ゲームマーケット2018春(1日目)に行ってきた。

ゲームマーケット2018春1日目に行ってきた。

【関連記事】
ゲームマーケット2018春 カタログ見て雑談

【登場人物】

与力藩の買掛担当。昔は子どもの日(の柏餅)にときめいたんですが、今日は楽しくゲムマに参加(9回目)。

奉行藩の決裁担当。今回もお留守番。

ゲムマ2018春
いつものビッグサイト。

5月5日は端午の節句であり、2回目となったゲームマーケット土日2日間開催の初日であります。開催される以上においては、そりゃ出かけざるを得ないよなあ、ということで、今回も初日の5日(土)に行って参りました。会場はお馴染み東京ビッグサイトですが、いよいよオリンピックイヤーの会場確保はどうすんでしょ感も薄々。詳しい方、教えてください。

ゲムマ2018春
会場入り口へ到着。

さて、今回は先行発売されていたカタログを見せるだけでは入場できず、カタログ付属の引換券と、入場パスという名の冊子との交換後に入場となります。当方到着時は受付は空いていましたが、朝イチはどうだったんでしょう。気になります。

会場入りは11時過ぎでしたが、足を踏み入れてみるとまず最初に目に飛び込んできたのは主催のアークライトさんのブース。そして発売予定のゲームの中に、こんなものが。

ゲムマ2018春
『ライジングサン』。この、やりすぎジャパン感。

この絵だけでもうこのゲームは我々のために発売してくださってありがとうございます、と言いたくなります。対応人数3人から~なので、購入候補としてはだいぶ後ろの方に回りますが……。

今回の会場は西3、4ホール。「おっ、結構落ち着いてるな」という印象…と思ったら、行列が集中しておりました。特に『桜降る代に決闘を』の新版を求めるBakaFire Party さんの待機列、『Blade Rondo』を発売したDOMINA さんの待機列、テンデイズゲームズさんの一口500円くじ引き列の人が多かったでしょうか。ですので、行列が消化されるにつれ、会場内の混雑度合いは増していったように思います。あくまで体感ですが。

また、開始一時間の内に既に売り切れてしまっていたゲームも散見され、最初の争奪戦は大変だったのかもなあ、と、何となく想像しつつ、欲しかったゲームがその中に含まれていた残念感を噛み締めつつ、ブースを眺め歩いた次第です。

ゲムマ2018春
重大発表を始めるらしい。

今回個人的にこれは凄いなあ、と感じたのは大型ブースで、これまでのアークライトさんやすごろくやさんに加え、ディアシュピールさんの『privacy』プレイルームや、BakaFire Party さんのゲーム紹介ステージなどがどーんと設置されていて、大変に華やかさが増しておりました。こういうブースが増えてくると、会場の大型化の甲斐があった、というところでしょうか。

ただまあ相変わらず一瞬自分がどこにいるんだか分からなくなるのは、大型会場のつらいところ。前回は各所に上がっていた目印用のバルーンが設置されているのを見かけなかったように思いますが、見落としてたんでしょうか。

購入してきたもの一覧

さて、肝心の購入してきたゲームをご紹介。カッコ内は購入したブース名となります。

『ペーパーテイルズ日本語版』(Engames)

『ペーパーテイルズ日本語版』(Engames)
『ペーパーテイルズ日本語版』(Engames)

『ヴォーパルス』逆輸入版。今回一番楽しみなタイトルです。箱絵のファンタジー感が素敵ですね。

『もっと私の世界の見方』(テンデイズゲームズ)

『もっと私の世界の見方』(テンデイズゲームズ)
『もっと私の世界の見方』(テンデイズゲームズ)

当ブログ記事でも人気の『私の世界の見方』の拡張です。シンプルにお題カードと言葉のカードだけがぎっしり詰まっています。

『1920ウォールストリート』(ゲームストアバネスト)

『1920ウォールストリート』(ゲームストアバネスト)
『1920ウォールストリート』(ゲームストアバネスト)

何気に個人的にはあまり遊んだ記憶が無いジャンルである株取引ゲーム。

『フロム:バタヴィア』(COLON ARC)

『フロム:バタヴィア』(COLON ARC)
『フロム:バタヴィア』(COLON ARC)

こちらも期待の作品。同ブランドの『ヌビア』同様、分厚い正方形箱のゲームということで、遊びごたえがありそうです。

『鮪づくし』(しのうじょう)

『鮪づくし』(しのうじょう)
『鮪づくし』(しのうじょう)

マグロ、ご期待ください。

『平成終了のお知らせ』(サザンクロスゲームズ&TDS)

『平成終了のお知らせ』(サザンクロスゲームズ&TDS)
『平成終了のお知らせ』(サザンクロスゲームズ&TDS)

時事ネタ系ゲームですが、まさに時代の節目ということで、貴重なゲームになるのではないでしょうか?

