「羊毛フェルト、始めました」 もふもふ×ほ~らく奉行所《もふレポ》 第5回

ボードゲーム愛好

「羊毛を落ち着けることを学びましょう」

【もふもふ×ほ~らく奉行所《もふレポ》って?】
「これからのボードゲーマーにはクラフト精神が必要になるのでないか」と唐突に思い立った与力が、頼りになるもふもふ先生の指導によって、羊毛フェルトでオンリーワンなボードゲームグッズを作り上げていく修行の様子と、お役立ちな羊毛フェルトTipsをお届けする、やや心温まるレポートです。
【関連記事】
おばけ編の前編はこちらからどうぞ。
第一回はこちら。羊毛フェルト記事全体はこちらからどうぞ。
【登場人物】

与力思いつきに定評のある多趣味な中年男。ダイスの次は明確なテーマを……

もふプロ羊毛フェルト作家の「もふもふ先生」。主に横浜みなとみらいを中心にもふもふ活動中。スキを見て二度寝します。

刺す方向を変えることが肝心です

もふもふ先生の優しいレクチャーにより、おばけの形ができあがりつつある与力。ここからは、よりおばけらしくしていくステップへ進むはず、なのですが……。

与力先生、前回下側にたくさん巻いた羊毛が、全体的にぽわぽわしております。もう少し固めていきたいのですが。

もふうん、そうだね。ちょっと柔らかいかな。そういう時は、「中心に向かって刺す」んじゃなくて、「中心と平行に刺す」と、きれいなお肌になりやすいよ。

与力へ、平行ですか?

Tips15:表面処理は表面で終わらせる手もある。
まだまとまっていない羊毛は、ついついザクザク刺してしまいがちですが、ある程度形になってきたら、刺すことによる全体の変形を考慮しなければなりません。ですから、せっかくいい形になっているのに、表面がちょっとけば立っている、まとまりきっていないからと、思い切って中心に向かって刺していくのは考えもの。そこで先生は、刺した方向に凹んでまとまる特性をふまえ、表面だけを刺すようにして、羊毛を落ち着ける方法を与力に教えてくれたわけです。

もふどうかなどうかな?

与力そうですね、だいたい納得いく感じになってきたように思います。

もふすこーし、腰?のあたりがくぼむと、よりそれっぽくなるからね、そこら辺をうまく刺してね。

与力なだらかに、くぼませる……。

もふもふレポート 羊毛フェルト
らしくなってきましたよ。

与力ちょっと直立した”ひょうちゃん”っぽくはありますけどもね。

もふそう言われてみると、そうかも? 比べてみよっか。

与力(先生はなぜ、お持ちなのかしら……)

もふもふレポート 羊毛フェルト
急遽、比較。

手がつくと、より一層おばけらしく

もふはい、ここからは自分の作りたいおばけに近づける作業です。

与力えっと、具体的にはどういうことでしょう。

もふ最低限の形はできたから、例えばこれで目をつけてあげればおばけ、ってことにはなるのね。

与力ふむふむ。

もふでも手を付けてあげた方がモデルのおばけらしくもなるし、口をつければ表情が出る。目も、色の選び方でだいぶ印象が変わるんだよ。さあ、どうしようか。

与力そうかそうか……。では、まず手を教えてください。

もふおっけー。じゃあ、羊毛をそーっと引っ張って少しちぎって、丸めて棒状にします。

もふもふレポート 羊毛フェルト
そして形を整えます。

与力指先は丸くしていくとかわいくなるか……この肩?の方に当たる部分をあまりまとめないのは、どういった理由で?

