ボードゲーム方ボードゲームプレイ記録

パンデミック:クトゥルフの呼び声 原題:『PANDEMIC REIGN OF CTHULHU』(ボードゲームプレイ感想編)

パンデミック:クトゥルフの呼び声 原題:『PANDEMIC REIGN OF CTHULHU』を遊んでみた

【関連記事】

【登場人物】

与力藩の買掛担当。パンデミック大好きその1。クトゥルフに親しんで早何年か…。

奉行藩の決裁担当。パンデミック大好きその2。ゲートなるものは「ろくでもないところ」だと思っている。

スポンサーリンク

悪意は伝染する、とか申しますゆえ

奉行これがお主が勝手に注文したゲームの1つ目か。

与力(土下座)

奉行まあしかし、パンデミックとクトゥルフとは、うまいことを考えたものじゃな。

与力そうでしょう!手に入れるのは最早義務といっても良かったかもしれませんよ。

奉行正当化するな。まあしかし遊んでみようか。

ゲームの目的は、ボード上に色分けされて描かれている4つのエリアの…

パンデミック クトゥルフの呼び声
「アーカム」
パンデミック クトゥルフの呼び声
「ダンウィッチ」
パンデミック クトゥルフの呼び声
「インスマス」
パンデミック クトゥルフの呼び声
「キングスポート」

それぞれに1つずつある“ゲート”を封印し、閉鎖することです。ゲートのマスは、同エリアのマスと彩色パターンが異なるので、すぐにわかります。

パンデミック クトゥルフの呼び声
封鎖用のトークン。これはスペシャルなエルダーサイン面。

奉行絶好調に嫌な思い出しかない地名ばかりじゃな。

与力クトゥルー関係にステキな思い出の地名とか存在しないと思うんですが。

続いてゲームのセットアップ。これはほぼパンデミックと同じです。”手がかりカード“の中にイベントカードに相当する“遺物カード”を入れてシャッフルし、各プレイヤーに手札を配った後、エピデミックカードに相当する“邪悪の胎動カード”を入れてプレイヤーデッキを作ります。また、感染カードに相当する“召喚カード”を規定枚めくって、邪教徒、並びにショゴスの初期配置を決定します。

与力あとはボード上面に配置されるオールドワンカードに注意ですね。感染率の悪化と同じような感じで状況が悪化すると、オールドワンが1体ずつ登場してきますが、その時に悪いイベントが発生したり、ルールに追加要素が加わったりします。

奉行なるほど、そこでそやつらの出番になるのだな。

与力あとはなんですかねぇ。あ、難易度の変更は『パンデミック』だとエピデミックカードの枚数を増やすという形で行いましたが、こちらではゲートを封印するために集めるべき手がかりカードを減らすことで行います。

奉行ほおお。つまり、うかつにカードを捨てたり使ったりできなくなる、という塩梅か。

パンデミック クトゥルフの呼び声
配置された邪教徒(手前)とショゴス。

奉行邪教徒とショゴスがどうやら病原体キューブに相当するようだが…

与力その通りです。ちょっとだけ作用がことなりますが。

奉行とはいえ、邪教徒というのは、増殖するものなのか?

与力布教活動に成功する…ということなのかもしれないです。

奉行ふむ。カルト恐るべしじゃな。

また、各プレイヤーは担当する探索者を1人選び、カードと正気度トークン4個を受け取ります。これで準備はできました。

奉行わしはハンター。衛生兵と同じく、邪教徒一掃の能力を持つぞ。

パンデミック クトゥルフの呼び声
撃退能力に優れる「ハンター」

与力それがしは陰秘学者。邪教徒やショゴスをコントロールし、移動させることができます。

パンデミック クトゥルフの呼び声
謎の術を駆使する「陰秘学者」

手がかりを集めるだけの簡単なお仕事です。

奉行とにかくカードを集めなければならない訳だが、それまでにこの配置されている邪教徒どもを蹴散らしたりせんといかんのであろう?

与力そうですね。邪教徒、ショゴスはボード上にできるだけいない方がいいです。

奉行そりゃそうであろうな。

プレイヤーは自分の順番になったら『パンデミック』同様、4回のアクションを使って行動を行います。できることは、

  1. 移動
  2. 邪教徒・ショゴスの撃退
  3. カードのやり取り
  4. ゲートの封印

の4つに大別できます。

与力1つずつ考えますか。まず「移動」ですが…

奉行1アクションで1マス。これは変わるまい?

与力はい。あと、飛行機とかはないのですが、このゲームではバスとゲートを移動に使うことができますね。

パンデミック クトゥルフの呼び声
ショゴスをものともせずに走るバス。さすが働く車。

バスの絵が描かれたマスでは、「今いるマスと同じ色のカードを捨てる」と、好きなエリアの好きなマスに移動できます。また、「行きたいエリアと同じ色のカードを捨てる」と、そのエリアの好きなマスに移動できます。

奉行バスはかなり便利じゃな。『パンデミック』と違って、1つずつのマスに対応したカードではなく、エリアごとのカードになっているから、こういう移動になる訳か。

与力いわゆる“直行便”は無くなりましたが、“チャーター便”の使い勝手が良くなった感じですかね。

ゲート移動は“シャトル便”に近い移動方法です。まだ封印されていないゲート同士は相互通行が可能なので、好きなエリアのゲートマスへ移動することができます。

与力ただ、これも代償があってですね。正気度チェックをしなければならないのです。

奉行ああ、クトゥルフものお馴染みのSANチェックか。

パンデミック クトゥルフの呼び声 正気度チェックダイス
素敵な「正気度チェック用ダイス」

正気度チェックを要求された場合には、このダイスを振り、出目の結果に従います。出目は「成功」「正気度の喪失」「邪教徒の出現」となっています。

奉行ダイスか。その方にはつらい要素じゃな。

与力ま、まあ、何とかなりますよ。

邪教徒・ショゴスの撃退は、対応したコマを盤面から取り除くことができます。通常、邪教徒1人につき1アクション、ショゴス1体につき3アクションが必要です。また、ショゴスと同じマスに入った場合、正気度チェックが必要になるので、要注意です。

