パンデミックダイスゲーム 完全治療(ボードゲームプレイ感想編)

パンデミックダイスゲーム:完全治療(原題『Pandemic:The Cure』)を遊んでみた

【関連記事】

【プレイヤー紹介】

与力藩の買掛担当者。パンデミックは大好きなゲームだが、ダイス運がないことに定評がある。

奉行藩の購入決裁者。かつて勝利一歩手前で敗北までひっくり返された、メキシコシティがトラウマ。

スポンサーリンク

さあ、人類を救う準備はできたか?

過去、ボードゲーム版では何度も世界を救ってきたベテランパンデミッカー(そんな言い方しないか)である2人で初ゲームに臨みました。しかし、なにしろ今回はまったく違うシステム。果たして無事に危機を乗り越えることができるでしょうか?

パンデミックダイスゲーム完全治療セッティング
セッティング中

奉行「我らは物慣れしておる。少々の疫病には動じぬぞ」

与力「でもダイスですからねえ。ちょっと予測がつかないです」

①自分のダイスをふってアクションを選択せよ!

ここがこれまでとの最大のちがい。ボードゲーム版では4アクションを自在に組み合わせて、行動を選択することが可能でした。しかし、『完全治療』では、各職業ごとに用意されているダイスをふり、その結果が示すアクションを行なうというやりかたになります。

各職業毎に、ダイス目は少しずつ異なっています。例えば飛行機移動の目があったり、治療の目が多かったり、各職業の特殊能力の目があったりしますので、全員が同じように行動できるわけでは有りません
そして恐ろしいのは、アクションをするつもりでふったダイスが、世界を滅ぼしかねないということ。実はダイスには“バイオハザード”マークが刻まれた面があり、プレイヤーがこの禍々しいマークを出してしまうと、ウィルスの感染度が上昇し、一定値を超えると、エピデミックを引き起こします! 

恐ろしい出目
運が悪ければこういうこともある。シンジラレナーイ。※実際の出目です。

奉行「ああああああああああああ!!!」

与力「恐るべきは制御不能なダイスですな」

山札からエピデミックカードを引くか引かないかのボードゲーム版よりも、「やっちまった」感が強いシステムですね。

②移動、治療、サンプル採集、あるいはダイスをふりなおせ!

さて、プレイヤーができる行動はおおまかに言って3つ。

  • 地域の移動
  • ウィルスの治療
  • 治療薬開発のためにウィルスサンプル採集

おおよそ、《ウィルスの蔓延した地域へ移動》→《治療してウィルスを減らす》→《治療されたウィルスからサンプルを採集》の手順を繰り返し、条件が整ったら治療薬を作成していきます。

ダイスの結果次第でできる行動が決まる訳なので、時にはやりたい行動ができないこともあります。むしろ、ままならないことの方が多いかもしれません。

治療薬の出目
こんな感じ。

奉行「うむ。ここは治療に専念しようぞ」

与力「いや、もうその地域にウィルスは存在していません」

そんな時は(バイオハザードを出した以外の)ダイスを振りなおすことができます。気に入った出目になるまで何度でもできるのですが、もちろん振りなおすたびにバイオハザードの目を出してしまうリスクも伴うわけで…

全ての出目がバイオハザード
こういうことも無いとは言えない。

奉行「おのれ、おのれ、おのれ!!」

与力「お静まりください!」

③時間切れの前に、4種全ての治療薬を開発せよ!

プレイヤーの行動が終わると次はウィルスが増殖し、感染が広がります。ウィルスもダイスで表現されていて、付属の袋から決められた数のダイスを引いて振り、その出目に応じた地域へ配置していきます。

各地域に置ける同じ色のダイスは3個まで。それ以上になった瞬間、アウトブレイクが発生して、時計回りに隣の地域へウィルスは拡散していきます。

ダイスが三つ揃い、アウトブレイク間際の状態
こうなってしまうとピンチ

与力「これは一大事ですな」

奉行「お主、よく涼しい顔をしていられるのう…」

そしてアウトブレイクを規定の回数以上発生させてしまったり、ウィルスとなるダイスが尽きてしまうと敗北します。

敗北までの段階を示す注射器
この注射器がドクロマークに近づくほど敗北が近づく

ただ、ウィルス増殖のダイスは悪い結果をもたらすだけではありません。救急マークがでたダイスは、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)タイルに回収され、イベントカードを使用する対価として用いることができます。イベントカードは全部で10種類。いずれも強力な効果をもたらします。

さて、プレイヤーが治療薬を開発するには、治療によってウィルスダイスを治療センターに送り、治療センターからウィルスダイスをサンプルとして確保するという2つの手順を踏みます。

治療薬開発のためにウィルスを確保
こんな形で確保。

そして確保したウィルスダイスを振り、その出目合計が規定値以上なら、治療薬開発成功となります。

ただし、サンプルを確保している間は、行動ダイスが1つ使えなくなる上、ウィルスダイスの量も減っている状態となるので、やみくもに確保しておけばいい、という訳でもなさそうです。

