備忘録 特定のプラグイン導入後、カスタムタクソノミーの絞り込み検索ができなくなった

当方の構築環境において、カスタムタクソノミーの絞り込み検索を実装していたのですが、WordPressプラグインの「WP Accessibility」をインストールしたところで、検索がうまく実行できなくなった備忘録です。

注意事項
事象を確認したのは2021年3月前後です。
動作環境、導入しているプラグインのバージョンなどによって、本事象が発生しない可能性があります。

当方で確認した事象、対応の流れについては以下の通りです。なお、根本的な原因究明や解決策はありません(干渉したと思われる該当プラグインの導入をやめました)。

スポンサーリンク

確認した事象

  1. カスタム投稿タイプを作成し、カスタムタクソノミーを複数設定。
  2. そのカスタムタクソノミーで絞り込み検索を行う(プラグインなし)。
    ※実装にあたり参考にさせていただいたサイト:WordPressのカスタムタクソノミーで記事の絞り込み検索をする方法
  3. ユーザーがフォントサイズを変更できるようにするため、プラグイン「WP Accessibility」を導入。
  4. プラグインは問題なく動作したが、作成済みの絞り込み検索が機能しなくなった。

導入前、絞り込み検索用のチェックボックスをチェックして検索ボタンを押すことでデータの一覧が表示されていました。
(全ての項目をチェックをせずに検索ボタンを押下すると、そのカスタム投稿タイプにぶら下がる記事が全て出力されていました)

導入後、チェックしたデータを適正に渡すことができなくなったのか、あるいは値がnullなどに書き換わってしまったのか、「該当する記事はありません」と出現するようになりました。
※WordPress本体が提供するキーワード検索は機能しており、見た範囲では影響があったようには見受けられませんでした。

原因追及などよりも復旧させることを優先したかったため、直近の作業から順番に戻していこうと思い、最初にプラグイン「WP Accessibility」を無効化したところ、元のように正常動作するようになりました。

代替案

そもそも求めていた「フォントサイズをユーザーが変えられる機能」を得るべく、他のアクセシビリティ関連のプラグイン「WP Accessibility Helper(WAH)」を導入しました。

結果、プラグインを有効化しても絞り込み検索に問題は発生しなかったため、こちらを利用することに決定しました。

「プラグインの組み合わせによっては、干渉しあって悪い結果になることもある」という認識はありましたが、実際に直面したのは初めてのことでした。何らかのプラグイン等を導入した後、基本的な部分に問題が起きていないか確認することは基本中の基本だなと改めて実感した次第です。

Scroll Up