もふそこが胴体にくっつける時の“のりしろ”になる部分だからだね。

Tips16:パーツ同士がくっつく余地を残しておく
羊毛フェルト同士をくっつけるのは、当然針で刺して行います。しかし、パーツを全てきれいに形成し、まとめきってしまうと、針で刺しても、胴体に食いつかなくなってしまいます。そのため、くっつける箇所の羊毛は、まとめきらずに少しぽわぽわな状態で残しておくとよいそうです。特に小さなパーツは、刺せるところが少ないため、注意が必要です。

与力ははあ、なるほど。得心が行きました。ちなみに、それでも食いつきが悪くて苦戦する場合は……むっ、外れそう。

もふああ、くっつかないんだね。そういう時は、うまく羊毛を足してあげよう。ちょっとだけ羊毛をちぎって……。

もふもふレポート 羊毛フェルト
このように。

与力こんな足し方もあるんですねえ。色々できるんだなあ。

もふ付け根をぐるっと一周巻き付けて刺して、落っこちないように補強してあげてね。しっかりと、グッと刺してあげるのが大切だよ。

もふもふレポート 羊毛フェルト
つきました。

与力『ヒューゴ』のおばけらしく、コマを捕まえに行きそうな感じですなぁ。

もふ手の大きさや付ける角度で、全体の印象も変わるからね。しっかり付ける前に、いろんな場所に置いてみて、好きな位置を決めてから刺すのがおススメだよ。

お顔を作りましょう

もふもふレポート 羊毛フェルト
目の色は西洋らしく青にします。

もふ目の付け方はダイスでやったのと同じ。羊毛をほんの少しちぎって、よくちねってね。それをくっつけます。

与力ちねって、ちねって……。

もふ顔のどの辺につけるか決めたら、手と同じように、ぐーっとしっかり刺してあげて。それでくっつきます。あとは周りを刺して、形を整えてあげるんだ。

与力ふむふむ……。

もふ寄り目にするとか、上の方にするとか、下の方にするとかで、やっぱり印象に違いが出てくるよ。

もふもふレポート 羊毛フェルト
目ができると、おばけっぽいアピール力が。

もふ次は、口。付けても付けなくてもいいんだけど……。

与力せっかくだから付けてみたいです。モデルのヒューゴ君も口が書いてありますし。

もふうん、では口にしては目とだいたい同じなんだけども、これは形で表情がホントに変わります。

もふもふレポート 羊毛フェルト
こんな感じね。

もふ丸い口だと、びっくりした感じ。丸い口を付けてから、口角の部分を左右に伸ばすように刺していくと、こんな逆三角形の笑顔っぽい口になります。

与力本当に刺し方次第ですねえ。

Tips17:刺して変形させる
くどいようですが、羊毛は刺すことによってまとまる、くっ付きます。これは、刺した方向に羊毛が押し込まれ、他の羊毛と絡まるからです。ですから、必然的に羊毛は、刺して押し込まれた方に引っ張られ、変形します。ここで出てきた口のような小さなパーツは、この特性を生かし、刺して顔に固定しつつ、変形させて希望の形状に近づけていきます。どう刺せばどう変化するのか、いろいろと試してみると面白いですよ。

もふもふレポート 羊毛フェルト
できました。

もふ向かって左がキミのおばけ、右が先生のおばけ。ね、だいぶ個性的なおばけになったでしょ。

与力同じ手順で作っても、作り手の感性によってこんなに違うんですなあ。

もふもふレポート 羊毛フェルト
せっかくなので、みんなで記念にパシャリ。

もふこれで遊んでみるとボードゲームもまた違った感じなるんじゃないかな? ちょっとおばけが愛おしくなるかも? ぜひ遊んでみてね。

与力いやあ、これは見た目から全然変わるでしょうねえ。

もふもふレポート 羊毛フェルト
先生のご厚意により、頭にリボンをプレゼント。女の子だったのか!?
もふもふレポート 羊毛フェルト
ボードに乗せてみる。実用的なサイズになるように仕上げる努力は必要かも。

もふさあ、これで自信もついたでしょう。次はもう少し難しいものに挑戦してみるかい?

与力そう思って、実はすでに作りたいものを決めてきておりまして……。

またいずれ、次回。

Scroll Up