ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』)(ボードゲーム開封編)

エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』)を開けてみた

時計は深夜12時を打った。勇敢なる探索者の一団が、必死になって大理石のホールの探索を始めた。彼らが捜している者は、我々の世界を護ってくれる伝説のシンボル、『旧き印(エルダーサイン)』なのだ……。

(パッケージ裏面より)

1-8人 60-120分 14歳以上

シンプルめに体験できるクトゥルフ神話

『エルダーサイン』は、『アーカムホラー』『エルドリッチホラー』など、クトゥルフ神話をテーマにした重量級ゲームを手掛けていることで御馴染みのFantasy Flight Gamesから、2011年に発売されたゲームです。

日本ではアークライトゲームズが2012年春に早々と完全日本語版を発売してくれたお蔭で、楽に入手できるようになりました。しかし、すぐさま一部記述の分かりにくい所を修正した改訂版が直後の2012年秋に発売となり、さらに2016年夏には、より遊びやすく若干のルール改訂を加えた改訂2版が発売され、現在お店に並んでいるのは(中古を除き)この最新版だと思います。

クトゥルフゲームにしては箱がやや小さく、重量も軽めでちょっとだけ「お手軽なのかな?」と感じるこのゲーム。どんな様子か紹介していきましょう。なお、今回扱うのは、改訂などが全く反映されていない、今や懐かしい初版の『エルダーサイン完全日本語版』になります。

エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』) 箱表
パッケージ面。

あいも変らぬ触手がちらほら。

エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』) 箱裏
パッケージ裏面。

箱のサイズは25×25cmの正方形で、厚さ5㎝。

エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』)
箱を開けるとこんな感じ。

買ったそのままだと、収納性がちょっと気になるところ。

エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』) ダイス
このゲームのキモである特製ダイス。
エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』) 時計盤
このゲームのキモその2である時計盤。大きい。
エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』) カード
カードは2サイズ。こちらは大きい方。

大判の冒険カード、探索者カードなどと…

エルダーサイン完全日本語版(原題『ELDER SIGN』) カード
こちらが小さい方。

アイテム類のカード、神話カードがあります。

他にクトゥルフゲームではお馴染みとなる、トークン類が多数封入されています。

ゲーム前雑感

まだ『エルドリッチホラー』も『マンション・オブ・マッドネス』も世に出ていなかったころ、私にとってクトゥルフ神話要素ぎっしり確かな満足だったゲームは『アーカムホラー』でしたが、ちょっと要素がギッシリ過ぎ&ルールや処理が煩雑なのが玉に瑕でした。まあその“全部入り”な感じがマニアにはたまらないところで、人によっては「カードに書かれているテキスト読んでるだけで楽しい!」なんてこともあった訳ですが。

そんな折に店頭に並んだのが、この『エルダーサイン』です。最初は『アーカムホラー』があればいいか、と思っていたのですが、内容をチラチラ見てみると、ごくシンプルに探索の核となる部分だけ楽しめるようなルールのようでした。そういうことで、「これなら『アーカムホラー』との棲み分けもできるか…」という発想で購入。

そして、改訂されて今に至るまで販売され、遊ばれているのは、いいゲームの証拠…ということで、時期的には今更ではありますが、今回我々が遊んでいる様子をご披露させていただきたい、と存じます。ご笑納いただければ幸いです。

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です