【ポケモンGO】行き当たりばったりにプレイする(21)

祝・10kmたまご入手

前の記事で「いまだに10kmのたまごを見たことがない」と書き散らした結果、直後に10kmのたまごを手に入れました。同人界隈で「描(書)けばドロップする」という表現があると思いますが、まさにこのこと。

「10kmたまごは紺色なんだな、うへへ~」などと浮かれつつ、孵化装置にセット。往復4kmの道のりを歩くなどして、無事に孵化させるところまで持ってきました。ふっふっふ。新しいポケモンとまではいかなくても、レアなポケモンが孵ってくれたら万々歳ですね。

そして時は来ました。

いざ……!

Pokémon GO
カイロス
(Pokémon GO)

私もいい年ですので、スマホを投げて八つ当たりをするような、大人げない行為はしません。物に当たるのは良くないことですし、スマホも壁も傷ついて結局後悔する。ゆえに、心の中でだけ思いっきり投げます。ハンドボール投げ記録は万年10mという現実すら打ち砕き、それはそれは見事にバランスの取れた投球フォームで。

さすがに。

さすがにこれは悔しい!!

勢い余って「ポケモンGO 10km たまご」で検索してみたんですが、堂々、唯一の「ハズレ」の勲章を得ていますね(下記参照)。見なきゃいいものをわざわざ見る、愚かな性分です。ごめんねカイロス。君は悪くない……。

10kmタマゴのポケモンの当たりランキング

でも、金銀が実装された後にも関わらず、初めての10kmたまごで、なぜカイロスなのか。その理由は神あるいはナイアンテック社のみぞ知る、といったところでしょうか。前回の記事では、たまごと同時に起動画面のエレキッドのことを書いたのに。もしやこういう打算的な気持ちが、このような結果を招いたのでしょうか。物欲センサーを搭載しているのはカプ〇ンだけで十分ではありませんか。

こうして傷心を抱いた私は、とにかく誰かに慰めて欲しかったため、カイロス大好きな虫取り中年こと夫にスクショを送りました。結果、「強い」と、ただ一言だけ返信が来ました。CP1500オーバーというステータスは、我々にとって賞賛すべきことであるとは分かっています(※注1)。しかし、明日の弁当は『二段とも白米のみ』にしてやろうか、と思った私は許されるでしょうか。

注1:どちらもレベル20~21のプレイヤーのため、CP1000以上のポケモンは、おしなべて「強い」と表現しております。世間一般の認識と沿わない可能性がありますが、ご了承ください。

新しく捕まえたポケモンとか

捕獲:なし
進化:ピクシー、ニドキング
孵化:でませんでした

レベル:21
リザードンに進化するまで:残り飴53個

恨み言をいいながらボックス整理をした結果、飴が溜まっていたため、二匹を進化させました。ちょっとでも進捗があって嬉しいです。

スポンサーリンク

投稿者:きんこ

「筋トレが嫌い」な人間が「体のことを考えて筋トレを継続して取り組むコーナー」の担当者です。2017年は、諸事情から色々とお休みしていましたが、そろそろ復帰に向けて頑張ります。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です