ワードスナイパー・イマジン(ボードゲーム開封編)

ボードゲーム愛好

『ワードスナイパー・イマジン』を開けてみた

今度のワードスナイパーは想像力がキーワード

(パッケージ裏面より)

プレイ人数:2-6人
プレイ時間:10-20分
対象年齢:6歳以上

内容一新、新たな展開

ゲームマーケット2019春で先行販売された『ワードスナイパー・イマジン』(以下『イマジン』と略)は、リゴレから発売中のゲーム『ワードスナイパー』の第二弾、独立型拡張セットです。前作はルールがとても分かりやすく、誰でも誰とでも、どこでも手軽に遊びやすい点が認められ、GOOD TOY AWARD 2019でグッド・ドイを受賞しました。今回紹介する『イマジン』も引き続き、楽しさが分かりやすいゲームになっているでしょう。ということで、早速箱を開けてみたいと思います。

表面

今回はミッドナイトタウンをイメージしている感じでしょうか。

裏面

ここは前作からほぼ変化なし。どこが違うか探してみましょう的な。箱のサイズも変わりなく、約10×7×2cm。質感も同様。

フタをとりました

説明書が1枚と、カードが50枚。

カード

お題とひらがなが書かれた両面仕様のカード。これで遊ぶわけです。カードのサイズは約89×68mm。

『ワードスナイパー・イマジン』【ゲーム前雑感】

前作『ワードスナイパー』に続いて『イマジン』も、発売前にリゴレの伸居店長がこのゲームに掛ける意気込みを取材できるという僥倖に恵まれた本奉行所。そういえばどちらのタイトルも、取材場所は中華街の名店「鳳林」さんでした。石焼麻婆豆腐を食べた後なみに熱い店長の情熱が込められた『イマジン』。前作から何が変わったのか、確かめていきたいと思います。いつもの2人遊びです。

Scroll Up