システムエンジニア方web

Google AdSenseの個人識別番号(PIN)が届いた

おかげさまでここまで来ました

細々と更新した結果、閲覧してくださる方々の数もどうにか増えており、おかげさまでGoogle AdSenseの収益が、PINコードの入力段階までたどり着くことができました。色々と至らぬ点もありましょうが、これからもメンバーそれぞれ、取り組んだことを書き連ねるサイトとしてやっていきたい所存です。宜しくお願い致します。

そして折角ですので、経験したことについて記録しておきます。

スポンサーリンク

2016年2月 Google AdSenseよりPINコード発送の連絡がくる

開設からおよそ半年。話題性に乏しい当サイトとしては(ボードゲーム担当は時折、旬の話題をお届けしようとしていますが)、頑張っていると言って…良いんですかね。勿論、アフィリエイト広告できちんと収益を上げている方にお伺いしたら、鼻で笑われてしまうことでしょうが、我々としてはどうにか続いたという思いです。

前置きはともかく、Google AdSenseにログインしたところ、トップページのバーに、重要なお知らせとしてPINに関するメッセージが表示されていました。「既に発送しているので、2~4週間待ちなさい」という指示のようです。

それまでこちらからアクションを行う必要はなさそうですので、鉢植えをいじったりしながら大人しく待ちます。期間の最遅である一ヶ月後のスケジュールに「PIN到着確認」とメモをしておいて、届かない場合の再送依頼も忘れないようにしておきました。

後は、公式サイトの情報などを確認します。サンプルなどもこちらで確認できますね。

AdSenseヘルプ 住所(PIN)確認の概要

2016年3月 Google Adsenseから発送されたPINコードが届く

待つこと、およそ半月。郵便ポストの中に、見知ったGoogleの文字とカラーがありました。想定される中では最も早く順調に届いたと言えるのではないでしょうか。

非常に簡素。さすがに折り目などの痕跡を残さずにPINを覗き見ることはできないと思ったので、第三者が悪用するという可能性は考えづらいでしょう。しかし、何か分からず捨ててしまう方が居てもおかしくない。Googleという企業名を聞いてもピンと来ない、パソコン分からない方とか。ご家族が郵便を確認する場合は、やはり一言「このようなものが届く予定だ」と伝達しておく方が安全かもしれません。

サイドのテープを切って中を確認。PINコードが記載されていましたので、AdSenseにログインして入力。複数回間違えるとロックという警告があるものの、桁数は多くないのでよほど慌てていなければ差し支えないでしょう。

すぐに確認完了し、ステータスが変わりました。

ということで、特に問題もなく対応完了です。船便なのでなかなか来ないと仰る記事も見かけましたが、幸いにも僕の場合は何らトラブルも遅滞もなかったので助かりました。

スポンサーリンク

投稿者: サジマ

WEB担当+IT系の備忘録を担当するはずが、家庭菜園にも挑戦中。 2016年はコケリウムと水耕栽培に手を出しています。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です