ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

ルーク&レイダーズ(ボードゲーム開封編)

『ルーク&レイダーズ』を開けてみた

『ルーク&レイダーズ』は「城壁と侵略者」の名の通り、キャッスルディフェンスをテーマとしたボードゲームです。

(箱裏解説より)

12歳以上 1-4人 60-150分

迫る敵をちぎっては投げちぎっては投げ

コンピューターゲームのジャンルに「タワーディフェンス」というものがあります。平たく言うと、次々とマップ上に出現する敵を目的地にたどり着かせないよう、自軍のユニットや施設などを配置して阻止していくという、割と中毒性の高いゲームです。

昨今ではお手軽なスマホアプリでもよく見かけるゲームジャンルですが、ボードゲームとしても『キャッスルパニック』などにその概念は持ち込まれていたように思います。で、ゲームマーケット2016秋において箕竹屋GAMESさんから頒布された『ルーク&レイダーズ』も、タワーディフェンス的な内容をボードゲームに落とし込んだ作品ということで、案外分かりやすくはまれるんじゃないかな?と思って入手してきました。

ということで内容物を確認してまいりましょう。

ルークアンドレイダーズ 箱表
パッケージ表面。

やや懐かしく思えるCGキャラが大集合。

ルークアンドレイダーズ 箱裏
裏面。

使用するカードの実寸表記はとても親切ですね。箱のサイズは約22.5×16×3㎝。

ルークアンドレイダーズ 中身
中身。

スッキリ収まっています。

ルークアンドレイダーズ 個人ボード
ゲーム進行を管理する個人ボード。
ルークアンドレイダーズ モンスター
ステキなCGで描かれたモンスター。
ルークアンドレイダーズ 自軍ユニット
こちらはプレイヤーと共に戦う自軍ユニット。
ルークアンドレイダーズ トークン類
後はトークン類と…
ルークアンドレイダーズ キューブ
カラフルなキューブ。ダメージ管理に使います。
ルークアンドレイダーズ ダイス
攻撃の判定に使うダイスが2個。ちょっと大きめ1.5㎝サイズ。

ゲーム前雑感

『ルーク&レイダーズ』を入手したいきさつですが、毎度毎度同じで恐縮なんですけども、自分のゲーム棚にないタイプだったから、という理由に尽きます。

特に個人ボード上でいろいろとやりくりしていく、というゲームは興味はありましたがなかなか入手する機会が無かったということ、そして「誰かの選択が全プレイヤーに影響を与える」という『プエルトリコ』でお馴染みのシステムも、これまでついぞ触れる機会がありませんでしたので、じゃあゲームマーケットで一つ手に入れて試してみましょうか、となったような訳です。さて、それでは実際に遊んでみましょうか。

追記:プレイ感想編はこちら ⇒ ルーク&レイダーズ(ボードゲームプレイ感想編)

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です