宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)(ボードゲーム開封編)

ボードゲーム愛好

『宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)』を開けてみた

“スーパーヒーローのチームを結集して、世界を破滅させようとするサノスを阻止しよう”

(パッケージ裏面より)

対象人数:2-4人
対象年齢:10歳
プレイ時間:30分

アメリカ発、スーパーヒーロータイム

2014年に発売されたエンジン/タブロービルドゲームの名作『宝石の煌き』は、2015年の日本語版発売以来、定番として愛されるゲームとして不動の地位を築きました。そのゲームがコミック、映画、ドラマと世界中で大ヒットを飛ばしているMARVELスタジオとコラボした作品。それが今回ご紹介する『宝石の煌き:MARVEL』です。中世ヨーロッパな、わりと渋い風味のイラストが印象的だった『宝石の煌き』が、派手で豪華なアメコミヒーローと、どのように調和しているのか、さっそく開封してみたいと思います。

宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)
箱絵。

MARVELファンにはお馴染み、サノスさんとインフィニティ・ガントレットのドアップ。

宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)
箱裏。

今作はアメリカからの輸入を行いましたので、全て英語の英語版です。日本語版発売は版権というハードルをクリアしないと、でしょうか。サイズは約27.5×21.5×7cm。『宝石の煌き』と同じサイズです。

宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)
フタを取りました。

ノーマルの『宝石の煌き』とはちょっと違う感じですね。内容物が増えている。

宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)
トークン

このゲーム特有の感触が良いチップ型のトークン。1種類増えて7種類になりました。

宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)
タイル。

貴族タイルの役割を果たす場所タイルに加え、2種類のタイルが追加。

宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)
カード

おまちかね、MARVELキャラ大行進のカードです。

宝石の煌き:MARVEL(Splendor:MARVEL)
表面はこんな感じ。

ファンにはお馴染みの3人ですね。「MARVELは映画の宣伝くらいしか…」という方でも、キャプテンアメリカは目にしたことがあるんじゃないかしら。そんな有名どころと遊べます。

ゲーム前雑感

私とMARVELのファーストコンタクト。それはテレビアニメ『X-MEN』であり、私とサノスさんのファーストコンタクトは、カプコン謹製のアーケードゲーム『マーヴル・スーパーヒーローズ』でした。そして一時はアメリカンヒーローの織りなす魅力的な世界に取りつかれ、邦訳版のアメコミを大分購入したりしたものです。その後はヒーローとは疎遠な生活を送っておりましたが、ナイスな箱絵の『宝石の煌き:MARVEL』が、若かりし日のアメリカンスピリッツを思い出させてくれました。

ところが、最近のサノス氏がご活躍の映画『アヴェンジャーズ』シリーズは未履修のためなのか、カードをめくっていると知らないキャラクターが続々現れます。昔の知識で止まっていては拡大するMARVELユニバース、特にシネマティック・ユニバースにはついていけないという厳しい現実。キャラクターゲームでこれはなかなか致命的な事態です。が、『宝石の煌き』のゲームシステム自体は超面白いので、そこは置いておいて遊んでみよう!そうしよう!という訳で、いつもの2人プレイを始めてみたいと思います。

続きは「プレイ感想編」へどうぞ。

(謝辞)本ゲームを購入するにあたり、『うるおいボドゲちゃんねる』様より多大なご助力を賜りましたので、ここに記して御礼を申し上げる次第です。

Scroll Up