただきます(11月14日追記)

与力はい、先の宣言通り、気になるゲームを2つほど追記させていただきたいと思います。

奉行なんだ、本当にやるのか。

与力と申しましても、すでに各所で話題になっておりますので、今さら感も無くはないですが、これはやはり外せないと存じましたので、我らとしても挙げておこう、ということで。

奉行よし、では申し述べてみるがよい。

⑨はっけよいとネコ(米光と優秀なゲームデザイナーズ E67)

詳細情報:はっけよいとネコ

春のゲームマーケットで話題となった「はっけよいゲーム」のスピンオフ。土俵にネコが乱入する要素が追加され、未来SF相撲ゲームに進化した。

与力「はっけよいゲーム」が非常に高く評価されていたので、遅ればせながら今回のゲムマで入手しようかなー、などと思っていたら、新作がアナウンスされていました、という。

奉行しかもネコゲームとは。しかし、未来SF相撲ゲームとは?

与力普通、土俵にネコは入ってきませんからねえ。そこがSFなのでは。

奉行左様か。「ああ播磨灘」的な奇想天外な展開の相撲を想像してしまったわい。

⑩ラララうちゅう(イマジンゲームズ K49-50)

詳細情報:ゲームマーケット公式サイト

地球に不時着した宇宙人が、仲間を探すのを手伝おう。わずか6手でゲームセットのセットコレクション。

奉行なんだか色々とかけているタイトルだと思うが、え、6手番で終わるゲーム?

与力です。サークル公式ホームページによりますと、『51』というトランプゲームに着想を得て作成されたゲームだそうで。

奉行ふむむ。対象年齢は6歳から。そして何度も遊べる系統のカードゲームと。

与力こういうゲームほど、鋭いキレを期待してしまいますね。

ということで、気になる10作品となりました

与力以上、2作品を追加させていただきました。

奉行まだ気になるゲームは出てきそうか?

与力実は当日までもう10日をきるんですよね。ですが、ここからさらに情報が追加されることもあるかもしれませんし、カタログや公式ホームページをもっと読み込めば、あるいは……

奉行よい、気が済むまで頑張ってくれ。

Scroll Up