ケルトダイス 原題『Keltis - Würfelspiel』(ボードゲーム開封編)

ボードゲーム愛好

ケルトダイス(原題『Keltis - Würfelspiel』)を開けてみた

8歳以上 2-4人 15分

今度はダイスで『ケルト』!

『ケルトダイス』は、その名の通り、サイコロを使った『ケルト』のスピンオフゲームとなっています。当ほ~らく奉行所では三つ目(ケルトタイルケルトカード、これ)のご紹介となるケルトファミリーの一つです。

人気ゲームはとりあえずダイスを使ったゲームにリメイクされる、というのが昨今の流行…という話がありますが果たして。そしておおよそダイスゲームになると、プレイ感が軽くなり遊びやすくなる一方で、若干運頼みの要素が強くなるというイメージがありますが、本作はどんな感じでしょうか。

四角い箱が独特

それでは、中身を見ていきましょう。

ケルト・ダイス 箱
ケルト・ダイス 箱

四角い箱。写真の腕が悪くて申し訳ありませんが、コンパクトな大きさではありますが、立派な立方体のようです。ダイスらしさに溢れます。
なお、ケルトファミリーお馴染みの緑色は健在。

ケルト・ダイス 盤面①
ケルト・ダイス 盤面①

組み立て式のミニボード。この上でゲームを進めます。

ケルト・ダイス 盤面②
ケルト・ダイス 盤面②

ボードは両面式で、たぶん難易度的にノーマル、ハードを選択して遊べるようになっています。

ケルト・ダイス 内容物
ケルト・ダイス 内容物

内容物を展開。専用ダイス5個、木製コマ4色×4個、願いの石チップがたくさん入っています。

プレイ前雑感

とりあえず収納しづらい箱(厚みが)…というのが第一印象ですが、内容物的にタイル、カードで見られた数字並べとはちょっと違うゲームになっていそうです。自分の前に数列を作っていくのではなく、ボード上の列を人より先に進んでいく、といった感じになるでしょうか、と期待させてくれます。

という訳で実際に遊んでみます。

Scroll Up