ゲームマーケット2019春 カタログ見て思案

ボードゲーム愛好

カタログとスマホ片手にうんうん唸る日々です

2019年5月25日、26日の二日間にわたって、初夏を感じることでお馴染みのゲームマーケット春が開催されます。皆さまご存じ、日本最大級のアナログゲームイベントですね。今回はここ最近お世話になっていた東京ビッグサイトではなく、新たに建てられた東京ビッグサイト青海展示棟での開催となっているのが最大の目玉でしょうか。そして青海に行こうとして青梅に行く人がどのくらい現れるのか、というのが最大の見どころになるのでしょうか。いや、そうではなく、今回も発表されている魅力的なゲームの数々に注目していきましょう。この中からきっと日本のゲームシーンを席巻する作品が現れるはず……という期待感を以て、公式カタログをめくったり、公式サイトを流し見しながら、気になったゲームを挙げていきたいと思います。

(注意事項)

*ゲームのチョイスには与力の個人的趣味嗜好が強く反映されています。
*2人プレイが基本な当奉行所の性格上、“プレイ人数3人から”の作品は優先度が低くなっております。

①『フラゼッタ』 フリージアエンタープライズ(エリア22)

惹かれた理由は絵です、絵。“190cm、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマン”といった風体の男性が前面に押し出されたゲーム。この非日本的なところが素晴らしいです。それもそのはず、『コナン・ザ・グレート』などのアートワークを手掛けたフランク・フラゼッタ氏の絵なんですね。それだけでコレクションとして飾っておきたくなる感覚。

ゲムマ公式ページはこちら

②『ネビュラ』 ジーピー(エリア23)

タフなゲームデザインで知られるマーティン・ワレス作のゲームを日本語化。一部トークン類の材質を見直すなどで、普及価格で販売されることになったそうで。つまりおトクってことらしいです。ゲーム内容については詳しく言及しておられるサイトが既にありますので、以下ご参照ください。
※ふうかのボードゲーム日記 ヴィア・ネビュラ
※ニコボド ゲーム紹介『ヴィア・ネビュラ (Via Nebula)』

③『猛獣記』 Taiwan Boardgame Design(B02)

既出のゲームですが、元ネタが不思議話の宝庫『山海経』である、ということを知ったので、興味アリです。

ゲムマ公式ページはこちら

④『アクロス・ザ・ユナイテッドステイツ』 OKAZU brand with H(B15)

日本最高峰のゲームデザイナー・林尚志氏の手による新作です。株&ネットワークゲーム構築の鉄道ゲームということですが、要素的にそれだけではないような。とは言え何より箱絵がおっさん。ヒゲのおっさんがアピールするゲームにハズレなし。

ゲムマ公式ページはこちら

⑤『時代劇3600秒』 蒼猫の巣 出張所(C06)

かつてクセの強いゲームを次々と発表されていたKing’s Courtさんの作品である懐かしの名作をリメイク発売。個人的にも、浅草で開催されていたゲームフェスティバルへ出かけるきっかけとなったゲームなので超欲しい。誰もが知ってるお馴染みの時代劇が訳分らんことになるゲーム展開は、一度は体験しておいて損は無いと思います。

ゲムマ公式ページはこちら

⑥『ワードスナイパーイマジン』 リゴレ(D12)

ワードスナイパーのスタンドアロンな拡張。安定の手軽さと面白さです。当奉行所でも特集しておりますので、よろしければご査収ください。

ゲムマ公式ページはこちら

⑦『ダンジョンマーケット』 spiel.jp(G41)

初出は2018年12月の北海道ボドゲ博0.5。ゲームマーケットでは2019大阪で登場しており、東京開催のゲームマーケットには初見参ですね。セットコレクション型ダンジョン探索……ではなく戦利品売却ゲーム? ダウンタイム無し、を標榜しておられるのが非常に好印象で、既に受賞歴もあり、安心して楽しめそうなゲームです。

ゲムマ公式ページはこちら

⑧『ワードミノ』 ゲームNOWA(K05)

なんとなく「ワードゲームというとカードゲーム」という印象がありますが、この作品はそこをドミノで表現してきた、という作品。楽しませてもらった『宇宙逃げろ』同様、誰でも遊べるゲームという感じがしますが、どうでしょうか。

ゲムマ公式ページはこちら

⑨『三津浜』 タルトゲームズ(S10)

競りゲーム、そして日本の競りと言えば魚市場。愛媛の港町を舞台に熱い魚の競り合戦が楽しめるという作品です。しかしなにより「2人もおすすめ」ということなので、それを言われたら当奉行所的にはマストバイ。ていうかゲムマになるとやたら魚系のゲームが気になるのは、なぜ?

ゲムマ公式ページはこちら

⑩『アークドルルーアの冒険』 シャオキッズ2(V31)

超絶難度の1人用ゲームなんだそうですが、これは「GO!」「アカン!」のアレですね?

ゲムマ公式ページはこちら

……と、キリ良く10作品を挙げてみました。個人的な好み優先で反射的に選んだ作品ばかりなのですが、さらなる情報の取得・精査によって、「あ、これも面白そうかも」という作品が当日までに増えそうな気がしてます。引き続き、各種続報に期待しつつ、カタログを枕の下に入れて寝たりして、楽しいゲームに出会えるよう努力してまいります。それでは、また。

Scroll Up