『水滸伝マラソン』(温泉駅伝/水滸伝マラソン BUDAcafe)

『水滸伝マラソン』(温泉駅伝/水滸伝マラソン BUDAcafe)
『水滸伝マラソン』(温泉駅伝/水滸伝マラソン BUDAcafe)

『水滸伝』の好漢たちがなぜかマラソンをするという不思議な設定のゲーム。

『怪物パーティー』(をしだや)

『怪物パーティー』(をしだや)
『怪物パーティー』(をしだや)

”ワンコインゲーム職人”とお呼びすべきか、をしだやさんの脱力感と味のあるイラストが魅力的。

以下は無料配布の品々をいただいて参りました。

『ゲスラブキャラコレ 2018・春』(しらたまゲームズ・他)

『ゲスラブキャラコレ 2018・春』(しらたまゲームズ・他)
『ゲスラブキャラコレ 2018・春』(しらたまゲームズ・他)

会場を巡って『ゲスラブ』で遊べる全16枚のカードを集める企画。ゲームシステムからすれば拡張カードな訳ですが、これがなんと無料配布。まあ集めるしかないですよね。

『シノビエンパイア』アクリルチップセット(フリーキーデザイン)

『シノビエンパイア』アクリルチップセット(フリーキーデザイン)
『シノビエンパイア』アクリルチップセット(フリーキーデザイン)

当奉行所記事でもレビューした『シノビエンパイア』(宜しければコチラからどうぞ)。イラストが大変美しいお手軽カードゲームですが、紙製チップが若干頼りない感じがありました。それを解消する素敵アイテムが限定数で、なんと驚きの無料配布。これはもう感謝して押しいただくしかありません。

今回の懺悔とか

奉行ふむふむ……で、今回もわしは行けなかったが、お主としては後悔無し、なのかな?

与力いいえ、全然。

奉行また何かやらかしたのか……。

与力仕方がなかったんですよ……いくつか買い逃したゲームがあります。売り切れで。とは言え、実は久しぶりですね、この売り切れしょんぼりパターンは。出足が早い熱心な方が、いつもより多かったのでしょうか?

奉行何を言う。競争率が高いゲームなのに、お主の予測が甘くて油断しただけじゃな。ま、縁が有ればいつか出会えるであろう。他には何か感想はあるか?

与力相変わらず、美麗なイラストが前面に出ているブースは強いような気がしますねえ。やっぱり会場が広いぶん、つい速足で回ってしまいますから、目を引く何かがあると、足を止めやすいのは確かです。

奉行なるほどのう。

与力あと、今回は会場的に余裕があったんでしょうか? ところどころスペースが広く空いていたように思います。通路も比較的歩きやすかったような気はしました。あくまで個人的な感覚ですが。

奉行狭いよりは良いわな。アークライトのスタッフさんが本気を出したのかな?

与力それからまあなんですかね、独自の日本語版や輸入ゲーム、あるいは自社ブランドを扱うショップ・ゲームカフェさんがホント増えましたね。色々なゲームが手に入りやすくなる、いい時代になりました。ゲームマーケットはそういったモノが一堂に会する機会でありますから、現物をみてゲームを買うには、貴重な存在であり続けることになるのではないでしょうかね。多分に個人的な希望でもありますが。

奉行ふっ、急に偉そうな意見を開陳しよって。

ゲムマ2018春
というわけで、また秋に会いましょう。

与力あ、そういえば会場の片隅に「BoardGameGeek」のビデオ配信?場所が有りましたね。

奉行ほほう、世界的に有名なあのサイトの取材か。

与力あそこのスタッフさんが着てるホッケージャージ的な服って、GEEK STOREとかで一般向け販売することあるんですかね。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です