赤ウィルス確保に、白ダイスを三つと茶色ダイスを一つ使用中
白の科学者は3個を確保に回しているため、残る2個分しか行動できない状態。

与力「流石に4つあれば出ますでしょ」

奉行「お主、それを慢心というのだぞ」

出目の合計値は「6」
結果。見事に開発失敗。

与力「ば、馬鹿なー!?」

奉行「救急マークの面があるとはいえ、少々酷すぎであるな、その出目は」

4種類のウィルス全てに対して治療薬を開発できれば、プレイヤーの勝利となります。

勝利状態
最終結果。見事に4つの治療薬を開発し、勝利した。

奉行「ダイス次第とはいえ、ある程度慣れれば、我らの側で操作できる部分もある」

与力「イベントカードを積極的に使っていくのが良さそうですね」

*ちなみに、直後の2戦目

全体的にウイルスが増殖中
移動能力に長けた二人組だったが、なかなか行動が噛み合わず

奉行「治療がままならぬ、なんとかいたせ!」

与力「そんな無茶苦茶な」

ダイス四つで「治療薬」二個、「3」と「1」…合計「4」
治療薬開発もなかなか出目に恵まれない。

与力「ば、馬鹿なー!?」

奉行「お主、開発には向いておらんな…」

アウトブレイクが連続発生
増殖し続けるウィルスに圧倒され続け…

奉行「もはやこれまでか」

与力「治療の手が足りませんし、ウィルスダイスの残量も大分少ないです(袋を振って残数を確かめながら」

アウトブレイク回数が敗北回数に到達した
敗北。

奉行「役目を全ういたせなんだ上は、職を返上し、謹慎して沙汰を待とう…」

与力「いや、現実とゲームの区別はしっかりしましょう、お奉行」

最後に『パンデミック:完全治療』を初めて遊んでみた感想です。

ここがイカス!!

奉行ボードゲーム版と同様に、よくできた協力ゲームだと思う。受け持つ職業ごとに得意とするところが異なり、それをダイスの内容に落としこんでいる。おかげでダイスを振るごとにある程度行動の指針は決まり、自然とうまく仕事を分担できるようになるので、全員がゲームに参加している気分を強く味わえるのではないか。

与力ウィルスが意思を持っているかのように、ウニョウニョと増殖していく様子の再現も、ボードゲーム版と同じで、見事だったと思います。ウィルスダイスが次々と増えていく状況は、なかなか緊迫感がありましたよ。

奉行世界地図を模したボードではなく、6枚のタイルで世界を表現するのはちょっとさびしいかと思うたが、どうしてなかなか、立派な地球であった。

与力プレイ時間が短い(メーカー標準30分)のも好印象ですね。あと、片付けと準備がしやすい。

奉行いずれにせよ、ボードゲーム版とは大きく異なる見た目だが、少し気を抜くとあっという間にやられてしまうのは同じで、パンデミックはパンデミックであった、というところだな。

これはちょっと…

奉行奉行問題の解決はできてはいないな。「治療の目を2つ出して!」などといった、たわけた指示はできぬが、行動ダイスの内容を見てあれこれ指示することはできる。そうなると、指示される側はダイスを振る作業を黙々とこなすのみとなる恐れもあろうな。

与力ウィルス増殖がダイスなのはともかく、自分の行動もダイスで決められてしまうのを快く思わない人もいるかもしれません。全て自分で考えて決める!というわけにはいきませんので、あるいはゲームに勝つも負けるもダイス運次第じゃないのか、と感じられてしまうという。

奉行ダイスを使うことで手軽になった分、ボードゲーム版より計算が立ち難くなったのは事実であろうと思う。だが、ダイスならではの劇的な場面が生まれやすくなったとも言える。興味を持ったら両方遊んでみるのがよかろうと思うが、いかに。

与力我々はパンデミック大好きですからね。

余談ですが、ゲーム前にはパンデミックを題材にした映画などを鑑賞して気分を高めたりすると楽しいです。『アウトブレイク』『感染列島』『コンテイジョン』など色々ありますが、個人的には『沈黙の陰謀』がオススメです。世界の危機と戦うには何が必要か、それは腕力だということがよく分かります。

◎余談 最大人数でのプレイはいかに

奉行実は先日、このゲームを上限の5人で遊んでみたぞ。

与力はい、遊びましたな。

奉行5人のメンバーは我々に、ボードゲーム版の経験者が2人に、パンデミックシリーズ初プレイが1人であった。

与力で、プレイ感なのですが・・・

奉行ボードゲーム版と同じで、人数が多ければよいというものではないな、確実に。

与力そうなりますな。

奉行行動もウィルス繁殖も、ダイスの出目に左右される分、自分の手番が終わった後に次の手番が回ってくるまでに状況が大きく変化し過ぎた。それゆえにキャラクター間で特殊能力を軸に連携をとろうとしても、全員の能力を十分に活かしきれない場面が目だった。

与力まあ、是非もありませんな。

奉行何しろ全員が手番を終えるとエピデミックの注射器が6マスは進行しておったしな。ウィルスも一ヶ所に集中して、どうしようもなかった。

与力全員のダイス運が悪すぎた、という話もなきにしもあらず、ですが。

奉行そうかもしれぬが、あまりにもダイスゲームの悪いところが出すぎとも言える。運の要素が大きくなりすぎておるのよ。恐らくは人数が少ない方が、1人が動ける機会が多くなる分、もそっと計画性をもって勝負に臨めるのではないかな。となると、3人から4人で遊ぶのが最も良いのではないかと思うが、どうじゃ。

与力ご明察と心得ます。

奉行うむ。次は3人か4人で遊んでみるとしようぞ。

与力あ、ゲーム内容についてより詳しく知りたい方は、メーカーサイトをご覧くだされということで、補足にござる。

スポンサーリンク

投稿者:与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。 相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

“パンデミックダイスゲーム 完全治療(ボードゲームプレイ感想編)” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です