ツォルキン:マヤ神聖暦(ボードゲーム開封編)

ボードゲーム愛好

与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

スポンサーリンク

同一シリーズの前後の記事

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 2015年10月2日

    […] ツォルキン マヤ神聖暦(ボードゲーム開封編) […]

  2. 2019年1月22日

    […] インパクトを与え、しかも濃密かつ満足度の高いゲームシステムで絶大な人気を誇った『ツォルキン』。この名作が発売された2014年から4年が経過した2018年、「『ツォルキン』は三部作だ […]

  3. 2019年1月26日

    […] ツォルキン:マヤ神聖暦 開封編/プレイ感想編 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up