奉行なんとのう、アクションを消費しただけで撃退できるというのは、『エルドリッチホラー』をたしなむ身からすると、邪教徒諸君に申し訳ないように感じるのう。

与力最初から完全武装していると思いましょう。

奉行あるいは、邪教徒が虚弱体質か。

与力なんでそんなこっちが罪悪感を感じる悲しい設定にするんですか。

探索者同士が同じマスにいる場合、1アクションにつき、カード1枚のやり取りが可能です。遺物カードは特に制限なく渡したり貰ったりできますが、手がかりカードは通常やりとりしたいカードと同じ色のエリアのマスにいないと、行うことができません。

奉行カードの受け渡しルールは『パンデミック』と同じじゃな。これは上手く使いこなしていかないと。

与力5枚って、地味に揃わなかったりするんですよね……。なお、パンデミックでは「カードは見せない状態でプレイすること」が推奨されますが、こちらは「オープンした状態でプレイすること」が推奨されています。

奉行なんと。まさか、それほどまでに手強いということか。

与力そうかもしれません。まあ、オールドワンのバーゲンセール状態ですしね。

奉行やめんか。

パンデミック クトゥルフの呼び声
大切な手がかり。

ゲートの封印は、ゲートのマスにいる時に行うことができます。そのゲートと同じ色の手がかりカードを通常5枚捨てることで、成功します。封印すると、そのエリア全てのマスから、邪教徒を1人ずつ排除することができます。

与力もう1つ、ゲートの封印は、正気度トークンを全て失って、狂気に陥ったプレイヤーが正気に戻る数少ない手段だったりします。

奉行む。そうなのか? どうもゲートにまつわる話となると、時空のはざまにすっ飛ばされたり、あり得ない角度ばかりの建物の中で狂気に陥ったりと、むしろ正気を失う状況が多い気もするのだが。

与力このゲームではそういうことになっております。ちなみに、プレイヤーは狂気に陥ると、アクションが1回減る上に、能力が弱体化します。また、全プレイヤーが狂気に陥ると、即敗北となりますので、ご注意を。

アクションを終了したらプレイヤーデッキからカードを2枚引き、手元に入れます。手札の上限は7枚ですので、それを超えてはいけません。

パンデミック クトゥルフの呼び声
プレイヤーカードのデッキ。

与力この時に“邪悪の胎動カード”が出てしまうと、エピデミックに相当する事態が発生する訳ですね。

奉行おお、嫌じゃのう。

“邪悪の胎動”を引いてしまった場合、

  1. 正気度チェックを行う。
  2. 伏せてあるオールドワンカードの一番左を表にする。
  3. 新しいショゴスが出現する。
  4. 召喚カードの捨て札をシャッフルし、山の上に戻す。

以上の手順を行います。

与力まあ、エピデミックですから…

奉行オールドワンの能力次第で阿鼻叫喚の事態になる予感がするな。

手札の補充がすんだら、召喚カードの上から、召喚レートと同じ枚数だけ表にし、新たに邪教徒が出現する位置を決定します。また、召喚カードにショゴスマークが描かれていた場合、ショゴスが最も近いゲートへ向かって1マス移動します。

奉行召喚レートとは?

与力感染率と同じですね。ボード上のオールドワンカードを配置する場所には、1つずつ数字が書かれています。で、表になっている中で、最も右側のカードの下の数字が召喚レートになります。

奉行なるほどな。で、邪教徒はアウトブレイクして拡散するのか?

与力いえ、邪教徒にアウトブレイクはありません。3人の邪教徒がいるマスに、更に邪教徒が出現することになった場合には、“覚醒の儀式”が行われたことになり、新たなグレートオールドワンが出現します。

奉行なんじゃと。

与力ちなみに、ショゴスの移動も同じです。最終的にゲートにたどり着いたショゴスは、覚醒の儀式を引き起こしてしまいます。

奉行むむむむむ。説明書に「アウトブレイクもアウトブレイクの連鎖もない」とか書いてあったから、やや油断したわ。

与力病原体同様、排除するに越したことはないです。

以上の手番を繰り返し、4つのゲートを全て封印すれば、プレイヤーの勝利となります。

与力まだ紹介していない敗北条件は『パンデミック』以来、わりとお馴染み感のあるやつで、「プレイヤーカードが尽きた」「邪教徒・ショゴスコマが足りなくなった」「一番最後のオールドワン、クトゥルフが覚醒した」というところですね。

奉行お、クトゥルフ御大は必ず一番最後なのか。そしてそこでゲーム敗北が決まるということは、オールドワンの覚醒=アウトブレイク、と捉えておいても良さそうじゃな。

スポンサーリンク

投稿者: 与力

ボードゲームやコンピューターゲームが好きな30代。ボードゲームは毎月買いたいものの、予算不足などの問題から、購入候補を厳選すべくネットサーフィンに勤しむ「買掛担当」。
相棒たる「お奉行」は一番のボードゲームプレイ仲間。いざと言う時に優柔不断な与力に変わって、最終選択を担っている「決裁担当」。

同一シリーズの前後の記事

同一カテゴリの記事(ランダム)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です