ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

パンデミック:イベリア(ボードゲームプレイ感想編@チャレンジルール版)

チャレンジルールで『パンデミック:イベリア』を遊ぶ

【関連記事】

【登場人物】

与力藩の買掛担当。そろそろボドゲ棚にパンデミックコーナーができそうです。

奉行藩の決裁担当。今のところパンデミック:イベリアは、本家の次に面白いです。

スポンサーリンク

基本セットに付属する、二つの追加ルール!

与力さて、『パンデミック:イベリア』には、せっかく2つのチャレンジルールが付属していますんで、この際これも遊んでおこうかという企画です。

奉行ルールを読んでみると、中々に歯ごたえのありそうな内容だ。これは腕が鳴るのう。

与力無事に勝てればいいんですがねえ。

奉行やる前から負けた時のことを考えるやつがあるかよ。

与力ア〇トニオ〇木ですか、あなた。

「患者の流入」チャレンジ

「患者の流入」チャレンジでは、イベリア半島にできたばかりの病院に、患者が助けを求めて押し寄せてくるという、ちょっとしたパニックムービー的な史実の再現を狙ったルールが追加されています。

パンデミックイベリア 追加ルール
このチャレンジの手順

与力通常ルールとの違いは、プレイヤーカードを引く前に、患者が病院を目指して移動してくるという手順が加わります。

奉行病院に診てもらいたい患者が移動するのだな。

与力はい。病院に一番近い都市に置かれている疫病コマが、1個病院へ向かって移動します。

奉行ほほう。ということは、病院を建ててそのまま放置しておくと、患者が病院に溜まっていく訳か。では、何らかの原因で4個以上の疫病コマが集まってしまった場合には、どうなるのだ?

与力ええ、そういう場合には、患者は全員病院から逃げ出して、周辺の都市に散らばります。どの都市にどれだけのコマを置くかというのは、プレイヤーが選べますけど。

奉行うーん、それは怖いな。

また、このルールでは、ゲームスタート時に仕える浄化トークンは6枚だけです。カギとなるのは病院で、病院を一つ建てるごとに使える浄化トークンが2枚増えるのと、病院を建てた都市に置かれている疫病コマを全て取り除くことが出来ます。

パンデミックイベリア 追加ルール
スタート時には封印されている浄化トークン

与力以上の追加ルールで遊ぶわけです。

奉行ふむむ。病院をどこにどのタイミングで配置するかで、局面が大きく変わりそうだな。さっそく挑戦してみようではないか。のう。

パンデミックイベリア 追加ルール
青の病院から動けなくなるパターン!

奉行うーん、疫病コマが固まっている所に病院を建設しても、その後が長引いてしまうと、その場しのぎにしかならん場合があるな。そうなると、辛いのう。

与力エピデミックが重なって、病院に近い場所に次々とコマが沸くと、きついですわね。

奉行一気に治療する方法が無いだけに、病院に溜まってしまうと厳しい、というところだな。

「歴史上の疫病」チャレンジ

このルールでは、各色の疫病に特殊能力が追加され、ゲーム中、通常とは異なる疫病コマの配置が行われます。

パンデミックイベリア 追加ルール
黒はマラリア。蚊は恐ろしい。

与力あと、赤はチフス、青はコレラ、黄は黄熱病という個性がついたんですね。

奉行……ど、どの病も一筋縄ではいかんというか、死に至る病だな。

与力各色の疫病コマは、一気に二個置くとか、治療するのにアクションが1つ余計に必要とか、いろいろと厄介な能力を発揮するようになりました。

奉行うへぇ、勘弁してもらいたい。こちらに有利な要素は追加されておらぬのか?

与力ないですね。

奉行左様か。神も仏もないものだのう。

パンデミックイベリア 追加ルール
「その都市に黒コマが置かれていない場合、2個のコマを置く」という力を発揮するマラリアに気を取られ過ぎた結果、他が蔓延する。

奉行増える疫病コマの数に、アクションが間に合わなかったのう……。

与力想像以上に処理が間に合いませんでしたねえ。

奉行「患者の流入」と同様に、こちらの処理能力的にちょっと厳しい疫病コマの塊が、ちょくちょくできてしまうな。

与力浄化トークンを上手く配置していけば、なんとかなるんですかね。

奉行何とかなる前提で作られているんだろうが、全ての疫病コマに特殊能力が付いた状態は、おっそろしい難易度になりそうだ。ま、もう一度遊んでみようか!

与力あ、結構気に入ってますね?

チャレンジルールの感想

奉行実にチャレンジングだな。どちらのルールも、初見では何をどうしたらいいか把握する前に手遅れになったわ。

与力通常ルールが「ちょっと行動制約の多いパンデミック」程度に感じたならば、チャレンジルールで遊ぶと、大分趣が変わりますね。

奉行まあ、より職業選択の重要性を感じられるところであった。

パンデミックイベリア 追加ルール
船員と政治家のコンビ

奉行結局、この組み合わせでマラリアには勝利できた訳だが、船移動にカードが必要ない船員と、都市カードを仲間に渡したり、捨て札から掘り起こしてくることができる政治家の相性が良いということが、実によく理解できた。

与力我々は二人でやってますので、人数が増えればまた違うかもしれません。いろいろ試行錯誤のし甲斐がある、と言えばいいんでしょうかね。いずれにせよ、よりクリアまでギリギリのバランスになった、と思われますよ。

奉行という訳なので、是非とも腕に覚えのあるパンデミックマニア同士で、ボードを囲んでもらいたいものだ。

パンデミックイベリア 追加ルール
疫病一同「挑戦、お待ちしております」

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

「パンデミック:イベリア(ボードゲームプレイ感想編@チャレンジルール版)」への2件のフィードバック

  1. 与力と奉行のリプレイ、いつも楽しみにしてます(^^)

    やっぱり政治家と船員は鉄板ですね。
    私も旦那と二人プレイが基本ですが、
    船員はちょっとずるいくらい便利です。
    最初は船員と鉄道員なんて、
    何かの冗談か?と思ってたくらいなのに…。
    こうなってくると、意地でも医療関係者だけで
    クリアしたくなってきます。

    まだチャレンジには挑戦してないので、
    今度試してみたいと思います。

    1. 与力でございます。コメントいただき、誠にありがとうございます。

      本家パンデミックでは衛生兵でごり押す脳筋プレイ大好きな我ら、
      イベリアの職業は初めはだいぶ戸惑いました。
      どれも何か頼りない気がしてしまいまして。

      しかし、実際にプレイしてみると、各職業の妙味がよくわかり、
      色々と考える楽しさを感じております。
      船員につきましては、実はこのゲームの主人公なのではないか?
      と思うくらい、本当にお役立ちですよね。

      チャレンジルールでは、患者の流入がかなり気に入っています。
      病院を建てるタイミングが結構な悩みどころでして。
      歴史上の疫病の方は、単純にきついの一言です(笑)。
      いずれ4枚すべての疫病カードを使って勝負してみたいですね。

      今後とも当奉行所を宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です