チケット・トゥ・ライド:北欧の国々(ボードゲームプレイ感想編)

ボードゲーム愛好

与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

スポンサーリンク

同一シリーズの前後の記事

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. G_Beta より:

    9マスルート、ならびにフェリールートの”特例”を適用するとまた手札はもう少しはけやすいでしょう…。

    ・特例
    一、Murmansk-Lieksa間の9マスルートは、任意(機関車含む)の札4枚をワイルドカードとして適用できる。
     (たとえば、緑7枚その他8枚、など)

    一、各フェリールートは、任意の札3枚を機関車の代用として適用できる。

    ぜひお試しあれ。

    • ほ~らく奉行所 より:

      コメントありがとうございます。与力でございます。

      再度説明書を確認いたしましたところ、確かにその旨の記述あり、完全に見落としておりました。大変申し訳ございません。汗顔の至りでございます。直ちに頂きましたコメントに基づいて、記事に追記を行なわせて頂きたいと存じます。

      他にも当奉行所記事の至らぬ点お気づきになられましたら、御叱正賜れば幸いでございます。今後とも当奉行所を宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up